モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > モノ作りの現場から > Delivery Works 俵藤ひでと #009




共通のクライアントさんを通じてお知り合いになった、グラフィックデザイナーの(有)クラフトロ 矢野心吾さんをご紹介します。
彼のデザインするロゴマークやグラフィックが良いなあと、お仕事ぶりは私も知っていて以前からお話を伺いたいと思っておりました。







俵藤 大学では建築系を専攻してたんですよね。

矢野さん 建築でも設備のほうで、
カッコいい設備器具を作ってやろうと思って。
もちろん設備メーカーに面接に行ったりしたんですが、
そんなにデザインとか必要とされてない業界だと
いう事に気付いちゃって・・・

俵藤 魅力を感じなくなっちゃった・・・
で今のお仕事を始めるきっかけは?

矢野さん 学生時代、友人が主催するクラブイベントで
音に合わせて映像を作って流す“VJ”をやっていて、
フライヤーやポスターのデザインもしてたんですよ。
そのうち友人から知人へとそういう話が増えて、
遊びの延長から仕事へと変って、
なんとかこれをフリーでやってこうと。
映像だけじゃなく、CGもやるし建築のパースも出来るし。

俵藤 映像にこだわってた訳じゃなかったんですね。

矢野さん クラブも自分の中でしっくりくる場所じゃないな
って感じてきて、
もともとクラブとか行くほうじゃなかったし(笑)。
デザインなら何でもやってやろうと思ってましたね。
友人から紹介された会社のホームページの
製作依頼がきた時も、やった事無かったけど
フリーでやるって決めて断るのもどうかと思い受けて、
でそれが気に入ってもらえて
そこから仕事がくるようになり、紙もやらしてくださいって。

俵藤 ウェブだけじゃなくトータルでデザインさせてと言うことですね。
ロゴマークのデザインとか
クライアントさんありきだと思うんですけど、
どういうやり取りからデザインして行くのですか?

矢野さん ロゴデザインとかプロジェクトの
立ち上げ寄りのオファーは、まず先方へ出向いて
意思決定の出来る人に会わせてもらいます。
その人と話してどういう方向で行きたいのか
分かると思うんですよ、分かろうと思って行くんですが・・
そこでイメージした印象をふまえて
自分が好きなカタチに作りますね。

俵藤 もろ自分の好みですね。

矢野さん そうですね、基本的には(笑)。
こんな感じの求めてるのかなーと言うより、
お題を出されてる訳ですから、
これが「僕の答えです」って出します。
デザイナーとして仕事をもらってるので
僕が良いと思えるモノでないと、
クライアントさんを説得できないでしょう。

俵藤 今のトレンドとか気にします?

矢野さん 全然気にしないですね。

俵藤 そういえば、グラフィックデザインに
関係してそうな資料あんまり無いですね。
(バイクの本とか、工具、ギターなどのほうが目立つかも・・)

矢野さん グラフィックを作る時、
誰かのグラフィックを参考にして考える事は無いです。
でも自分がマンネリしてるなと思った時
初めて見るかも、マンネリの要因を探すために。

俵藤 いつも現状で自分は何が好きかが明確に分かっているんですね。




なんてこと無いスプレー缶も人に見せたくなる



小さなアイコンにも手が込んでる

グラフィックデザインの力

俵藤 何てこと無いモノがロゴマーク一つで
すごくカッコ良くなるじゃないですか。
逆にロゴがカッコ悪くてそういうシールとか
剥がしたくなるコトとか。

矢野さん いっぱい有りますよね。
これなんかどうですか、
自分でシール作って貼り変えたんですけど。

俵藤 おぉ、カワイイ!これ、もとは何ですか?

矢野さん 簡易消火器です。
ドンキホーテとかで売ってるんですけど、
「消火器」ってもろに入ってるパッケージが
自分の台所あるのがすごい気になって。

俵藤 もとのと並べて比べたい・・・
日本のこういう生活用品って
生活の中で目に見えるインテリアの一部だという事、
気にしてないですよね。

矢野さん どちらかと言うとお店のタナで目立つようにと
売らんがためのデザイン、マス狙いのメーカーじゃ
しょうがないんですけど。

俵藤 別に西洋コンプレックスがある訳じゃないんですけど
アルファベットのロゴって何でカッコ良いんでしょうね?

矢野さん 僕もね思った事があって考えたんですよ・・・
でね、漢字とひらがなって日本人にとって
一文字一文字意味が分かってしまいメッセージが強く、
グラフィックとして見えずらいのではないかと。
あと画数と、文字の種類と組合せが
アルファベットに比べて圧倒的に多く、フォントにしずらい。
カタカナだけだと結構面白いの出来るんですよ、
カタカナは一文字だと意味を持たせないから。

俵藤 外国(アルファベットを使う国)の人も
日本人と同じ様にアルファベットに対して
意味を持たないで見てるって事ですかね。

矢野さん だと思うんですよ、どちらかというとグラフィック寄りに
見えてロゴデザインとかしてると思うんです。

俵藤 カッコいいロゴデザインが無いと言う訳ではないのですが。
例えば筆文字で書いたお店のロゴで
カッコいいモノ有るんですけど、
それが入った服とか普段に着てたら
ちょっと違和感がある様な気がします。

矢野さん 奇をてらうのでは無く、Tシャツのロゴになっても
スッと入るカッコ良い日本語タイポグラフィック
作ってみたいですね。




グラフィックとプロダクトの融合

俵藤 グラフィックデザインする人と、
僕らみたいな家具作る人って
対極に居るように思われるけど、
実はモノを作るというプロセスはとても似てると思うんです。
矢野さんとかは平面というワクの中で、
僕の場合はアクリルを中心としたもの作り。
どちらも自分の技術、ノウハウも含めて
その範囲で完結できる、良くも悪くも(笑)

矢野さん そうかも知れないですね。
でもやっぱり仕事としては離れてて、
うまくからめてないような・・
グラフィックデザインやる人も2次元のワクから離れないし、
プロダクトやる側もグラフィックに無頓着なところが・・・。
お互いに共通認識を持つことが必要だと思います。

俵藤 そうなんですよ。
でね、プロダクトってフォルム、形だけで言ったら
もう出尽くしてるかもしれないと・・
誰もが振り返れば何かの影響を受けてるし、
実際すでに色んなモノ見てしまってる訳で。

矢野さん グラフィックデザインもそうだと思いますよ。

俵藤 だけどね、この2つが融合したら
もっと面白いモノが作れると思うんですよ。
組み合わせたら何百倍も色んなこと出来ますよね。

矢野さん 今までの日本のデザインってマスを意識しすぎたから、
どちらの業界も遊び心が無くなってたかも知れないですね。
もう、マス狙いじゃなくていいじゃないですか!

俵藤 そうですね、皆に受け入れられる事を意識せず、
もっと自由にパーソナルな方へ向けた
モノ作りをしたいですね。
一緒に何かやりましょうよ、
矢野さんのグラフィック使って僕が作るの!

矢野さん いいですね!
ぜひやりましょう。僕わりと腰が重いので、
俵藤さんひっぱって行って下さいね(笑)。

俵藤 いやいや、矢野さんガンガン来てくださいよ。
僕もけっこう腰が重いんです(笑)。

気負わない彼のスタンスに居心地がよく話がとてもはずみました。
矢野さんとやりたいコト実はもう考えているんです。
楽しみが増えました。


CRAFTRO,INC
メール yano@craftro.com

俵藤ひでと (1972生)
ICSカレッジオブアーツ卒
1995年 ひょうどう工芸入社
2002年 デリバリーワークス設立
アクリル加工を中心とする特注家具・照明器具・立体物のデザイン製作
オリジナル家具・照明の企画デザイン・製作・販売



#066 2010.08 新しい五月人形
#065 2010.07 アクリルのトランク型ディスプレイ什器
#064 2010.06 展示会のまとめ
#063 2010.05 現代手工業展2010
#062 2010.04 アートとモノ作り
#061 2010.03 アクリル引きモノパーツ / 現代美術VOCA展
#060 2009.12 コレクションショー
#059 2009.10 ショップ什器 / 展示会のお知らせ
#058 2009.08 バーテンダー
#057 2009.07 多摩美素材実習
#056 2009.06 2009年展示会を終えて
#055 2009.05 展示会に向けて2/コラボレーション
#054 2009.04 展示会に向けて−アクリルで本をカタチ作る
#053 2009.03 アクリルの茶杓 / 伝統と現代
#052 2009.02 掛川現代アートプロジェクト/アクリルの棗(なつめ)
#051 2009.01 氷のアクリル
#050 2008.12 NYにて
#049 2008.11 ニューヨークへ
#048 2008.09 裏方にまわる楽しさ
#047 2008.08 2008年展示会を終えて
#046 2008.07 想い込めて。仲間の協力を得て。
#045 2008.06 キスの練習 くちびるの習作
#044 2008.05 展示会のテーマ「誰かの為のギフト&トロフィー」
#043 2008.04 手を離れ商品化へ!
#042 2008.03 IID世田谷ものづくり学校でワークショップ
#041 2008.02 アクリルのシャンデリアの行方
#040 2008.01 ご挨拶
#039 2007.12 実習講義 素材とたわむれる
#038 2007.11 デザインにユーモアを
#037 2007.10 ある仕事の風景
#036 2007.09 ポリへドロン
#035 2007.08 アクリルの茶杓
#034 2007.07 バングルのデザイン - メイド イン ジャパン -
#033 2007.06 展示会、真っ最中
#032 2007.05 仕事とは時間を共有すること/6月の展示会に向けて
#031 2007.04 モノを作り表現する女の子たち
#030 2007.03 (続)プラスチック ってガンバってるかも
#029 2007.02 プラスチック って言っても様々
#028 2007.01 マイナーチェンジを繰り返す
#027 2006.12 多摩美術大学にて
#026 2006.11 趣のあるアクリル 茜色に染める
#025 2006.10 端折ってはいけないコト そこに愛はあるのかい?
#024 2006.09 FRPかぶき野郎
#023 2006.08 アクリルをシェイプする
#022 2006.07 展示会を終えて
#021 2006.06 展示会に向けて
#020 2006.05 友人の店を仲間達でつくる
#019 2006.04 ダイソン。それは格好良いだけじゃない掃除機。
#018 2006.03 絵のある部屋
#017 2006.02 アクリルの表現力
#016 2006.01 ロゴデザインをする
#015 2005.12 有限会社 荒木塗工所
#014 2005.11 マーキングフィルムで遊ぶ・レッツ カスタマイズ!
#013 2005.10 製作の現場だから気付くこと、出来ること
#012 2005.09 Delivery Works 南部健太郎
#011 2005.08 無駄の中に宝がある(大人編)
#010 2005.07 無駄の中に宝がある(子供編)
#009 2005.06 (有)クラフトロ 矢野心吾さん
#008 2005.05 ひょうどう工芸代表 職人 俵藤益仁
#007 2005.04 リートフェルトへのオマージュ
#006 2005.03 ショップサイン・電飾看板
#005 2005.02 アクリルの接着加工について
#004 2005.01 島谷製作所
#003 2004.12 大河原製作所
#002 2004.11 savor 末松貴久・小橋佐和美
#001 2004.10 展示会