モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > モノ作りの現場から > Delivery Works 俵藤ひでと #022














たくさんの方とお会いする事ができ、
また多くのご支援ご支持を頂いた事に
非常に手ごたえを感じた展示会でした。
お忙しい中、足を運んで下さった皆様、
本当にありがとうございました。
重ねてお礼申し上げます。


同じ期間、リビングデザインセンターOZONE6F同じフロアで
NPO法人 職人の森という団体の展示会が開催されていて、
主幹である、小田原 健(おだわらたけし)さんと
お話しをする機会がありました。

木工を中心とする世界のネットワークを広げる活動、
指導・コンサルティングを行っているデザイナーで、
大先輩な方でした。
お互いモノ作りの話しになると少々ディスカッションも熱くなり、
「では君達の"装飾主義"とやらを見せてもらおうか」
と言うことで百聞は一見に如かず、見学して頂きました。

会場を案内すると、やはり最初に
スタンダードトレードさんのテーブルへ近づき、
開口一番「素晴らしい」と一言。
そして、天板の表面を触りながら
「良い材料を使い、素晴らしい技術を持ってるね」
とお褒めの言葉を頂きました。嬉しかったです。

他のメンバーの展示物も興味深くじっくり見てくれて、
「良かったよ」と翌日も挨拶に来てくれました。

お話しをさせて頂き、僕らよりずっと長い間モノ作りに関わり
素晴らしい経歴を持ち、社会に貢献している方だと感じました。
モノ作りの定義や表現の仕方は違えど、
モノ作りに取り組む思いは変らず、
僕らの考えや姿勢をとても理解してくれました。
お会いできて光栄でした。



デザインとは機能や、構造、ディティールの延長線上にあって、
つじつまがちゃんと合い、説明が出来なくてはいけない。
もちろん大事だし、というかそれは必然的であり大前提で、
僕もモノを考える時、切り口はそこから入る事が多い。
普段作りながら考える者としては
どちらかと言うと得意分野なんです。

しかし「装飾的」とはそこから更に踏み込んだ領域で、
「見た目」がどうか個人の趣味思考に左右され定義しづらく、
加工・製造に軸を置く身としては正直あまり踏み込まなかった。

「装飾主義」というテーマは僕にとって挑戦であったし、
ある意味「かっこいいか、悪いか」だけで判断され、
言い訳のきかないところで勝負する、
やってみたかったコトでもあった。

僕にとって展示会とは、仕事ではしづらい事や
普段やらない(出来ない)テーマを敢えて自分に課し
チャレンジすることであり、自分が今何を一番作りたいとか、
カッコいいと思う「感情」を示す見本市にしていきたい。








六本木ヒルズ森タワー53F(美術館と同じフロア)の
カフェサロンが、7/5にリニューアルしました。
そこで使用される椅子の一部に、
展示会で発表した椅子のセットと、
同じイメージの座面をデザイン製作して納めました。
新規の椅子はユーズドチェアーのカスタムです。
(フランク・ロイド・ライトデザインのユーズドチェアー有り。夢のコラボ!)

このサロンにある椅子やソファーは100種類以上で、
ほとんど同じものは無い。
珍しいユーズドの椅子や、
かなり斬新にカスタムされた椅子など
遊び心いっぱいの大人の空間です。
1年間限定だそうです。
空間デザインはGLAMOROUSの森田恭通さん。
家具のデザイン、ディレクションをしたのは、
友人の(株)ストラトキャストの常田亮吾さん。

このフロアに上るには有料ですが、
東京を一望出来るここからの夜景は最高ですよ。
一見の価値有り!


俵藤ひでと (1972生)
ICSカレッジオブアーツ卒
1995年 ひょうどう工芸入社
2002年 デリバリーワークス設立
アクリル加工を中心とする特注家具・照明器具・立体物のデザイン製作
オリジナル家具・照明の企画デザイン・製作・販売



#066 2010.08 新しい五月人形
#065 2010.07 アクリルのトランク型ディスプレイ什器
#064 2010.06 展示会のまとめ
#063 2010.05 現代手工業展2010
#062 2010.04 アートとモノ作り
#061 2010.03 アクリル引きモノパーツ / 現代美術VOCA展
#060 2009.12 コレクションショー
#059 2009.10 ショップ什器 / 展示会のお知らせ
#058 2009.08 バーテンダー
#057 2009.07 多摩美素材実習
#056 2009.06 2009年展示会を終えて
#055 2009.05 展示会に向けて2/コラボレーション
#054 2009.04 展示会に向けて−アクリルで本をカタチ作る
#053 2009.03 アクリルの茶杓 / 伝統と現代
#052 2009.02 掛川現代アートプロジェクト/アクリルの棗(なつめ)
#051 2009.01 氷のアクリル
#050 2008.12 NYにて
#049 2008.11 ニューヨークへ
#048 2008.09 裏方にまわる楽しさ
#047 2008.08 2008年展示会を終えて
#046 2008.07 想い込めて。仲間の協力を得て。
#045 2008.06 キスの練習 くちびるの習作
#044 2008.05 展示会のテーマ「誰かの為のギフト&トロフィー」
#043 2008.04 手を離れ商品化へ!
#042 2008.03 IID世田谷ものづくり学校でワークショップ
#041 2008.02 アクリルのシャンデリアの行方
#040 2008.01 ご挨拶
#039 2007.12 実習講義 素材とたわむれる
#038 2007.11 デザインにユーモアを
#037 2007.10 ある仕事の風景
#036 2007.09 ポリへドロン
#035 2007.08 アクリルの茶杓
#034 2007.07 バングルのデザイン - メイド イン ジャパン -
#033 2007.06 展示会、真っ最中
#032 2007.05 仕事とは時間を共有すること/6月の展示会に向けて
#031 2007.04 モノを作り表現する女の子たち
#030 2007.03 (続)プラスチック ってガンバってるかも
#029 2007.02 プラスチック って言っても様々
#028 2007.01 マイナーチェンジを繰り返す
#027 2006.12 多摩美術大学にて
#026 2006.11 趣のあるアクリル 茜色に染める
#025 2006.10 端折ってはいけないコト そこに愛はあるのかい?
#024 2006.09 FRPかぶき野郎
#023 2006.08 アクリルをシェイプする
#022 2006.07 展示会を終えて
#021 2006.06 展示会に向けて
#020 2006.05 友人の店を仲間達でつくる
#019 2006.04 ダイソン。それは格好良いだけじゃない掃除機。
#018 2006.03 絵のある部屋
#017 2006.02 アクリルの表現力
#016 2006.01 ロゴデザインをする
#015 2005.12 有限会社 荒木塗工所
#014 2005.11 マーキングフィルムで遊ぶ・レッツ カスタマイズ!
#013 2005.10 製作の現場だから気付くこと、出来ること
#012 2005.09 Delivery Works 南部健太郎
#011 2005.08 無駄の中に宝がある(大人編)
#010 2005.07 無駄の中に宝がある(子供編)
#009 2005.06 (有)クラフトロ 矢野心吾さん
#008 2005.05 ひょうどう工芸代表 職人 俵藤益仁
#007 2005.04 リートフェルトへのオマージュ
#006 2005.03 ショップサイン・電飾看板
#005 2005.02 アクリルの接着加工について
#004 2005.01 島谷製作所
#003 2004.12 大河原製作所
#002 2004.11 savor 末松貴久・小橋佐和美
#001 2004.10 展示会