モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > モノ作りの現場から > Delivery Works 俵藤ひでと #038












コンドームケース「プロローグ」
峰不二子が愛用した拳銃“FNブローニングM1910”がモデルです。しかしコレ、市販のモデルガンを白く塗装したモノではありません!ABS樹脂をスゴイ精度で3次元切削した作品なんです!Rubber For Loverと銘も彫刻されてもいます。こだわり様はハンパじゃない。




開催期間中はJAM HOME MADE & ready made INLET青山店さんのショーケースを使用して展示していました。展示空間と作品のマッチングと重要性。
カッコいいディスプレイでした。


マーボさんです。
マーボさんのコレクションのコンセプトはひいき目なしで一番面白かったと思いました。


東京では10/31から11/4までの5日間、
青山、外苑を中心にデザインイベント
“Design Tide(デザインタイド)”が開催されました。

友人のインテリアデザイナー“マーボさん”が、
彼自身初のプロダクトをプロデュースし、
このイベントで発表しました。
展示会場はアクセサリーブランド
“JAM HOME MADE & ready made INLET青山店” 。

コレクションのタイトルは
“Hony Trap”(ハニートラップ)
「この言葉は冷戦時代に女スパイが行った
諜報(ちょうほう)活動に由来します。
カタチが持つ元来の意味や機能に異なる目的を与える事で
単なるプロダクトを超えた
ストーリー性に富んだ新しい価値や距離、時間、関係
を生み出していくプロジェクトです。
セクシー&ユーモアを取り入れた恋愛や生活を楽しみましょう。」
(マーボ談)

このコレクションは、いくつかのプロダクトがそろって
ストーリーになっている。
僕はこの中の一部の製作を担当しました。

依頼されたのは棺桶の形をしたアクリルボックス。
サイズは長い所で210mm。
箱の内側だけを塗装するのですが、
それゆえボックスの接着面にピンホール(気泡)があると
非常に目立ってしまう。
要するにパーフェクトな接着技術を求められたのです。
この難しい接着加工は、
仲間でアクリル加工・製造をしている
“エアフレーム”さんにお願いしました。
素晴らしい接着技術を持ってます!

マーボさんが例え話で
「コミックバンドほどテクがないとダメなんだ。
でないとお客はしらけちゃう。
今回の作品はそういう事なんです。」
クオリティーが高くないと、安っぽいパロディーで終わってしまい、
コンセプトにも説得力が無くなってしまうと言う事です。

工芸品レベルまで仕上げなくてはいけないと思いました。

棺桶は、ブラックとホワイトの2種類を製作。
塗装しないところはマスキングをして、
塗料がダレないように何回にも分けて行います。
箱の内側は難しい、特に入り角には塗装が入りにくく、
またムキになって吹き過ぎると塗料が溜まってしまう。
塗料が溜まると色ムラができるだけでなく、
アクリルが溶剤によって侵されて
クラック(ひび)が入ってしまう可能性がある!
ひびが内側であっても、透明だから表に全部見えてしまう。
そうなったら修復は不可能です。
慎重に作業進めます。

フタは表面の周囲を
べべリング加工(テーパーに削り磨きあげる)、
裏面は周囲を段に削って
箱に少し落とし込めるようになっている。
意匠のクロスはNCで深く削り、
その溝の中まで塗装を施し光を当てることで浮かび上がらす。
影でカタチを表す、ここも見せ場の一つです。
サイズのわりに厚めのアクリルと裏打ちした塗装面との間で、
屈折・反射・影の映り込みといった
様々な効果が表現出来てている。

この棺桶のタイトルは“Epilogue”(エピローグ) 。
サニタリーボックスです。

冒頭にも説明しましたが、
このコレクションのプロダクトにはストーリーがあります。

“Prologue”(プロローグ)と名づけられた、
拳銃型のコンドームケースで始まり、
意味深な3タイプのクッションカバー、
“Queen Save The Man”、“Bride In Black”、
“じゃじゃ馬ならし”でセクシーな遊びを楽しむ。
(画像が載せられず残念です)

そして女性には月に一度かならず訪れる・・・
その生理用品の墓場がこの美しい棺桶なのです。

今回発表した“ハニートラップ”コレクションは、
プロトタイプですが、現在、
商品化に向けて動き初めています。
ユーモア溢れるこのコンセプトで、
様々なプロダクトの展開が期待されます!
マーボさんのこれからの活動が非常に楽しみです。

PingMag - 東京発 「デザイン&ものづくり」マガジンで
“ベスト・オブ・デザインウィーク2007
PingMagの選んだベスト20”にも選ばれています。

PingMag - ベスト・オブ・デザインウィーク2007


マーボ(mavo)さんのウェブサイト
JAM HOME MADE & ready made
有限会社エアフレーム



俵藤ひでと (1972生)
ICSカレッジオブアーツ卒
1995年 ひょうどう工芸入社
2002年 デリバリーワークス設立
アクリル加工を中心とする特注家具・照明器具・立体物のデザイン製作
オリジナル家具・照明の企画デザイン・製作・販売



#066 2010.08 新しい五月人形
#065 2010.07 アクリルのトランク型ディスプレイ什器
#064 2010.06 展示会のまとめ
#063 2010.05 現代手工業展2010
#062 2010.04 アートとモノ作り
#061 2010.03 アクリル引きモノパーツ / 現代美術VOCA展
#060 2009.12 コレクションショー
#059 2009.10 ショップ什器 / 展示会のお知らせ
#058 2009.08 バーテンダー
#057 2009.07 多摩美素材実習
#056 2009.06 2009年展示会を終えて
#055 2009.05 展示会に向けて2/コラボレーション
#054 2009.04 展示会に向けて−アクリルで本をカタチ作る
#053 2009.03 アクリルの茶杓 / 伝統と現代
#052 2009.02 掛川現代アートプロジェクト/アクリルの棗(なつめ)
#051 2009.01 氷のアクリル
#050 2008.12 NYにて
#049 2008.11 ニューヨークへ
#048 2008.09 裏方にまわる楽しさ
#047 2008.08 2008年展示会を終えて
#046 2008.07 想い込めて。仲間の協力を得て。
#045 2008.06 キスの練習 くちびるの習作
#044 2008.05 展示会のテーマ「誰かの為のギフト&トロフィー」
#043 2008.04 手を離れ商品化へ!
#042 2008.03 IID世田谷ものづくり学校でワークショップ
#041 2008.02 アクリルのシャンデリアの行方
#040 2008.01 ご挨拶
#039 2007.12 実習講義 素材とたわむれる
#038 2007.11 デザインにユーモアを
#037 2007.10 ある仕事の風景
#036 2007.09 ポリへドロン
#035 2007.08 アクリルの茶杓
#034 2007.07 バングルのデザイン - メイド イン ジャパン -
#033 2007.06 展示会、真っ最中
#032 2007.05 仕事とは時間を共有すること/6月の展示会に向けて
#031 2007.04 モノを作り表現する女の子たち
#030 2007.03 (続)プラスチック ってガンバってるかも
#029 2007.02 プラスチック って言っても様々
#028 2007.01 マイナーチェンジを繰り返す
#027 2006.12 多摩美術大学にて
#026 2006.11 趣のあるアクリル 茜色に染める
#025 2006.10 端折ってはいけないコト そこに愛はあるのかい?
#024 2006.09 FRPかぶき野郎
#023 2006.08 アクリルをシェイプする
#022 2006.07 展示会を終えて
#021 2006.06 展示会に向けて
#020 2006.05 友人の店を仲間達でつくる
#019 2006.04 ダイソン。それは格好良いだけじゃない掃除機。
#018 2006.03 絵のある部屋
#017 2006.02 アクリルの表現力
#016 2006.01 ロゴデザインをする
#015 2005.12 有限会社 荒木塗工所
#014 2005.11 マーキングフィルムで遊ぶ・レッツ カスタマイズ!
#013 2005.10 製作の現場だから気付くこと、出来ること
#012 2005.09 Delivery Works 南部健太郎
#011 2005.08 無駄の中に宝がある(大人編)
#010 2005.07 無駄の中に宝がある(子供編)
#009 2005.06 (有)クラフトロ 矢野心吾さん
#008 2005.05 ひょうどう工芸代表 職人 俵藤益仁
#007 2005.04 リートフェルトへのオマージュ
#006 2005.03 ショップサイン・電飾看板
#005 2005.02 アクリルの接着加工について
#004 2005.01 島谷製作所
#003 2004.12 大河原製作所
#002 2004.11 savor 末松貴久・小橋佐和美
#001 2004.10 展示会