モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > モノ作りの現場から > Delivery Works 俵藤ひでと #040




三溪園の庭園


美しい庭園は四季折々植物が楽しめます


「月華殿」
初代徳川家康により、京都伏見城内に建てられたものといわれています。
1918年(大正7年)に移築された。


月華殿は三溪園内でも山の上の方にあり近くには小川が流れ、素晴らしいロケーションです。

少々遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

今年一年、わたくし俵藤が現代手工業乃党の
党首を務めさせて頂きます。
今までと同じように変らず、
モノ作りの楽しさや面白さを伝えて行けたら良いな
と思っています。
そして、日本でモノ作りする人たちが、
もっとたくさんの人と関われるような環境になって行ったら
素敵だなと思っています。
応援してくださっている皆様、
これからも現代手工業乃党を宜しくお願い致します。


年明け早々、僕は横浜にある
“三溪園(さんけいえん)”に行ってきました。
三溪園とは、実業家で茶人の原 富太郎(号:三溪)の
元邸宅で、国指定名勝の庭園。
明治時代から歴史的に価値の高い建造物を、
京都を中心に他都市から移築され、
重要文化財建造物を含む十数棟の古建築が
庭園と調和しています。

なぜ僕が日本庭園に来ているのかと言いますと、
去年の夏から仕事がきっかけでお茶の道に興味がわき、
月に一度、勉強させて頂いて折りまして(何か変だな)
以前の記事でも紹介しましたが、茶道家の岡田さんが、
ここ三溪園の建物で茶会を行うので
僕もお手伝いとして参加するからなのです。

「月華殿」と言う、徳川家康時代の
京都伏見城内から移築した建物で茶会を行う予定で、
普段は一般公開していない重要文化財です。
お茶を勉強して半年も満たない僕が関わって良いのか?!

お茶というと、どうしても敷居が高いイメージがあると思います。
人をもてなす事を突き詰めて行けば、やりたい事が増えたり、
それなりに高価な道具が必要であったり
お金がかかるかもしれませんが・・・
それが全てでは無いと教えてもらいました。

なぜ僕たちが茶会を行うのか
それは、僕らが素晴らしいとか、
素敵だとか自信を持って出来る事を
茶の湯の形式を使って一緒に共有してもらいたいと言う事。
この形式の中に日本人の人をもてなす姿勢や心があるのです。
誰でも自分の生活や仕事に取り入れて
活かせることが出来ると思っています。

日本人でありながら、日本文化にふれる機会が少ない現在、
僕たちの世代で入り口をもっと広げたいと思います。


縁側から外を望む

初心者の方でも興味のある方は気軽に参加してください。
お茶を頂く前に、お作法のレクチャーもいたしますのでご安心を!

日 時:2/11(月・祝) 10時〜14時 ※雨天決行
■対象者:茶の湯初心者&経験者
■会 場:横浜三渓園
■服 装:自由
■持ち物:なし(お持ちであれば懐紙、扇子)
■参加費:4,000円(薄茶席、入園料込み)
【申込締切】1/25(土)

※参加希望の方は、取り合えず僕のところまで連絡下さい。
詳しいインフォメーションを致します。
hideto@delivery-works.com



以前、映像作家の近衛忠大さんと製作した
アクリルの掛け軸を床の間に置いて
茶会に合わせた映像を映し出す予定です。

俵藤ひでと (1972生)
ICSカレッジオブアーツ卒
1995年 ひょうどう工芸入社
2002年 デリバリーワークス設立
アクリル加工を中心とする特注家具・照明器具・立体物のデザイン製作
オリジナル家具・照明の企画デザイン・製作・販売



#066 2010.08 新しい五月人形
#065 2010.07 アクリルのトランク型ディスプレイ什器
#064 2010.06 展示会のまとめ
#063 2010.05 現代手工業展2010
#062 2010.04 アートとモノ作り
#061 2010.03 アクリル引きモノパーツ / 現代美術VOCA展
#060 2009.12 コレクションショー
#059 2009.10 ショップ什器 / 展示会のお知らせ
#058 2009.08 バーテンダー
#057 2009.07 多摩美素材実習
#056 2009.06 2009年展示会を終えて
#055 2009.05 展示会に向けて2/コラボレーション
#054 2009.04 展示会に向けて−アクリルで本をカタチ作る
#053 2009.03 アクリルの茶杓 / 伝統と現代
#052 2009.02 掛川現代アートプロジェクト/アクリルの棗(なつめ)
#051 2009.01 氷のアクリル
#050 2008.12 NYにて
#049 2008.11 ニューヨークへ
#048 2008.09 裏方にまわる楽しさ
#047 2008.08 2008年展示会を終えて
#046 2008.07 想い込めて。仲間の協力を得て。
#045 2008.06 キスの練習 くちびるの習作
#044 2008.05 展示会のテーマ「誰かの為のギフト&トロフィー」
#043 2008.04 手を離れ商品化へ!
#042 2008.03 IID世田谷ものづくり学校でワークショップ
#041 2008.02 アクリルのシャンデリアの行方
#040 2008.01 ご挨拶
#039 2007.12 実習講義 素材とたわむれる
#038 2007.11 デザインにユーモアを
#037 2007.10 ある仕事の風景
#036 2007.09 ポリへドロン
#035 2007.08 アクリルの茶杓
#034 2007.07 バングルのデザイン - メイド イン ジャパン -
#033 2007.06 展示会、真っ最中
#032 2007.05 仕事とは時間を共有すること/6月の展示会に向けて
#031 2007.04 モノを作り表現する女の子たち
#030 2007.03 (続)プラスチック ってガンバってるかも
#029 2007.02 プラスチック って言っても様々
#028 2007.01 マイナーチェンジを繰り返す
#027 2006.12 多摩美術大学にて
#026 2006.11 趣のあるアクリル 茜色に染める
#025 2006.10 端折ってはいけないコト そこに愛はあるのかい?
#024 2006.09 FRPかぶき野郎
#023 2006.08 アクリルをシェイプする
#022 2006.07 展示会を終えて
#021 2006.06 展示会に向けて
#020 2006.05 友人の店を仲間達でつくる
#019 2006.04 ダイソン。それは格好良いだけじゃない掃除機。
#018 2006.03 絵のある部屋
#017 2006.02 アクリルの表現力
#016 2006.01 ロゴデザインをする
#015 2005.12 有限会社 荒木塗工所
#014 2005.11 マーキングフィルムで遊ぶ・レッツ カスタマイズ!
#013 2005.10 製作の現場だから気付くこと、出来ること
#012 2005.09 Delivery Works 南部健太郎
#011 2005.08 無駄の中に宝がある(大人編)
#010 2005.07 無駄の中に宝がある(子供編)
#009 2005.06 (有)クラフトロ 矢野心吾さん
#008 2005.05 ひょうどう工芸代表 職人 俵藤益仁
#007 2005.04 リートフェルトへのオマージュ
#006 2005.03 ショップサイン・電飾看板
#005 2005.02 アクリルの接着加工について
#004 2005.01 島谷製作所
#003 2004.12 大河原製作所
#002 2004.11 savor 末松貴久・小橋佐和美
#001 2004.10 展示会