モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > モノ作りの現場から > Delivery Works 俵藤ひでと #042



IID世田谷ものづくり学校と、現代手工業乃党メンバーであるノッチョさんが主催する
ワークショップに講師として参加しました。





IID世田谷ものづくり学校とは
「2003年度末、少子化問題に伴い、
都内で統廃合になった公立の小・中学校は89校にものぼります。
ここ、IID 世田谷ものづくり学校は
2004年3月で統廃合となった世田谷区立池尻中学校を
再生する次世代モデルの廃校跡地再生プロジェクトとして
2004年10月にスタートしました。
施設の名前は[ IKEJIRI INSTITUTE OF DESIGN世田谷ものづくり学校 ]
渋谷からほど近い”IKEJIRI”の土地で
[デザイン・建築・映像・食・アート・ファッション]
などのさまざまな分野のクリエーターに教室を開放し、
ワーキングスペースとして機能しています。」


ノッチョさんの工房もここIIDにあり、
毎月1回ワークショップを開催しています。
デザイナーや、クリエーターをゲストに呼んで
木工を中心に出来る事でアイデアを出し合い、
生徒さんたちが自分達で製作し、
持ち帰れるプログラムを考えます。

今回は久々に建築家の南部(Delivery Worksの僕の相方)
と組んで「スイッチプレートをつくる」を企画しました。
コンセプトは
「賃貸住宅では勝手にのはなかなか許してはもらえません。
だったら最初からあるスイッチプレートを交換して
部屋をプチカスタムしてしまおう!
更にモノを引っ掛けたり出来る機能を持たせ、
かつ好きなデザインでオリジナルのスイッチプレート作る!」

そんなテーマで、生徒さん15人で行った
ワークショップの様子をレポートします。




先ずは皆さんにご挨拶。


黒板に製作の手順をイラストを付けて説明します。



ベースになる素材はMDF(木材の圧縮ボード)厚み5.5mmと、
引っ掛けパーツ。



皆さん、それぞれ好きな図案を考えて



電動糸ノコで原寸図案をカットします。
小学生以来の人とかもいました!



皆さん真剣です!もちろん僕たちもお手伝いしますが、
上手に行かなくても自分でやったほうが楽しいです。



スイッチには様々な規格があります。
参加者さんには、部屋のスイッチの写真を撮ってきて下さいと
予めインフォメーションしていました。
誰でも取り付けられるように
こちらは、考えられる全ての規格の図面を用意しています。
(これが大変でした)



カタチに抜いたら、紙ヤスリで切断面を滑らかにします。
(プレートの裏にはノッチョさんと僕たちとのロゴマークが
印刷されてます。かわいいです。)





お昼はみんなでランチです。
お弁当はIIDの中にある
cafe「GO SLOWゆっくりとカフェ」さんの野菜カレーでした。
お店の雰囲気も良く、IIDの住人だけでなく、
近所の人達も集まる素敵なカフェです。



ランチを食べたら作業を始めます。
皆さんカタチは出来てるので、次は色を塗ります。
カップで混ぜて好きな色を作ります。



お母さんと参加してくれた女の子。
子供は自由な発想で、僕ら仕事にしている人間には
もう作れないものを見せてくれる。



みんなの作品。それぞれ個性的です。
同じテーマで、色んなカタチが集まると見ている僕らも楽しい。
一つ展示会が出来そうです。



ノッチョさん、IIDの活動は素晴らしいです。
IIDでは他にも様々なクリエーターが
このようなワークショップを行っています。
一緒にものを作る楽しさを直接感じ、
感じさせられる貴重な時間でした。
また機会があれば、是非参加したいです。

ノッチョさん、大変だと思いますが続けて行って下さい!

IID世田谷ものづくり学校 http://www.r-school.net/
GO SLOWゆっくりとカフェ http://www.r-school.net/goslow/
今回スイッチプレートは、スチール製で商品化しています。
取り扱い 密買東京



俵藤ひでと (1972生)
ICSカレッジオブアーツ卒
1995年 ひょうどう工芸入社
2002年 デリバリーワークス設立
アクリル加工を中心とする特注家具・照明器具・立体物のデザイン製作
オリジナル家具・照明の企画デザイン・製作・販売



#066 2010.08 新しい五月人形
#065 2010.07 アクリルのトランク型ディスプレイ什器
#064 2010.06 展示会のまとめ
#063 2010.05 現代手工業展2010
#062 2010.04 アートとモノ作り
#061 2010.03 アクリル引きモノパーツ / 現代美術VOCA展
#060 2009.12 コレクションショー
#059 2009.10 ショップ什器 / 展示会のお知らせ
#058 2009.08 バーテンダー
#057 2009.07 多摩美素材実習
#056 2009.06 2009年展示会を終えて
#055 2009.05 展示会に向けて2/コラボレーション
#054 2009.04 展示会に向けて−アクリルで本をカタチ作る
#053 2009.03 アクリルの茶杓 / 伝統と現代
#052 2009.02 掛川現代アートプロジェクト/アクリルの棗(なつめ)
#051 2009.01 氷のアクリル
#050 2008.12 NYにて
#049 2008.11 ニューヨークへ
#048 2008.09 裏方にまわる楽しさ
#047 2008.08 2008年展示会を終えて
#046 2008.07 想い込めて。仲間の協力を得て。
#045 2008.06 キスの練習 くちびるの習作
#044 2008.05 展示会のテーマ「誰かの為のギフト&トロフィー」
#043 2008.04 手を離れ商品化へ!
#042 2008.03 IID世田谷ものづくり学校でワークショップ
#041 2008.02 アクリルのシャンデリアの行方
#040 2008.01 ご挨拶
#039 2007.12 実習講義 素材とたわむれる
#038 2007.11 デザインにユーモアを
#037 2007.10 ある仕事の風景
#036 2007.09 ポリへドロン
#035 2007.08 アクリルの茶杓
#034 2007.07 バングルのデザイン - メイド イン ジャパン -
#033 2007.06 展示会、真っ最中
#032 2007.05 仕事とは時間を共有すること/6月の展示会に向けて
#031 2007.04 モノを作り表現する女の子たち
#030 2007.03 (続)プラスチック ってガンバってるかも
#029 2007.02 プラスチック って言っても様々
#028 2007.01 マイナーチェンジを繰り返す
#027 2006.12 多摩美術大学にて
#026 2006.11 趣のあるアクリル 茜色に染める
#025 2006.10 端折ってはいけないコト そこに愛はあるのかい?
#024 2006.09 FRPかぶき野郎
#023 2006.08 アクリルをシェイプする
#022 2006.07 展示会を終えて
#021 2006.06 展示会に向けて
#020 2006.05 友人の店を仲間達でつくる
#019 2006.04 ダイソン。それは格好良いだけじゃない掃除機。
#018 2006.03 絵のある部屋
#017 2006.02 アクリルの表現力
#016 2006.01 ロゴデザインをする
#015 2005.12 有限会社 荒木塗工所
#014 2005.11 マーキングフィルムで遊ぶ・レッツ カスタマイズ!
#013 2005.10 製作の現場だから気付くこと、出来ること
#012 2005.09 Delivery Works 南部健太郎
#011 2005.08 無駄の中に宝がある(大人編)
#010 2005.07 無駄の中に宝がある(子供編)
#009 2005.06 (有)クラフトロ 矢野心吾さん
#008 2005.05 ひょうどう工芸代表 職人 俵藤益仁
#007 2005.04 リートフェルトへのオマージュ
#006 2005.03 ショップサイン・電飾看板
#005 2005.02 アクリルの接着加工について
#004 2005.01 島谷製作所
#003 2004.12 大河原製作所
#002 2004.11 savor 末松貴久・小橋佐和美
#001 2004.10 展示会