モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > モノ作りの現場から > Delivery Works 俵藤ひでと #045



今度の展示会は"ギフト"と"トロフィー"に焦点をあてたテーマです。


クリアアクリル30mm


くちびるの原稿を貼って


荒削りして


リューターで細かい刃で整えて


大体のカタチが出来ました。


丸みをもたせ、くちびるだけ磨き仕上げ。
浮き出て、潤いがでて、いい感じになりそうです!


本番は、アクリルのかたまりに彫刻してみます。

トロフィーとは、主にスポーツの大会・競技会の優勝者、
入賞者に贈られる優勝カップ・楯・像の総称で、
元々は戦利品を意味し、
勝利の女神に祝福された勝者を称える
儀式的な意味合いがあるそうです。

大昔、戦争で敵から奪い取った戦利品を飾り、
杯で酒を飲んだのでしょうか?
僕たちが想像する、スタンダードなトロフィーの形は
"杯(カップ)" が原型なのです。
ワールドカップ、アメリカズカップ、杯を賭けて戦う訳です。

良く見かける背の高いトロフィーは、カップの上にカップがあり、
そのまた上にカップが乗り、そしてそのまた上に・・・
優劣をつけるためにボリュームを変えなければならないので、
この様な形になって行ったのではないかと、
で最後に大会の主旨がわかる像が一番上に乗る。
こんな話しを以前に、エグジットの清水くんと話しをしました。

このカタチは誰もが認識しているし、
大会で貰って表彰台に立ったら目立って嬉しいし、
様式として良いと思っている。
もう少し工夫や、遊び心があっても良いと思いますが。


僕が今度の展示会のテーマの中で、やってみたい事の一つに
"優劣をつけない、特別だけど日常にあるトロフィー"

自分の身近で、素敵だと思う人、感謝している人、
頑張っている人に・・・

誰かに、何かを差し上げる気持ち、大げさでは無く
「キスしたいほど、尊敬している」
「キスしたいほど労いたい」
「あなたは素晴らしい!キスがしたい!」

実際にはなかなか出来ない行為、でもそんな思いをカタチにする。

"キスするくちびる"

トロフィーやギフトの新しい様式にしたい

この様式で手法を変えた表現で、
幾つかギフト&トロフィーを発表したいと思います。


試作を作っています。

やたらめったに出来ないキス
言葉に出来ない想いをのせて
素敵なキスが出来るように
ただいま練習中です。




日本発”コトづくり&モノづくり”インタビュー・マガジン
PingMag MAKEさんに取材を受けました。
僕と、エグジットの清水さんのインタビュー記事がUPされています。

日本のモノ作りしている人の、
様々なリアルな話しがたくさん掲載されていて
参考になるし、とても面白いです!
手法は少し違っても、現代手工業乃党と同じように、
日本のモノ作りを応援して盛り上げて行こうという思いが、
熱意が伝わります。
是非、見て読んで下さい!!


PingMag MAKE http://make.pingmag.jp/J/
俵藤の記事 http://make.pingmag.jp/J/2008/06/10/hyodo/
清水さんの記事 http://make.pingmag.jp/J/2008/06/17/exit/

俵藤ひでと (1972生)
ICSカレッジオブアーツ卒
1995年 ひょうどう工芸入社
2002年 デリバリーワークス設立
アクリル加工を中心とする特注家具・照明器具・立体物のデザイン製作
オリジナル家具・照明の企画デザイン・製作・販売



#066 2010.08 新しい五月人形
#065 2010.07 アクリルのトランク型ディスプレイ什器
#064 2010.06 展示会のまとめ
#063 2010.05 現代手工業展2010
#062 2010.04 アートとモノ作り
#061 2010.03 アクリル引きモノパーツ / 現代美術VOCA展
#060 2009.12 コレクションショー
#059 2009.10 ショップ什器 / 展示会のお知らせ
#058 2009.08 バーテンダー
#057 2009.07 多摩美素材実習
#056 2009.06 2009年展示会を終えて
#055 2009.05 展示会に向けて2/コラボレーション
#054 2009.04 展示会に向けて−アクリルで本をカタチ作る
#053 2009.03 アクリルの茶杓 / 伝統と現代
#052 2009.02 掛川現代アートプロジェクト/アクリルの棗(なつめ)
#051 2009.01 氷のアクリル
#050 2008.12 NYにて
#049 2008.11 ニューヨークへ
#048 2008.09 裏方にまわる楽しさ
#047 2008.08 2008年展示会を終えて
#046 2008.07 想い込めて。仲間の協力を得て。
#045 2008.06 キスの練習 くちびるの習作
#044 2008.05 展示会のテーマ「誰かの為のギフト&トロフィー」
#043 2008.04 手を離れ商品化へ!
#042 2008.03 IID世田谷ものづくり学校でワークショップ
#041 2008.02 アクリルのシャンデリアの行方
#040 2008.01 ご挨拶
#039 2007.12 実習講義 素材とたわむれる
#038 2007.11 デザインにユーモアを
#037 2007.10 ある仕事の風景
#036 2007.09 ポリへドロン
#035 2007.08 アクリルの茶杓
#034 2007.07 バングルのデザイン - メイド イン ジャパン -
#033 2007.06 展示会、真っ最中
#032 2007.05 仕事とは時間を共有すること/6月の展示会に向けて
#031 2007.04 モノを作り表現する女の子たち
#030 2007.03 (続)プラスチック ってガンバってるかも
#029 2007.02 プラスチック って言っても様々
#028 2007.01 マイナーチェンジを繰り返す
#027 2006.12 多摩美術大学にて
#026 2006.11 趣のあるアクリル 茜色に染める
#025 2006.10 端折ってはいけないコト そこに愛はあるのかい?
#024 2006.09 FRPかぶき野郎
#023 2006.08 アクリルをシェイプする
#022 2006.07 展示会を終えて
#021 2006.06 展示会に向けて
#020 2006.05 友人の店を仲間達でつくる
#019 2006.04 ダイソン。それは格好良いだけじゃない掃除機。
#018 2006.03 絵のある部屋
#017 2006.02 アクリルの表現力
#016 2006.01 ロゴデザインをする
#015 2005.12 有限会社 荒木塗工所
#014 2005.11 マーキングフィルムで遊ぶ・レッツ カスタマイズ!
#013 2005.10 製作の現場だから気付くこと、出来ること
#012 2005.09 Delivery Works 南部健太郎
#011 2005.08 無駄の中に宝がある(大人編)
#010 2005.07 無駄の中に宝がある(子供編)
#009 2005.06 (有)クラフトロ 矢野心吾さん
#008 2005.05 ひょうどう工芸代表 職人 俵藤益仁
#007 2005.04 リートフェルトへのオマージュ
#006 2005.03 ショップサイン・電飾看板
#005 2005.02 アクリルの接着加工について
#004 2005.01 島谷製作所
#003 2004.12 大河原製作所
#002 2004.11 savor 末松貴久・小橋佐和美
#001 2004.10 展示会