モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > モノ作りの現場から > Delivery Works 俵藤ひでと #047



現代手工業乃党“誰かの為のギフト&トロフィー”展は8月3日をもって終了致しましたが、
暑い中を展示会にお越し下さった皆さん、本当にありがとうございました!
期間中はたくさんの方にお会いする事も出来ましたし、
いつもウェブサイトを見て下さっている方々とお話しする機会があったり、
たくさんのご意見を伺えた事など、貴重な体験が出来た事を非常に嬉しく思います。

そしてIID世田谷ものつくり学校の関係者のみなさま、ボランティアスタッフの方々、
本当にありがとうございました。

これまで僕たちは家具を中心とした展示会を行ってきましたが、
今回はいつもとはちょっと違うアプローチで作品(商品)を発表するテーマでもあり、
そして新しいメンバーも加わって個性もさることながら、
それぞれの人柄が出た温かい展示会になったと思います。

ご来場出来なかった皆様に、ご報告も含め展示品の紹介をさせて頂きます。

感謝の気持ちや、普段言葉に出来ない気持ちをカタチにして、
もらった人が、くれた人をいつでも思い出せる、人と人を繋ぐもの、
それが僕の作品のテーマでした。


Large Type (Ring Stand)
size : W98 H98 D65
material : Acrylic




Small Type
size : W75 H75 D50
material : Acrylic


Feel Like Kissing You ( Lips Sculpture Trophy )

キスせずにはいられない衝動を
彫刻でかたちにしました
大好きな人に贈って下さい


好きな人がそばにいてくれている
いつまでも余韻を感じれる様なトロフィー。
愛を語り合える恋人に贈って欲しいなと思います。
裏側にメッセージを彫刻でお入れいたします。

“Thank you for always being there for me.”
など。

アクリルブロックの削り出し、全体はサンディングマット仕上げ。
唇の表面は磨き上げ、リップグロスを塗った様なイメージ。
覗き込むと裏面のメッセージが浮き上がって見えます。

小さいサイズは、唇が原寸よりやや大きめで、
大きいサイズのものは、リングスタンドになります。



color : Gold / Silver / Red
size : W100 H220 D45
material : Acrylic








Kiss Mania ( Trophy )

キスしたいほど尊敬してる人へ
キスしたいほど感謝している人へ
キスせずにはいられない衝動を抑えて
贈って下さい



「キスせずにはいられないほど・・・」
実際には出来ないし、もちろんしないけど、
最上級の感情表現の言葉だと思います。

両親、友人、先輩、恩人に、
普段は照れくさくて伝えられない想いをかたちにする。
どんな人にでも贈れるトロフィー。

「あなたの存在は、いつも私を勇気付けてくれる。
本当にありがとう。」
“Your presence has always given me courage. Thank you.”
などの、メッセージを入れて。

周囲でみんなに感動を巻き起こした人とかに
贈ったりするのも良いと思います。

3枚のアクリルの間に絵をレイヤー状に入れて、
完全に面を接着しています。
アクリルの塊の中に絵が浮いて、斜めや横から見ると
屈折で絵が幾つもあるように見えます。









Type:
Black/White/Multi Color
size : W90 H225 D45
material : Acrylic


Cigarette In The Coffin ( 禁煙を決意した人へ贈るトロフィー )

愛煙家にとって煙草は、嬉しい時も悲しい時も
傍らに居てくれた、言わば友人なのである

だからお別れは、花を手向けて
“ありがとう”と言って、送り出したい


※吸い始めた年と、止めた年、タバコの銘柄等を
表面に彫刻でお入れします


「タバコやめたんだ。」と言ってた人が、
半年後、飲みの席で普通に吸ってるなんて事よくあります。
タバコは本当に止めるのが大変なのです。

宣言した人に、このトロフィーを贈って下さい。

タバコを埋葬したトロフィーを前にして、
タバコと決別した自分をお祝いしてくれた周囲の人間を目の前に、
裏切るなんて事はねぇ・・・

人は誰かとつながり、絆をもつ事で頑張れたりするのです。

4枚のアクリルの間に絵をレイヤー状に入れて、
完全に面を接着しています。
アクリルの塊の中に絵が浮いて、斜めや横から見ると
屈折で絵が幾つもあるように見えます。

ブラックとホワイトは重合接着。張り合わせた面が非常に美しい。

マルチカラータイプは、アクリル業界では
初の試みでは無いかと思っています。
僕自身、今まで見たことが無いからです。
製作協力は、株式会社ダイカンさん。
Graphic Desigin / 矢野 心吾さん









Hand Mirror/size: W300 H180 t=12
Small Mirror/size: W90 H150 t=6
Mini Mirror/size: W70 H110 t=6
アクリルミラー表面ハードコート使用

You are so beautiful ( Gift Mirror )

ありのままで良いのだ

君には鏡に映らない美しさだってある



アクリルでトロフィーのかたちをした手鏡を作りました。

もっと綺麗になりたいと思う気持ち、
その姿勢はとても可愛いと思います。
けれど、見たくれだけにこだわらないで欲しいとも思うわけです。

本当はカッコいいのに、本当はステキな人なのに
そのことに気付いてない人に、
もっと自分に自信を持って欲しい人に贈って欲しい。

今の自分を素敵だよって思ってくれている人がいることを、
この鏡に映る自分を見るたびに感じてくれたらいいなと。

THE BLUE HEARTS“リンダリンダ”の歌詞が好きです。
Joe Cockerのカヴァーした“You are so beautiful”
という曲が好きです。




出展した全ての作品は、僕が日常の中で家族や友人、
仲間達を思う気持ちを、感謝の気持ちを形にしたものです。
そして僕が今まで色んな人から頂いた気持ちを
形にしたものでもあります。

最後にメンバーのみなさん、
難しいお題に応えてくれてありがとうございました。
みんなの仕事は、それぞれが得意とする技術と、
個々の想いが合致した良いものばかりでした。
初参加のメンバー、特に地方のメンバーは
遠方から搬入・搬出と大変だったと思います。
みなさん本当にお疲れさまでした。
また来年の展示会も一緒に頑張って行きましょうね。



俵藤ひでと (1972生)
ICSカレッジオブアーツ卒
1995年 ひょうどう工芸入社
2002年 デリバリーワークス設立
アクリル加工を中心とする特注家具・照明器具・立体物のデザイン製作
オリジナル家具・照明の企画デザイン・製作・販売



#066 2010.08 新しい五月人形
#065 2010.07 アクリルのトランク型ディスプレイ什器
#064 2010.06 展示会のまとめ
#063 2010.05 現代手工業展2010
#062 2010.04 アートとモノ作り
#061 2010.03 アクリル引きモノパーツ / 現代美術VOCA展
#060 2009.12 コレクションショー
#059 2009.10 ショップ什器 / 展示会のお知らせ
#058 2009.08 バーテンダー
#057 2009.07 多摩美素材実習
#056 2009.06 2009年展示会を終えて
#055 2009.05 展示会に向けて2/コラボレーション
#054 2009.04 展示会に向けて−アクリルで本をカタチ作る
#053 2009.03 アクリルの茶杓 / 伝統と現代
#052 2009.02 掛川現代アートプロジェクト/アクリルの棗(なつめ)
#051 2009.01 氷のアクリル
#050 2008.12 NYにて
#049 2008.11 ニューヨークへ
#048 2008.09 裏方にまわる楽しさ
#047 2008.08 2008年展示会を終えて
#046 2008.07 想い込めて。仲間の協力を得て。
#045 2008.06 キスの練習 くちびるの習作
#044 2008.05 展示会のテーマ「誰かの為のギフト&トロフィー」
#043 2008.04 手を離れ商品化へ!
#042 2008.03 IID世田谷ものづくり学校でワークショップ
#041 2008.02 アクリルのシャンデリアの行方
#040 2008.01 ご挨拶
#039 2007.12 実習講義 素材とたわむれる
#038 2007.11 デザインにユーモアを
#037 2007.10 ある仕事の風景
#036 2007.09 ポリへドロン
#035 2007.08 アクリルの茶杓
#034 2007.07 バングルのデザイン - メイド イン ジャパン -
#033 2007.06 展示会、真っ最中
#032 2007.05 仕事とは時間を共有すること/6月の展示会に向けて
#031 2007.04 モノを作り表現する女の子たち
#030 2007.03 (続)プラスチック ってガンバってるかも
#029 2007.02 プラスチック って言っても様々
#028 2007.01 マイナーチェンジを繰り返す
#027 2006.12 多摩美術大学にて
#026 2006.11 趣のあるアクリル 茜色に染める
#025 2006.10 端折ってはいけないコト そこに愛はあるのかい?
#024 2006.09 FRPかぶき野郎
#023 2006.08 アクリルをシェイプする
#022 2006.07 展示会を終えて
#021 2006.06 展示会に向けて
#020 2006.05 友人の店を仲間達でつくる
#019 2006.04 ダイソン。それは格好良いだけじゃない掃除機。
#018 2006.03 絵のある部屋
#017 2006.02 アクリルの表現力
#016 2006.01 ロゴデザインをする
#015 2005.12 有限会社 荒木塗工所
#014 2005.11 マーキングフィルムで遊ぶ・レッツ カスタマイズ!
#013 2005.10 製作の現場だから気付くこと、出来ること
#012 2005.09 Delivery Works 南部健太郎
#011 2005.08 無駄の中に宝がある(大人編)
#010 2005.07 無駄の中に宝がある(子供編)
#009 2005.06 (有)クラフトロ 矢野心吾さん
#008 2005.05 ひょうどう工芸代表 職人 俵藤益仁
#007 2005.04 リートフェルトへのオマージュ
#006 2005.03 ショップサイン・電飾看板
#005 2005.02 アクリルの接着加工について
#004 2005.01 島谷製作所
#003 2004.12 大河原製作所
#002 2004.11 savor 末松貴久・小橋佐和美
#001 2004.10 展示会