モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > モノ作りの現場から > Delivery Works 俵藤ひでと #048










4コマのアクリルフレーム


32コマのアクリルフレーム


64コマのアクリルフレーム


クリアエディション発行の
写真集“Tokyo Amour”

「米原康正」さんという方の作品
に関わる製作をさせて頂きました。
日本ではもちろん、
世界を叉に掛けて活躍しているアーティストです。

彼はインスタントフィルムカメラの「チェキ」を
メイン機材にしたフォトグラファーで、
46mm X H62mm の小さな枠の中に、
たくさんの若い女性達のありのままの姿を引き出し、
様々なカットで撮影し、
決められた数のマスで区切られたフレームの中に
組み合せて行きます。

意図的に、収まり切らない被写体をパーツごとに解体し、
再構築し、収まり切らないからこそ見る人の
イマジネーションを広げる構図には、それぞれのフレームに
ストーリーが隠されています。

そしてチェキ独特の色のコントラスト、
粗い画素が女性達を更に可愛らしくもフラットに見えるのだけど、
彼の写真はドキュメンタリーでリアル感があるのです。

僕はこのフレームの設計、製作を担当しました。

クリアエディションの中牟田さんからこのお話しを頂き、
約一年前からプロジェクトに加わり、
何度もプロトタイプを作っては、
関係者と収まり方や見え方を検証・確認しながら
この形に成りましたが、現在もまだ進化中です。

フレームのコマ数は、4コマ・8コマ・16コマ・32コマ・64コマと、
どんどん増え大きくなっていて、
撮影する米原さんもストーリーや構図の考え方も高度になり、
僕のほうもコマ数が増えると、
製作物の難易度がどんどん上がって行ってます。


ニューヨークのギャラリー・Barry Friedman Ltd.での
個展も決まっていて
そこで展示する96コマのフレームも製作中です。

現在、CLEAR GALLERYで、
米原さんのNY直前の個展を開催しております。

お時間がありましたら、是非見に行ってみて下さい。






米原康正 / Yasumasa Yonehara エキシビジョン
the world wants to be chenged by・・・
9/5 - 9/27.2008
CLEAR GALLERY
150-0002 東京都渋谷区渋谷4-2-5 プレイス青山
T : 03 5774 5603 / F: 03 5774 5604
株式会社クリアエディション


Yasumasa Yonehara EXHIBITION “ Tokyo Amour ”
10/23 - 12/20 .2008
Barry Friedman Ltd


俵藤ひでと (1972生)
ICSカレッジオブアーツ卒
1995年 ひょうどう工芸入社
2002年 デリバリーワークス設立
アクリル加工を中心とする特注家具・照明器具・立体物のデザイン製作
オリジナル家具・照明の企画デザイン・製作・販売



#066 2010.08 新しい五月人形
#065 2010.07 アクリルのトランク型ディスプレイ什器
#064 2010.06 展示会のまとめ
#063 2010.05 現代手工業展2010
#062 2010.04 アートとモノ作り
#061 2010.03 アクリル引きモノパーツ / 現代美術VOCA展
#060 2009.12 コレクションショー
#059 2009.10 ショップ什器 / 展示会のお知らせ
#058 2009.08 バーテンダー
#057 2009.07 多摩美素材実習
#056 2009.06 2009年展示会を終えて
#055 2009.05 展示会に向けて2/コラボレーション
#054 2009.04 展示会に向けて−アクリルで本をカタチ作る
#053 2009.03 アクリルの茶杓 / 伝統と現代
#052 2009.02 掛川現代アートプロジェクト/アクリルの棗(なつめ)
#051 2009.01 氷のアクリル
#050 2008.12 NYにて
#049 2008.11 ニューヨークへ
#048 2008.09 裏方にまわる楽しさ
#047 2008.08 2008年展示会を終えて
#046 2008.07 想い込めて。仲間の協力を得て。
#045 2008.06 キスの練習 くちびるの習作
#044 2008.05 展示会のテーマ「誰かの為のギフト&トロフィー」
#043 2008.04 手を離れ商品化へ!
#042 2008.03 IID世田谷ものづくり学校でワークショップ
#041 2008.02 アクリルのシャンデリアの行方
#040 2008.01 ご挨拶
#039 2007.12 実習講義 素材とたわむれる
#038 2007.11 デザインにユーモアを
#037 2007.10 ある仕事の風景
#036 2007.09 ポリへドロン
#035 2007.08 アクリルの茶杓
#034 2007.07 バングルのデザイン - メイド イン ジャパン -
#033 2007.06 展示会、真っ最中
#032 2007.05 仕事とは時間を共有すること/6月の展示会に向けて
#031 2007.04 モノを作り表現する女の子たち
#030 2007.03 (続)プラスチック ってガンバってるかも
#029 2007.02 プラスチック って言っても様々
#028 2007.01 マイナーチェンジを繰り返す
#027 2006.12 多摩美術大学にて
#026 2006.11 趣のあるアクリル 茜色に染める
#025 2006.10 端折ってはいけないコト そこに愛はあるのかい?
#024 2006.09 FRPかぶき野郎
#023 2006.08 アクリルをシェイプする
#022 2006.07 展示会を終えて
#021 2006.06 展示会に向けて
#020 2006.05 友人の店を仲間達でつくる
#019 2006.04 ダイソン。それは格好良いだけじゃない掃除機。
#018 2006.03 絵のある部屋
#017 2006.02 アクリルの表現力
#016 2006.01 ロゴデザインをする
#015 2005.12 有限会社 荒木塗工所
#014 2005.11 マーキングフィルムで遊ぶ・レッツ カスタマイズ!
#013 2005.10 製作の現場だから気付くこと、出来ること
#012 2005.09 Delivery Works 南部健太郎
#011 2005.08 無駄の中に宝がある(大人編)
#010 2005.07 無駄の中に宝がある(子供編)
#009 2005.06 (有)クラフトロ 矢野心吾さん
#008 2005.05 ひょうどう工芸代表 職人 俵藤益仁
#007 2005.04 リートフェルトへのオマージュ
#006 2005.03 ショップサイン・電飾看板
#005 2005.02 アクリルの接着加工について
#004 2005.01 島谷製作所
#003 2004.12 大河原製作所
#002 2004.11 savor 末松貴久・小橋佐和美
#001 2004.10 展示会