モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > モノ作りの現場から > Delivery Works 俵藤ひでと #051




W900 D300 t40のアクリル板を削る為に台に固定する。


カットイメージをアクリル板に直接描き込む


ほぼ完成!余裕が無く、作業工程を画像で納められませんでした。


「Men of the Year 2008」の会場グランドハイアット東京











寒中お見舞い申し上げます。
旧昨年中も現代手工業乃党を応援して頂き
ありがとうございます。
今年は新しいメンバーに井口産業の井口隆一郎さん、
ファクトリーガールには、クヌートセラミックスタジオの
小川由利子さんを迎えました。
5月に予定してる展示会にも参加してくれます。
彼等が書く記事にも注目して下さい!
今年もどうぞよろしくお願い致します。

昨年12月の仕事を一つを紹介します。

広告からインテリアまで幅広いデザインに関わっている、
MID.森さんからアクリルで氷の様なディスプレイステージを
依頼されました。
サントリーの「白州」という
シングルモルトウィスキーの展示PRに使うとのコト。

氷のイメージは大きく分けて2つあると考えた。
表面に霜がついたザラっとした氷と、
表面が少し溶けてツルっとした透明な氷。
霜がついた氷は、外の空気も冷たいイメージにさせる。
打合せを重ね、今回はウイスキーに入ったロックアイス、
グラスの中でキラキラ光る氷のイメージがあるようで、
表面がツルっとした氷を目指すことにしました。

サイズ幅900mm・奥行き300mm・厚み40mmの
アクリル氷の彫刻です。
以前にも紹介しましたが、
僕はグラインダーで荒削りしてから、
ヤスリの番手を細かくして徐々に削り、
ナイフやサンドペーパーで細かいキズを取って行きます。

LEDライトを当てアクリルの周りを光らせるので、
小さなキズも非常に目立つ。
削った面を本当にキレイに仕上ないと見れたモノにならない。
磨いては光を当て、キズを取り、
何度も確認して仕上て行きます。

図面の書きようが無いのでマジックで直接ラインを書いて削る。
心がけるのはカットが単調にならない様に、
LEDを当てた際、光を分散させ光源を出来るだけ
見せないようにカットする場所を決めていく。
後は、全体を見ながら感覚で作っていきます。

サンプルでクライアントさんに確認もしてもらってますが、
デザイナーの森さんとは付き合いも長く、
細かいデザインは僕に任せてくれました。

この仕事の現場は
ライフスタイル誌「GQジャパン」が主催する
「Men of the Year 2008」の受賞パーティー会場で、
サントリーもスポンサーの1社でした。

サントリーの方も気に入ってくれたみたいで、
使い捨てではなく他の場所でも使用したい
と言ってくれたみたいです。


僕等の仕事は、初めて作るモノがほとんどなので
依頼する側も製作する側もドキドキします。
チャレンジする際にお互いの不安なところを埋めるには、
自分が出来る事をPRして
バックグランドを伝える事が大事と思っています。

これからも、「モノ作りの現場から」自分のできる事、
やりたい事、どんな事に関わったか、
その人物の紹介も含めてお伝えして行きたいと思います。



俵藤ひでと (1972生)
ICSカレッジオブアーツ卒
1995年 ひょうどう工芸入社
2002年 デリバリーワークス設立
アクリル加工を中心とする特注家具・照明器具・立体物のデザイン製作
オリジナル家具・照明の企画デザイン・製作・販売



#066 2010.08 新しい五月人形
#065 2010.07 アクリルのトランク型ディスプレイ什器
#064 2010.06 展示会のまとめ
#063 2010.05 現代手工業展2010
#062 2010.04 アートとモノ作り
#061 2010.03 アクリル引きモノパーツ / 現代美術VOCA展
#060 2009.12 コレクションショー
#059 2009.10 ショップ什器 / 展示会のお知らせ
#058 2009.08 バーテンダー
#057 2009.07 多摩美素材実習
#056 2009.06 2009年展示会を終えて
#055 2009.05 展示会に向けて2/コラボレーション
#054 2009.04 展示会に向けて−アクリルで本をカタチ作る
#053 2009.03 アクリルの茶杓 / 伝統と現代
#052 2009.02 掛川現代アートプロジェクト/アクリルの棗(なつめ)
#051 2009.01 氷のアクリル
#050 2008.12 NYにて
#049 2008.11 ニューヨークへ
#048 2008.09 裏方にまわる楽しさ
#047 2008.08 2008年展示会を終えて
#046 2008.07 想い込めて。仲間の協力を得て。
#045 2008.06 キスの練習 くちびるの習作
#044 2008.05 展示会のテーマ「誰かの為のギフト&トロフィー」
#043 2008.04 手を離れ商品化へ!
#042 2008.03 IID世田谷ものづくり学校でワークショップ
#041 2008.02 アクリルのシャンデリアの行方
#040 2008.01 ご挨拶
#039 2007.12 実習講義 素材とたわむれる
#038 2007.11 デザインにユーモアを
#037 2007.10 ある仕事の風景
#036 2007.09 ポリへドロン
#035 2007.08 アクリルの茶杓
#034 2007.07 バングルのデザイン - メイド イン ジャパン -
#033 2007.06 展示会、真っ最中
#032 2007.05 仕事とは時間を共有すること/6月の展示会に向けて
#031 2007.04 モノを作り表現する女の子たち
#030 2007.03 (続)プラスチック ってガンバってるかも
#029 2007.02 プラスチック って言っても様々
#028 2007.01 マイナーチェンジを繰り返す
#027 2006.12 多摩美術大学にて
#026 2006.11 趣のあるアクリル 茜色に染める
#025 2006.10 端折ってはいけないコト そこに愛はあるのかい?
#024 2006.09 FRPかぶき野郎
#023 2006.08 アクリルをシェイプする
#022 2006.07 展示会を終えて
#021 2006.06 展示会に向けて
#020 2006.05 友人の店を仲間達でつくる
#019 2006.04 ダイソン。それは格好良いだけじゃない掃除機。
#018 2006.03 絵のある部屋
#017 2006.02 アクリルの表現力
#016 2006.01 ロゴデザインをする
#015 2005.12 有限会社 荒木塗工所
#014 2005.11 マーキングフィルムで遊ぶ・レッツ カスタマイズ!
#013 2005.10 製作の現場だから気付くこと、出来ること
#012 2005.09 Delivery Works 南部健太郎
#011 2005.08 無駄の中に宝がある(大人編)
#010 2005.07 無駄の中に宝がある(子供編)
#009 2005.06 (有)クラフトロ 矢野心吾さん
#008 2005.05 ひょうどう工芸代表 職人 俵藤益仁
#007 2005.04 リートフェルトへのオマージュ
#006 2005.03 ショップサイン・電飾看板
#005 2005.02 アクリルの接着加工について
#004 2005.01 島谷製作所
#003 2004.12 大河原製作所
#002 2004.11 savor 末松貴久・小橋佐和美
#001 2004.10 展示会