モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > モノ作りの現場から > Delivery Works 俵藤ひでと #057




オープンキャンパスの様子


工作室での実習風景


スカル職人。
家でも作業してきてくれた。


グラインダーで削る。
かなりコツを掴んでいた。


みんなで講評。


毎回、様々なモノが出来てくる。




このスカルは周囲にも講評でした。


みんなの作品を積んでみた。

多摩美術大学環境デザイン科で
素材実習講師をやらせていただいて、
今年で4年目となります。
2年生を教えるのですが、
当然ながら毎年入れ替わるわけで、
僕だけが歳をとって年の差が離れて行くのです。
学生はもう平成生まれ。

4年前に出会った学生は卒業し社会に出ている。
5月に開催した「ホームアクセサリー展」で、
EXIT METAL WORK SUPPLYの作品に協力してくれた、
デザインチームTYMOTEのメンバーに
当時学生だった子がいて、久々に再会したりと
嬉しいこともありました。

今回の実習講義の日程は、多摩美の「オープンキャンパス」
授業を一般公開するイベントにあわせて行ってほしい
とお願いされ、休日出勤。
いつも中央自動車を使って八王子キャンパスに向かうのだが、
今回は3連休の真ん中日曜日、
"ETC車1000円乗り放題"で
激しい渋滞が予想されていた!!
普段あまり連休とか意識する事がないので、
多摩美からの要望に何も考えずOKしてしまった・・・

いままでと状況が違い、何時間掛かるのかも分からず、
もしくは大渋滞にハマッてへろへろのまま
朝から授業もイヤなので、
現場周辺に前乗りする事に決め、
車中で夜を明かすことにした!
授業に穴をあけたら大変な事になるし、
気分的にこっちの方が楽だ。
決めたら大至急風呂に入り、そして荷物を積み込み現地へ。

夜中の道路はスーイスイ。1時間ほどで現地近くに。
途中、多摩プラザ周辺の道沿いに、
大きくてキレイなマンガ喫茶を発見!
駐車場もあるので「マン喫で寝るのも良いかなー」
と思い入ることに。
僕はいがいと何処でも寝れるので
大丈夫かと思ったのですが、以外とダメでした・・・
フルフラットで毛布もあって物理的には申し分ないのですが、
与えられた場所が悪く、定期的にスタッフがグラスを片付ける
ガチャガチャッという音が如何せん気になり、
結局ずい分読んでなかった「バカボンド」を
20巻から27巻まで思いっきり読んでしまいました。

間違ってはないのですが、何をやってんだか・・・
寝不足のまま学校へ(笑)



キャンパス内はたくさんの来場者と、
自分達の学科のPR活動する学生達で賑わい、
いつもと違う雰囲気でした。

前の週でアクリルの溶剤接着を体験してもらい、
この日は50ミリ角のアクリルブロックを限られた道具で
好きなように削ってカタチ作り仕上ていく。
4年間変らない授業であるが、少しずつ道具は増やしている。

初めての素材と対じして、ほぼ直感的に形を決めて
作業するというのは個性が出るのです。
カッコいいモノを作ろう思うと難しいとは思うんですけどね。
作りたいイメージと技術が伴わないのですから。
でも自分の手で近づけて行く作業は楽しいはずです。
美大生はモノつくりが潜在的に好きだから、
ハマると凄い集中力です。
終了だよーって言ってもなかなか止めません。

時間も限られているので不完全燃焼で
フラストレーションも残ると思うのですが、
継続したいと思う子には家でも出来る方法を教えています。
次の何かにつなげてくれると嬉しい。

このオープンキャンパスの準備や催しは
2年生が中心に行っていて、
授業と課題等が重なって大変そうでした。
皆さんホントお疲れさまでしたね。



かき氷を食らう!

この夏初めてのかき氷、美味しかったです。
ごちそうさまでした。


俵藤ひでと (1972生)
ICSカレッジオブアーツ卒
1995年 ひょうどう工芸入社
2002年 デリバリーワークス設立
アクリル加工を中心とする特注家具・照明器具・立体物のデザイン製作
オリジナル家具・照明の企画デザイン・製作・販売



#066 2010.08 新しい五月人形
#065 2010.07 アクリルのトランク型ディスプレイ什器
#064 2010.06 展示会のまとめ
#063 2010.05 現代手工業展2010
#062 2010.04 アートとモノ作り
#061 2010.03 アクリル引きモノパーツ / 現代美術VOCA展
#060 2009.12 コレクションショー
#059 2009.10 ショップ什器 / 展示会のお知らせ
#058 2009.08 バーテンダー
#057 2009.07 多摩美素材実習
#056 2009.06 2009年展示会を終えて
#055 2009.05 展示会に向けて2/コラボレーション
#054 2009.04 展示会に向けて−アクリルで本をカタチ作る
#053 2009.03 アクリルの茶杓 / 伝統と現代
#052 2009.02 掛川現代アートプロジェクト/アクリルの棗(なつめ)
#051 2009.01 氷のアクリル
#050 2008.12 NYにて
#049 2008.11 ニューヨークへ
#048 2008.09 裏方にまわる楽しさ
#047 2008.08 2008年展示会を終えて
#046 2008.07 想い込めて。仲間の協力を得て。
#045 2008.06 キスの練習 くちびるの習作
#044 2008.05 展示会のテーマ「誰かの為のギフト&トロフィー」
#043 2008.04 手を離れ商品化へ!
#042 2008.03 IID世田谷ものづくり学校でワークショップ
#041 2008.02 アクリルのシャンデリアの行方
#040 2008.01 ご挨拶
#039 2007.12 実習講義 素材とたわむれる
#038 2007.11 デザインにユーモアを
#037 2007.10 ある仕事の風景
#036 2007.09 ポリへドロン
#035 2007.08 アクリルの茶杓
#034 2007.07 バングルのデザイン - メイド イン ジャパン -
#033 2007.06 展示会、真っ最中
#032 2007.05 仕事とは時間を共有すること/6月の展示会に向けて
#031 2007.04 モノを作り表現する女の子たち
#030 2007.03 (続)プラスチック ってガンバってるかも
#029 2007.02 プラスチック って言っても様々
#028 2007.01 マイナーチェンジを繰り返す
#027 2006.12 多摩美術大学にて
#026 2006.11 趣のあるアクリル 茜色に染める
#025 2006.10 端折ってはいけないコト そこに愛はあるのかい?
#024 2006.09 FRPかぶき野郎
#023 2006.08 アクリルをシェイプする
#022 2006.07 展示会を終えて
#021 2006.06 展示会に向けて
#020 2006.05 友人の店を仲間達でつくる
#019 2006.04 ダイソン。それは格好良いだけじゃない掃除機。
#018 2006.03 絵のある部屋
#017 2006.02 アクリルの表現力
#016 2006.01 ロゴデザインをする
#015 2005.12 有限会社 荒木塗工所
#014 2005.11 マーキングフィルムで遊ぶ・レッツ カスタマイズ!
#013 2005.10 製作の現場だから気付くこと、出来ること
#012 2005.09 Delivery Works 南部健太郎
#011 2005.08 無駄の中に宝がある(大人編)
#010 2005.07 無駄の中に宝がある(子供編)
#009 2005.06 (有)クラフトロ 矢野心吾さん
#008 2005.05 ひょうどう工芸代表 職人 俵藤益仁
#007 2005.04 リートフェルトへのオマージュ
#006 2005.03 ショップサイン・電飾看板
#005 2005.02 アクリルの接着加工について
#004 2005.01 島谷製作所
#003 2004.12 大河原製作所
#002 2004.11 savor 末松貴久・小橋佐和美
#001 2004.10 展示会