モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > モノ作りの現場から > Delivery Works 俵藤ひでと #060




©ZEROZEROESUESU INC.
コレクションの動画


©ZEROZEROESUESU INC.


©ZEROZEROESUESU INC.


©ZEROZEROESUESU INC.


©ZEROZEROESUESU INC.


©ZEROZEROESUESU INC.

10月のことではありますが、
ファッションブランド 「HISUI」 2010 Spring/Summer Collection
で発表した一部のパーツ製作に携わりました。


暗雲立ち込める世界情勢の中で、
HISUIは最も清い白という色をもってして立むかう。
それはまるで、立ち込める雲から一筋の光が差しているような、
そんな一直線の無垢な光。

すべてのパターンは直線のみで構成され、
興味深いシルエットをつくり出している。
様々な質感の白いテクスチャーは、白の可能性を示している。
ポンディング加工されたシルクやサテンは、
直線のシルエットを面白く描き出す。
サマーツイードにはリボン刺繍を施し、
さらなる重厚間と表情をうみ出している。
ミラーの飾りは光の象徴として多用されている。


2010 .S/S Collectionコンセプトより


デザイナーの伊藤弘子さんからお話をもらいました。

衣服にアクリルミラーを併せるという
斬新な発想にドキドキしましたが、
このコレクションを発表する動機は思想的であり、
服をつくるファッションブランドの
縫製技術を裏づけとしたアイデアで
確信的なものでありました。

しかしお互い初めての試みなので、
サンプルを何度か作っては検討しました。 
アクリルの重さは水より2割ほど重い(比重1.19)。
デザイナーの伊藤さんは服の軽やかさを失わないように、
パーツを幾つ付けるとどれくらいの重さになり、
その重さは服としてNGなのか?
布にどのように止めるか。
強度的にも意匠的にも考えます。

アクリルはキズが付きやすく、
特にミラーの場合は透明アクリルの裏側にミラー蒸着をしているので、
表面についたキズが奥に映りこんで倍に見えてしまう。
コストは上がるのですが、
表面がハードコート加工されたキズの付きずらい品物を薦めました。
カットしたパーツは、ひとつ一つナイフで面を取って、
ケガをしないようにかつ、
シャープさを無くさないよう丁寧に加工しました。

当たり前のことで、今回僕は大したことはしておりませんが・・・


HISUIさんのショーは、東京コレクション・ウィーク
ミッドタウン・ホールAで発表されました。
真っ白なステージに、真っ白な服を着たモデルたちが
颯爽と歩いて行く。
その動きの中でミラーパーツに反射したライトの白い光が、
会場の至る所に映し出され、
キラン、パリンと、会場で見ていた僕の目にも
直接飛び込んでくる。
会場の空気を切り裂くような音で始まる
ショーの音楽は、細野晴臣さん。

ファッションショーは非常に短い時間です。
たくさんの人達が関わり、たくさんの時間を掛けた作業が、
この短い時間に凝縮されている。
感動的でした。

HISUIさんのコレクションは海外でも評価が高い。

「ファストファッション」という流行を取り入れた低価格
のショップがもてはやされていますが、
その流行、モードを作り出し発信している人達がいます。
作り手側はその服を着る人に、
またそれを見る人にも感動を与えようと
日々様々な表現に挑んでいる。

このような文化的な思想がもっともっと
日本に根付いていく事を願いたい。

HISUIウェブサイト
コレクションの動画





新作 “The Planet of Green and Structure”


小さい子供がコードを引っ張って点けたり消したり遊んでいました。“POP UP BULB”
現在はマックスレイさんで商品化になっています。
エビスパークさんでの展示会は無事終了致しました。

ご飯を楽しむ場所に自然なカタチで展示させて頂きました。
週末は友人、知人が足を運んでくれて
初めて会う者同士も和気あいあいと
美味しいご飯とお酒を楽しんでくれていました。

このお店に来られたお客さんとも話をする機会もあり、
手前味噌ではありますが自分の作品を口実に
たくさんの方と仲良くなれたのが嬉しかったです。

僕がお店に居ない時に来て下さった方もいらっしゃったと思います。
お忙しいなかわざわざ来て頂いたのに
本当に申し訳ありませんでした。

またどこかで展示をする際は
出来る限りそこに居れるようにしますのでの
懲りずにまたお越し下さい。
次の機会にお会い出来るのを楽しみにしてます。


お世話になった、エビスパークさんのご飯は
どれも本当に美味しいので恵比寿にお越しの際は
是非ともお立ち寄り下さい!

エビスパーク
所在地 東京都渋谷区恵比寿1-22-14 石井ビルB1
TEL 03-5793-8250
営業時間 月〜土 18:00〜5:00
定休日 日曜日・第3月曜日



俵藤ひでと (1972生)
ICSカレッジオブアーツ卒
1995年 ひょうどう工芸入社
2002年 デリバリーワークス設立
アクリル加工を中心とする特注家具・照明器具・立体物のデザイン製作
オリジナル家具・照明の企画デザイン・製作・販売



#066 2010.08 新しい五月人形
#065 2010.07 アクリルのトランク型ディスプレイ什器
#064 2010.06 展示会のまとめ
#063 2010.05 現代手工業展2010
#062 2010.04 アートとモノ作り
#061 2010.03 アクリル引きモノパーツ / 現代美術VOCA展
#060 2009.12 コレクションショー
#059 2009.10 ショップ什器 / 展示会のお知らせ
#058 2009.08 バーテンダー
#057 2009.07 多摩美素材実習
#056 2009.06 2009年展示会を終えて
#055 2009.05 展示会に向けて2/コラボレーション
#054 2009.04 展示会に向けて−アクリルで本をカタチ作る
#053 2009.03 アクリルの茶杓 / 伝統と現代
#052 2009.02 掛川現代アートプロジェクト/アクリルの棗(なつめ)
#051 2009.01 氷のアクリル
#050 2008.12 NYにて
#049 2008.11 ニューヨークへ
#048 2008.09 裏方にまわる楽しさ
#047 2008.08 2008年展示会を終えて
#046 2008.07 想い込めて。仲間の協力を得て。
#045 2008.06 キスの練習 くちびるの習作
#044 2008.05 展示会のテーマ「誰かの為のギフト&トロフィー」
#043 2008.04 手を離れ商品化へ!
#042 2008.03 IID世田谷ものづくり学校でワークショップ
#041 2008.02 アクリルのシャンデリアの行方
#040 2008.01 ご挨拶
#039 2007.12 実習講義 素材とたわむれる
#038 2007.11 デザインにユーモアを
#037 2007.10 ある仕事の風景
#036 2007.09 ポリへドロン
#035 2007.08 アクリルの茶杓
#034 2007.07 バングルのデザイン - メイド イン ジャパン -
#033 2007.06 展示会、真っ最中
#032 2007.05 仕事とは時間を共有すること/6月の展示会に向けて
#031 2007.04 モノを作り表現する女の子たち
#030 2007.03 (続)プラスチック ってガンバってるかも
#029 2007.02 プラスチック って言っても様々
#028 2007.01 マイナーチェンジを繰り返す
#027 2006.12 多摩美術大学にて
#026 2006.11 趣のあるアクリル 茜色に染める
#025 2006.10 端折ってはいけないコト そこに愛はあるのかい?
#024 2006.09 FRPかぶき野郎
#023 2006.08 アクリルをシェイプする
#022 2006.07 展示会を終えて
#021 2006.06 展示会に向けて
#020 2006.05 友人の店を仲間達でつくる
#019 2006.04 ダイソン。それは格好良いだけじゃない掃除機。
#018 2006.03 絵のある部屋
#017 2006.02 アクリルの表現力
#016 2006.01 ロゴデザインをする
#015 2005.12 有限会社 荒木塗工所
#014 2005.11 マーキングフィルムで遊ぶ・レッツ カスタマイズ!
#013 2005.10 製作の現場だから気付くこと、出来ること
#012 2005.09 Delivery Works 南部健太郎
#011 2005.08 無駄の中に宝がある(大人編)
#010 2005.07 無駄の中に宝がある(子供編)
#009 2005.06 (有)クラフトロ 矢野心吾さん
#008 2005.05 ひょうどう工芸代表 職人 俵藤益仁
#007 2005.04 リートフェルトへのオマージュ
#006 2005.03 ショップサイン・電飾看板
#005 2005.02 アクリルの接着加工について
#004 2005.01 島谷製作所
#003 2004.12 大河原製作所
#002 2004.11 savor 末松貴久・小橋佐和美
#001 2004.10 展示会