モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > モノ作りの現場から > EXIT METAL WORK SUPPLY 清水薫 #070



最近 やっと涼しくなってきましたね
今回はモノ作りやデザインに関するお薦めの本を紹介します
秋の夜長に ぜひ、、、



ジャン・プルーベ
企画 : ヴィトラ・デザイン・ミュージアム他
出版 : TOTO出版

職人でありデザイナーであるという現代手工業的な人々は
いつの時代も少数ですが存在しましたが
このジャン・プルーベは別格じゃないでしょうか。
彼の作品も活躍も あまりにも有名なので
それらについてここでは何も言いませんが
読んでびっくりしたのは実は彼のお父さん
ヴィクトール・プルーベはエミール・ガレ と共に
芸術と産業の親密な結合を掲げた「芸術産業地方同盟」
いわゆるアール・ヌーボーのナンシー派の指導者の一人
だったらしい。
そしてジャン・プルーベは16才の時から 父の友人が
やっているゴリゴリのアール・ヌーボーの金属工房で
鍛造や溶接の修行をしていたってゆうから
もうビックリっていゆうか、だからあんな金属バリバリの
モダンデザインの中に何か暖かみを感じさせるのかと
妙に納得させられた 写真資料もドッサリの納得の一冊です。



創造の狂気 ウォルト・ディズニー
ニール・ゲイブラー著
出版 : ダイヤモンド社

みんな大好きミッキーマウスの生みの親 ウォルト・ディズニーの
クリエティブってヤツはこんなにも激しく過酷なのかっていう本です。
白雪姫で初のフルカラー長編アニメーションを発表して
大成功を収め、その後、数々のミッキーマウスの映画で
更に成功した後も稼いだ以上にもうお金を使う使う。
クリエイティブのためなら湯水のように使う。
おかげで お兄ちゃんはいつも銀行に行って
金策に駆けずり回る日々。
本当にリッチなったのはディズニーランドが成功した後
っていうからそれは そうとう晩年っすよ
クリエイティブを一人じゃなくて会社で進めていく
って事の難しさもヒシヒシと感じる
ヘビィーな一冊です。




奇跡のリンゴ
石川拓治 著
出版 : 幻冬舍

皆さんは困難にぶつかった事ありますか。
絶対不可能といわれた無農薬でのリンゴ栽培をやった
木村秋則さんの本。
NHKのテレビで放映されて
あまりにも反響が大きかったゆえの出版らしいです。
難しい事に挑戦する時 諦めないで
どこまでガマンして進んでゆけるだろう。
「ひとつのものに狂えば、いつか必ず答えに
巡り合うことができるんだよ」
とは木村さんのお言葉ですが
苦難に屈せず挑戦する様はマジで鳥肌もんです。
力石徹の減量より凄いです。泣けます。
クリエイティブな仕事をしている方 必読の一冊だと思います。
ボク一個人としてはUFOにさらわれた話とかも好きです。




町工場 強さの理由
梅原勝彦 著
出版 : 日本実業出版社

コレットチャックという金属部品を製作する小さな町工場
を立ち上げ、ジャスダック市場に上場までした方のお話の本。
社員が100人近くいるのにタイムカードもないし
ロクな会議もないらしい。
会議は年間で30分以下だっていうから マジっすかって感じです。
ドラッガーの経営哲学も立派ですけど
この人の言ってるコトも半端じゃないです。
不況の時は次の好況の準備をするって
言うは易し やるは難しっすよ。
上場した時、創業者の株をパートのおばちゃんにまで
分けたっていうから凄くないですか。
小さな町工場の経営者の方にお薦めの一冊です。




オタクで女の子な国のモノづくり
川口盛之助 著
出版 : 講談社

日本のモノ作りをこんな変な(スイマセン)角度から
見てる人がいるんだって驚いた本です。
何かというと すぐキャラクターを使う商品とか
いつまでたっても大人になれない子どもっぽい日本人とか
あんまり好きにはなれなかったんですけど
コレ読んだら「もしかして その線もアリじゃね」って思えました。
他にも「日本のプロダクトってなんて素晴らしいんだろぅ」と
素直に再確認できるようなモノが
様々なジャンルに分けて紹介してあります。
ヲタク文化やギャル文化についてなど
ドコまで共感できるかは人それぞれだとは思いますが
普段の自分とは全く違う人の意見を読んでみるのも
なかなか面白いと思わせてくれた一冊でした。




ア・ウェイ・オブ・ライフ
28人のクリエイタージャーナル

竹村卓 著
出版 : ブルースインターアクションズ

スケーター、ミュージシャン、フォトグラファー、ペインターなど
主にアメリカで活動してる28人のクリエイターにインタビューした本。
どんなトコに生まれて どんなふうに育ってきたのとか、
何で今の仕事をしてるのとか
フランクにフレンドリーに書かれていて その人の写真も
作品の写真も何かイイんですよ自由で。
今年の現代手工業乃党の展示会で
コンセプトブックを作ってみたんです。
元になっているのは IID(世田谷モノづくり学校)にあった
「LOOK FORWARD! interviews 」っていう
わら半紙で出来たクールな本なのですが
内容を考えている時にこのア・ウェイ・オブ・ライフの本を
思い出してボクもカメラを持って話しを聞きに
みんなに会いに行こうって気になったんです。
製本に関しては 現代手工業乃党のボク達らしく
どこまでも 手作りでしたけどね。




チェンジメーカー
チェンジメーカー 2
社会企業家という仕事

渡邊奈々 著
出版 : 日経BP出版センター

社会企業家という言葉を聞いたことがありますか?
「社会福祉」というのと「お金儲けの起業」との造語です。
お涙頂戴の古くさい社会福祉だけでもないし、
儲かれば勝ちというビジネスだけでもない。
あたらしい起業の在り方のようです。

困っている人々のためになる物資やサービスを提供しながら
それでも利益を出す会社を運営するって
かなり難しそうですよね。
それをやっちゃってる人々が世界にはいるんですね。
この2冊で35人くらい紹介しているんですが凄いのは
彼らの凄まじい行動力なんですよ。
NPOの経営ってボランティアじぁなくて
ちゃんと適正な運営ができるんじゃねーのかって
やる気の湧く一冊です。




今年の夏 暑かったですよねー
何だったんだろ アレ


清水薫 (1970生)
金属工房を経て、株式会社IDEE入社、IDEE WORKSHOPにて商品開発と製作を行う。
96年、EXIT METAL WORK SUPPLYを設立。
金属で物を作りながら考える事を中心に、家具・什器のデザイン、自社工房での製造、及び企業に対してのプロダクトデザインやマテリアルの開発等を行う。
2007年より既製品什器の製造・販売を開始。
メーカーを目指してみる。メーカーカタログサイト



#069 2010.09 モノ作り 今昔
#068 2010.08 上海見聞録
#067 2010.07 香港見聞録
#066 2010.06 現代手工業展2010
#065 2010.05 展示会の準備 その2
#064 2010.04 展示会の準備 その1
#063 2010.03 展示会について
#062 2010.02 NPOについて
#061 2010.01 新年のご挨拶
#060 2009.12 星のや京都
#059 2009.11 先人達に学ぶ
#058 2009.10 ビルの壁面のアート
#057 2009.09 rooms 19
#056 2009.08 日本のモノ作りについて思うことを少々
#055 2009.07 ハイテクなモノ作り
#054 2009.06 部屋を彩るもの ホームアクセサリー展
#053 2009.03 ホームアクセサリーを作る その1
#052 2009.02 EXIT この春の開発
#051 2009.01 両テは強えのか!2009
#050 2008.12 EXIT 今年の開発
#049 2008.11 井口産業の井口君
#048 2008.10 やさしいコンクリート KITSUJI
#047 2008.08 誰かの為のギフト&トロフィー展
#046 2008.07 トロフィーを作る
#045 2008.06 トロフィーをいじる
#044 2008.05 iron I(アイアンアイ)
#043 2008.04 現場で使える英会話
#042 2008.03 ロートアイアンのパーツのことならレッキーメタル オーナメント ジャパン
#041 2008.02 浦安
#040 2008.01 「溶接します。」
#039 2007.12 「ガス切りをやります。」
#038 2007.11 「パイプを曲げます。」
#037 2007.10 「鍛造やります。」
#036 2007.09 読書の秋
#035 2007.08 トラスボックス/EXIT 今月の開発
#034 2007.07 百合の義星/EXIT 今月の開発
#033 2007.06 協同して開発しています/EXIT今月の開発/平松工業 仕事展
#032 2007.05 什器のメーカーになってみよう
#031 2007.04 「モノ作り」白書
#030 2007.03 studioMIRA 太田彩子さん
#029 2007.02 工業用ネジからアートネジまで特殊ネジのことならなんでも 川端ネジ製作所
#028 2007.01 hitin metals 佐藤江利子さん
#027 2006.12 切れなくなったドリルの刃を研ぐ
#026 2006.11 チタンのことならなんでも 株式会社ティグ
#025 2006.10 建築金物全般と鉄の素地をそのまま見せる表面コーティングの研究と開発
株式会社 フロント
#024 2006.09 サンドブラストのことなら何でも 株式会社 仁木鍍研工業所
#023 2006.08 人の暮らしとすまいのために 株式会社マキタ
#022 2006.07 中古機械のことなら 北区 尾久 中古機械屋通り
#021 2006.06 作りながら考えてます
#020 2006.05 世界最高レベルのアルミ精密板金 株式会社 渓水 エアロコンセプト
#019 2006.04 電動工具の修理のことならなんでも 宮本電池株式会社
#018 2006.03 石材のことならなんでも 丸太石陶材株式会社
#017 2006.02 パイプ等の曲げ加工のことならなんでも アール産業 牧
#016 2006.01 RECENT WORKS
#015 2005.12 テーパーパイプのことなら 千葉テーパー製作所
#014 2005.11 コンクリートプロダクトならなんでも 立基建材工業株式会社
#013 2005.10 アルミ鋳造のデザインエンジニア オーシャンビートル(有)
#012 2005.09 ハンガーのことならなんでも 株式会社タヤ
#011 2005.08 木材のことならなんでも 岡崎製材株式会社
#010 2005.07 ステンレスデパート 株式会社 大誠工材
#009 2005.06 金属のリサイクルのことならなんでも ツチヤ産業株式会社
#008 2005.05 鉄鋼材料と加工品のことならなんでも 井口産業株式会社
#007 2005.04 HIZUKI
#006 2005.03 家具の物流から施工まで 株式会社オカムラ物流
#005 2005.02 プラスチックのことならなんでも 新興プラスチックス株式会社
#004 2005.01 GLASSとMIRRORの総合カンパニー 株式会社ティー・エイ・エヌ
#003 2004.12 ネジのことならなんでも 島崎鋼業株式会社
#002 2004.11 近藤康夫デザイン事務所代表 近藤康夫さん
#002 2004.11 TIME&STYLE代表 吉田龍太郎さん
#002 2004.11 STANDARD TRADE. 渡邊謙一郎
#001 2004.10 展示会