モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > モノ作りの現場から > EXIT METAL WORK SUPPLY 清水薫 #006



今回は(株)オカムラ物流の東京支店 首都圏開発センターの主任、柴生田 章さんにお話をうかがいました。





清水 いつもお世話になっております。
オカムラ物流さんは他の運送会社さんとは
一味違ってますよね。
どのように発展されてきたのですか?

柴生田さん 歴史から言うと、まず、岡村製作所の製品を
工場から倉庫へ輸送する部署でした。
その後、倉庫から配送までする事となり、
岡村興産という会社になるんです。
それから、配送エリアが岡村本体の営業所の
広がりと共に全国に展開してゆきました。
同じ岡村グループ内に、施工をしている
別の会社がありまして、そこと合体して
オカムラ物流となりました。

清水 岡村製作所さんの場合、
あそこまで大きなオフィス家具メーカーですからねー、
なるほど、そこらへんからして、
いわゆる普通の運送会社とは違うんですね。
つまり、1つ目はダンボールに入っていれば、
食品でも衣類でも何でも運ぶ運送会社ではなくて、
家具の製造メーカーの運送部署が、
より家具を運ぶ事に専念するために
発展してできた運送会社である事、
2つ目は施工会社とドッキングしてできた
運送会社だから、施工業務の協力としての物流、
つまり工場から現場への運搬・搬入・設置を
してきたという事ですね。
この2点は確かに他の運送会社とは一味違った
物流形態をなしてますよね。

柴生田さん そうですね、家具の物流と施工という
トータルな流れを全国規模にて行っています。



清水 実は私、昔、イデーという家具屋の倉庫で
働いていた事がありまして、
いや、まさに規模こそ違え、
家具の物流という事にかかわっていました。
朝出社して、まず、バンに乗って都内を
渋滞をかわしながら家具を納品、
それから業者にパーツを引き取りに行って、
倉庫に戻って、家具の組み立て、ダンボールに梱包、
運送屋さんのトラックに荷物を積み込んで出荷、
そして在庫の管理、夜は施工現場のアシスタント(笑)、
いやー本当に勉強になりましたよ。
家具が出来上がるまでの物流と管理、
そして家具が出来上がってからの無事に運ぶ
っていう事が、どれだけ大変なのかって事が
良く分かりましたからね。

柴生田さん そうなんですか(笑)。

清水 だからEXITとして独立した後も、
作った製品を運ぶという事に関しては、
とてもスムーズにいきました。
少なからず私なりのノウハウがありましたから、
地方発送を主に依頼していたのは主にT社でした。
配送の安全面から言って、S社よりもF社、
F社よりT社でしたからね。
しかしそのうち作る物が大掛かりになってきて、
遠方の現場の施工にも関わるようにもなってきて・・・。
工事中のデパートの中に閉店後納品とか・・・、
しかもとてもじゃないけど
ダンボールに梱包しただけでは送るのが怖いような
鉄とガラスのショーケースや大きなシャンデリア、
もしくは少々の組み立てが必要な
大きな家具とか・・・。
それなのにチャーター便を使える予算も出なくて・・・。
そんなこんなでとても困っていたんですよ、
何年前でしたか・・・。
で、タイムアンドスタイルさんに
オカムラ物流さんの事を聞いて・・・、
さっそく紹介してもらいました(笑)。
いやー、あの時は嬉しくて、
こんな運送会社があったのかってね。
やっぱり、引っ越し屋上がりの会社
じゃねーよなーって(笑)。




柴生田さん やっぱり家具の物流をしてきた歴史と、
その積み重ねによる事業形態の改善を
繰り返してここまで来たという事ですよね。
岡村製作所は、昔、各営業所にそれぞれ
違った運送会社さんがくっついていたわけですよ。
で、営業所が全国に展開していくにしたがって、
配送エリアも拡大していって・・・、
そうすると配送の無駄をなくすために、
配送センターを作って物流の集中コントロールを
するべきだという事になったわけですよ。
岡村製作所は実際、当時世の中では
かなり早くにシステムをオンラインで立ち上げた
会社なんですよ。
それもあってオカムラ物流としては、
横浜に大きな配送センターを作って、
物流の合理化と人材の育成を始めたんですよ。

清水 なるほど、実はオカムラ物流さんのドライバーや
スタッフの方々が、品が良いというか、インテリでね。
ちょっと驚いていたんですよ。
こんな言い方をしたら誤解を招くかもしれませんが、
運送業の方々ってガラ悪い人、
結構多いじゃないですか(笑)。
いや、僕はいいんですけど、
気にしませんから・・・(笑)。
けど、お客さんから評判がいいんですよ。
とてもしっかりとしたドライバーの方が来たって・・・。
多分、ガラとか人相がどうのこうのだけじゃなくてね(笑)。
「オレ運ぶだけだからさー、
この荷物が何なんだか知らねーし。
さっさと荷物を降ろして帰りてーんだけどよっ!」
ていう風じゃなくて、
「これを無事に運んで、設置して、確認して、
梱包の残材も引き取って、
仕事を終わらせて帰ります。」
っていうところが、周りの人々が見ていて、
スゴイなーって思うんでしょうね。




柴生田さん 実際、オカムラ物流として社内のドライバーや、
アウトソーシングとしての社外のドライバーに
対しても、いろいろとマニュアルを指導していますし、
今ままでのノウハウのレクチャーも行っています。
全国からドライバーを集めて、
横浜でドライバーコンテストとかもしてますし(笑)。
施工に絡む新製品なんか出ると、
その都度勉強会もしています。
あと、オカムラ物流の強みといたしましては、
横浜物流センター、大阪物流センターを中心に、
札幌から沖縄まで、全国に20ヶ所以上の
物流センターを持っていて、
そこでのすべての荷物は集中管理された中で
それらの物流リレーセンターを通して
全国に配送されていて、
荷物の積み降ろしに関しては必ず
ツーマン(2名作業)で行われていて、
しかもそのすべての荷物は家具だけなのです。

清水 家具専門の物流で、しかも、ツーマンで運んで
くれるというのはこちらとしてはすごく安心なんです。
この前、横浜の物流センターに荷物を預けに
行った時、とてもキレイに整理されていて、
管理が届いてるんだろーなー、
って感じて帰ってきたんですよ。
あと、印象強かったのが、古い家具の
スクラップの山をね、一生懸命リサイクルのために
分別して分解している人がいたんですよ。
なんか企業としての向上心みたいなものを
御社から感じたんですよ。
実際、とても地味な作業じゃないですか。
いやー本当に勉強になります。

今日はどうもありがとうございました。
これからも頑張ってください。



株式会社オカムラ物流
所在地
(東京支店)
〒101-0054
東京都千代田区神田錦町1-27 ロータリービル8階
業務内容 家具の運送全般
TEL 03-5283-6936
フリーダイヤル 0120-830-129
URL http://www.okl.co.jp
サガシモノ (株)オカムラ物流

清水薫 (1970生)
金属工房を経て、株式会社IDEE入社、IDEE WORKSHOPにて商品開発と製作を行う。
96年、EXIT METAL WORK SUPPLYを設立。
金属で物を作りながら考える事を中心に、家具・什器のデザイン、自社工房での製造、及び企業に対してのプロダクトデザインやマテリアルの開発等を行う。
2007年より既製品什器の製造・販売を開始。
メーカーを目指してみる。メーカーカタログサイト



#069 2010.09 モノ作り 今昔
#068 2010.08 上海見聞録
#067 2010.07 香港見聞録
#066 2010.06 現代手工業展2010
#065 2010.05 展示会の準備 その2
#064 2010.04 展示会の準備 その1
#063 2010.03 展示会について
#062 2010.02 NPOについて
#061 2010.01 新年のご挨拶
#060 2009.12 星のや京都
#059 2009.11 先人達に学ぶ
#058 2009.10 ビルの壁面のアート
#057 2009.09 rooms 19
#056 2009.08 日本のモノ作りについて思うことを少々
#055 2009.07 ハイテクなモノ作り
#054 2009.06 部屋を彩るもの ホームアクセサリー展
#053 2009.03 ホームアクセサリーを作る その1
#052 2009.02 EXIT この春の開発
#051 2009.01 両テは強えのか!2009
#050 2008.12 EXIT 今年の開発
#049 2008.11 井口産業の井口君
#048 2008.10 やさしいコンクリート KITSUJI
#047 2008.08 誰かの為のギフト&トロフィー展
#046 2008.07 トロフィーを作る
#045 2008.06 トロフィーをいじる
#044 2008.05 iron I(アイアンアイ)
#043 2008.04 現場で使える英会話
#042 2008.03 ロートアイアンのパーツのことならレッキーメタル オーナメント ジャパン
#041 2008.02 浦安
#040 2008.01 「溶接します。」
#039 2007.12 「ガス切りをやります。」
#038 2007.11 「パイプを曲げます。」
#037 2007.10 「鍛造やります。」
#036 2007.09 読書の秋
#035 2007.08 トラスボックス/EXIT 今月の開発
#034 2007.07 百合の義星/EXIT 今月の開発
#033 2007.06 協同して開発しています/EXIT今月の開発/平松工業 仕事展
#032 2007.05 什器のメーカーになってみよう
#031 2007.04 「モノ作り」白書
#030 2007.03 studioMIRA 太田彩子さん
#029 2007.02 工業用ネジからアートネジまで特殊ネジのことならなんでも 川端ネジ製作所
#028 2007.01 hitin metals 佐藤江利子さん
#027 2006.12 切れなくなったドリルの刃を研ぐ
#026 2006.11 チタンのことならなんでも 株式会社ティグ
#025 2006.10 建築金物全般と鉄の素地をそのまま見せる表面コーティングの研究と開発
株式会社 フロント
#024 2006.09 サンドブラストのことなら何でも 株式会社 仁木鍍研工業所
#023 2006.08 人の暮らしとすまいのために 株式会社マキタ
#022 2006.07 中古機械のことなら 北区 尾久 中古機械屋通り
#021 2006.06 作りながら考えてます
#020 2006.05 世界最高レベルのアルミ精密板金 株式会社 渓水 エアロコンセプト
#019 2006.04 電動工具の修理のことならなんでも 宮本電池株式会社
#018 2006.03 石材のことならなんでも 丸太石陶材株式会社
#017 2006.02 パイプ等の曲げ加工のことならなんでも アール産業 牧
#016 2006.01 RECENT WORKS
#015 2005.12 テーパーパイプのことなら 千葉テーパー製作所
#014 2005.11 コンクリートプロダクトならなんでも 立基建材工業株式会社
#013 2005.10 アルミ鋳造のデザインエンジニア オーシャンビートル(有)
#012 2005.09 ハンガーのことならなんでも 株式会社タヤ
#011 2005.08 木材のことならなんでも 岡崎製材株式会社
#010 2005.07 ステンレスデパート 株式会社 大誠工材
#009 2005.06 金属のリサイクルのことならなんでも ツチヤ産業株式会社
#008 2005.05 鉄鋼材料と加工品のことならなんでも 井口産業株式会社
#007 2005.04 HIZUKI
#006 2005.03 家具の物流から施工まで 株式会社オカムラ物流
#005 2005.02 プラスチックのことならなんでも 新興プラスチックス株式会社
#004 2005.01 GLASSとMIRRORの総合カンパニー 株式会社ティー・エイ・エヌ
#003 2004.12 ネジのことならなんでも 島崎鋼業株式会社
#002 2004.11 近藤康夫デザイン事務所代表 近藤康夫さん
#002 2004.11 TIME&STYLE代表 吉田龍太郎さん
#002 2004.11 STANDARD TRADE. 渡邊謙一郎
#001 2004.10 展示会