モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > モノ作りの現場から > EXIT METAL WORK SUPPLY 清水薫 #020



株式会社 渓水のボス 菅野敬一さん 超クールなプロダクトをデザインして製造するかっこいい55歳

今回はアルミ精密板金でボーイングや新幹線のパーツを作っている株式会社渓水さんにおじゃまして、
ボスの菅野敬一さんにAERO CONCEPTについてお話を伺ってきました。


Fender by AERO CONCEPT
ギターケース


ギターケースの内部
「、、、狂ってる、、、。」by 清水薫


ギターケース内部のディテール
「超クールです」by 清水薫
©keiswi



AERO CONCEPT
アルミと革のコンビのかばん
©keiswi



5月1日よりこの夏限定発売開始の名刺ケース『EMIJAH '06ETE 』
©keiswi



人気の定番商品『Slim Porter』
©keiswi



『Porter Jacket』
©keiswi



『SuperTransporter』
©keiswi


『PortFolio』
©keiswi


『Lumignon』
©keiswi


『Lumignon』
©keiswi


『Lumignon』
©keiswi


『LunettesPorter』
©keiswi



『PenCase』
©keiswi


アパレルメーカーのコレクション用に作られたかばん『Oogi』
©keiswi


アパレルメーカーのコレクション用に作られたかばん『Unagi』
©keiswi


『Bassoon case』
TAKEDA BASSOON
by AERO CONCEPT


菅野さんが家具を作ったらこうなります。(ほんの一例)


本業?のボーイングや新幹線のパーツ


(ユマ・サーマンがエアロコンセプトの化粧品入れをもって微笑んでいる写真を見ながら、、、)

清水 ユマ・サーマンじゃないですか?

菅野さん そう。いや、知り合いを通じて、、、
コレが欲しいってゆうから、、、

清水

エリック・クラプトンもエアロコンセプトのギターケース持ってるんでしょ。

菅野さん うん。話の始まりはね、ビル・ウォールっていう
シルバーアクセサリーをやってる人がいてね、
クロームハーツのお師匠さんなんだそうだよ、
その人がエアロコンセプトの名刺入れを
使ってくれてたみたいでね、ご夫婦で。
で、元ビームスの名物バイヤーの星名一郎さんも
エアロコンセプトのアルミのカバン持っててね、
でその二人で会って話してた時に
「アレ、そのアルミのカバン、オレの名刺入れつくった
同じヤツが作ったんじゃないの?」って話になって、、、。
で、この人きっとギターケース作れるんじゃないかなぁ
って事になったんだって(笑)。

清水 勝手ですねー(笑)。

菅野さん で、ギターケースを作って星名さんに渡したら、
ビル・ウォール経由でエリック・クラプトンに
渡ったらしい、、、
で、もう、えらい喜んでたよって言ってた。
そしたらフェンダーの方にもいっちゃって、
けど、フェンダー側としては最初はこのギターケース
売るとしたら一個 1万ドル以上はするだろうから
ビジネスにはならないって言って否定的だったんだ。
だけど後でフェンダーの副社長が出て来て
「1万ドルなんて関係ねーよ。
音楽を通じてアメリカンドリームをやって来たウチが
この凄いギターケースを売らなくて誰が売るんだょ。」
って言ったんだって。
で「コレを作った菅野ってヤツの顔が見たいから
ちょっと来てくんねぇか」と(笑)。

清水 強引だなぁー(笑)。

菅野さん で、初めてアメリカ行ってさ、アリゾナに行ってさ、、、
話してきて、、、でのんびりやりたいって言ったら、
じゃそれでいいって言うから、、、
まぁ名前の方は「FENDER by AEROCONCEPT」
ってことで、、、。

清水 スゴイなぁ、、、菅野さんって
オレ達みたいな製造業者の夢ッスよ、、、。

菅野さん 夢かぁ、、、
まぁ夢みて暮らしてるからなぁ(笑)、、、。
でも、こんだけ貧乏人が
夢見っぱなしもツライけどね(笑)。
だから少しづつ夢が実現してゆくことが嬉しいね。
ウチはじいさんの代から精密板金ってのをやってて、、、
昔はNCなんて機械はないわけよ、
もう、全部いわば手作りでね、、、
オヤジの代もそうだった、、、
オレは機械は入れてるけど気持は今でもそうだね、、、。
若い方たちが清水君みたいに自分で会社を起こして
がんばってるんならね、周りにいくら反対されても
信じた事だけは絶対間違いないからね、、、。
なんで間違いないかって言うと、
信じたって事はその人が信じたってことで、
周りが信じてなくてもいいの、、、。
だから絶対あきらめないでほしいの、、、。
オレも途中で挫折の連続だからね。
一回は死のうと思ったくらい辛いどん底も見たし、、、
けどね、その時、オレあと生きんの30年でいいや
って決めたんだ、、、。
やりたい事を30年でやるためには
今なにすりゃいいんだって考えたの。
あの日から今日でちょうど13年、、、やりたかった事が
ちょっとづつ叶ってきてうれしいよ、、、。
実は今イタリアからオファーが来てて、
エアロコンセプトを販売したいって、、、。
こんなオレでもね、周り大反対で
ここまで来たのよ(笑)、、、。
つまりね、カバンを作りましたと人に見せると
10人中9人は「こんなの売れないしボクも欲しくない。」
って言われた(笑)、、、。
ただね、オレが良かったのは
売る気がなかったから、、、(笑)。
元々 自分で使いたい図面入れを
自分で作っただけだったから、、、。
でね、オレはデザインの事なんて何も知らないんだけど、
ずうっと今まで携わって来た板金の加工、
その中でも飛行機の部品づくりが多かったから
飛行機の構造体ってはすごく興味があったわけ。
で、この形になったってだけの話なんだ。
穴が開いているのは軽くするためなんだよね、、、。
けど周りの人がさぁ
「おまえ そんな穴だらけのデザインはねぇだろぅ!」
とかさ、、、。
なんか形にするとなんでも「デザイン」って
言うじゃない(笑)、あれ何だろうね、、、。
オレはデザインはできない、、、
半信半疑だよね、、、。
けど、ずうっと半信半疑でもいいのかなぁって、、、
自信のなさとね、、、デザインができないっていうのは
オレ本音で言ってるんでね、
べつに謙遜で言ってるんじゃなくてね(笑)、、、
どういう評価でもいいの、
お客さんによろこんでもらえてるんであればね、、、
「ありがとうございますっ!」って感じよ。
ただね、自分の中の自信のなさがね、
その自信のなさこそがね、、、
自分の出来る事をハッキリ見せてくれるような気がしてね、、、。

清水 (天を見ながら)うぉー、、、、、、。

菅野さん あのさ、いいデザインですねって言われるとさ、
オレってデザイナーなのかなぁなんて
勘違いしちゃうと怖いわけよ(笑)。
元々売ろうと思って何かを企画して
作り始めたんじゃないってとこもね、、、
大事にしなきゃいけないと思うのよ。
売れなくてもいいんだ、オレが欲しいんだから
作ったんだっていうところをもってないと、、、
実はここはすごく大事なんで、、、。
オレは作るとき まず絵かいて、図面書いて、、、
って絵かきながらも加工方法ってのが
身に付いちゃってるからさ、、、
ここ曲げんのキツイよなっていう絵は(笑)、、、
なかなか書けないよね、、、もうナリワイでね、、、。

清水 、、、エアロコンセプトの今後は、、、?

菅野さん あとは 夢は世界へっていう気持が
オレの中にずうっとあるよね。
こないだファゴットっていうオーケストラの、
管弦楽の楽器のケースを作って、、、
あとバイオリンのケースも作ってくれって言われてるし、、、
フルートとかいろいろな楽器のケースを
作って行きたいなぁって思ってるよ。
今まである楽器ケースっていう概念は
ありがたい事にオレの頭の中にはないモンで(笑)、、、
カバン屋じゃないヤツがカバンつくってんだからね。
飛行機部品屋が作ったら
楽器ケースがこうなりましたってね。
そこに仮にデザインって言われる部分が
もしあるとしたならそれは個人がもっている
オレはこんなんが好きだっていうエモーション、、、
それはあるかも知れないよね、、、。
けどそれはだれもが持ってるものだからね、、、。

清水 まさに現代手工業だょなぁ、、、。
菅野さん、今度の6月にね
新宿のリビングデザインセンターOZONEって所で
現代手工業乃党の展示会をするんですけど
見に来ていただけますか?

菅野さん もちろん伺いますよ。

清水 そこで見て頂いてオレ達のやってること、
作ってるモノをもし認めていただけたら、、、
その次の現代手工業乃党の展示会に
参加していただけませんか?

菅野さん (笑)なんだよ その妙な謙虚は(笑)、、、。
認めてるよ、、、もちろんだよ。

清水 ありがとうございます。ガンバリます。(笑)

菅野さん 清水くんってオレと一緒で
デザイナーって呼ばれるのイヤかもしれないけど、
もうちょっとボクよりはあるんだよね。

清水 何がですか?

菅野さん いや、、、あんだよ、、、
形やディテールへのこだわりみたいなモンがさ、、、。
オレは知ってるよ。
君の作って来たモノを見てきてるから。

清水 今まで、作りたいモノを作ってきて
「オレは何が好きなんだろう」
って自問自答を繰り返して来て、、、
「オレは何を作りたいんだ、、、?
オレらしいって何だ、、、?オレって何だ、、、?」
ってやってると作ったモンに
「オレ」が出ちゃうじゃないですか。
その生々しさが一点モノで作るプロダクトに
表せたらなぁって思ってます。

菅野さん モノ見ると分かるよね、、、。
モノは結果そうなるし、、、
どうゆう結果がでるかはその人のナリだよね、、、。
オレはね、モノは人の手に渡った後で
いっぱいしゃべると思っているよ。
オレも好きなモノを持ってると
そのモノがオレに話しかけてくるのね。
それはどういうことかって言うと
そこに作り手の魂が入っていて
「オレは好きで好きで作ってんだよ」
っていう気持がね、、、
少しは乗り移ってるんじゃねぇかなって気がするのね、、、。
オレはねガキの頃から工場にいて、
工場の倅に生まれてモノ作りが好きで
こうやってきたんだけど、、、
オレが職業選んだんじゃないんだなぁって、
このアルミ板金加工っていう職業が
オレを選んだんだなぁって、、、
「菅野おまえがやんなさい」って。
職業がいってくれたんだなって、
そんな気がしてんだよね。
清水くん、あんたもそうだよ、、、
あんたがやんなさいって言われてるんだよ、、、。
こうやって話してるけど、今でも仕事始めた時と
同じような不安もまだ抱えてるし、臆病だし、
自信がないし、でもその自信のなさこそ、
「じゃあオレは何できんの」ってゆうのを
教えてくれるんだよね、、、。


最近スポーツ・芸能・音楽・科学技術などで世界で活躍する日本人がいて嬉しい限りですが、
ここにも一人そんな方がいらっしゃいました。
現代手工業とは伝統工芸というものの延長線上にある最新のスタイルだと思うのです。
その現代手工業のなかでも最先端を行く菅野敬一さんを現代手工業家の大先輩として
ぼくは超リスペクトしています。
これからも頑張ってください。


株式会社 渓水
所在地 埼玉県鳩ケ谷市八幡木3-8-10
業務内容 アルミ精密板金
TEL 048-286-8800
FAX 048-286-8802
MAIL info@seimitu.com
URL http://www.seimitu.com/
サガシモノ 株式会社 渓水

清水薫 (1970生)
金属工房を経て、株式会社IDEE入社、IDEE WORKSHOPにて商品開発と製作を行う。
96年、EXIT METAL WORK SUPPLYを設立。
金属で物を作りながら考える事を中心に、家具・什器のデザイン、自社工房での製造、及び企業に対してのプロダクトデザインやマテリアルの開発等を行う。
2007年より既製品什器の製造・販売を開始。
メーカーを目指してみる。メーカーカタログサイト



#069 2010.09 モノ作り 今昔
#068 2010.08 上海見聞録
#067 2010.07 香港見聞録
#066 2010.06 現代手工業展2010
#065 2010.05 展示会の準備 その2
#064 2010.04 展示会の準備 その1
#063 2010.03 展示会について
#062 2010.02 NPOについて
#061 2010.01 新年のご挨拶
#060 2009.12 星のや京都
#059 2009.11 先人達に学ぶ
#058 2009.10 ビルの壁面のアート
#057 2009.09 rooms 19
#056 2009.08 日本のモノ作りについて思うことを少々
#055 2009.07 ハイテクなモノ作り
#054 2009.06 部屋を彩るもの ホームアクセサリー展
#053 2009.03 ホームアクセサリーを作る その1
#052 2009.02 EXIT この春の開発
#051 2009.01 両テは強えのか!2009
#050 2008.12 EXIT 今年の開発
#049 2008.11 井口産業の井口君
#048 2008.10 やさしいコンクリート KITSUJI
#047 2008.08 誰かの為のギフト&トロフィー展
#046 2008.07 トロフィーを作る
#045 2008.06 トロフィーをいじる
#044 2008.05 iron I(アイアンアイ)
#043 2008.04 現場で使える英会話
#042 2008.03 ロートアイアンのパーツのことならレッキーメタル オーナメント ジャパン
#041 2008.02 浦安
#040 2008.01 「溶接します。」
#039 2007.12 「ガス切りをやります。」
#038 2007.11 「パイプを曲げます。」
#037 2007.10 「鍛造やります。」
#036 2007.09 読書の秋
#035 2007.08 トラスボックス/EXIT 今月の開発
#034 2007.07 百合の義星/EXIT 今月の開発
#033 2007.06 協同して開発しています/EXIT今月の開発/平松工業 仕事展
#032 2007.05 什器のメーカーになってみよう
#031 2007.04 「モノ作り」白書
#030 2007.03 studioMIRA 太田彩子さん
#029 2007.02 工業用ネジからアートネジまで特殊ネジのことならなんでも 川端ネジ製作所
#028 2007.01 hitin metals 佐藤江利子さん
#027 2006.12 切れなくなったドリルの刃を研ぐ
#026 2006.11 チタンのことならなんでも 株式会社ティグ
#025 2006.10 建築金物全般と鉄の素地をそのまま見せる表面コーティングの研究と開発
株式会社 フロント
#024 2006.09 サンドブラストのことなら何でも 株式会社 仁木鍍研工業所
#023 2006.08 人の暮らしとすまいのために 株式会社マキタ
#022 2006.07 中古機械のことなら 北区 尾久 中古機械屋通り
#021 2006.06 作りながら考えてます
#020 2006.05 世界最高レベルのアルミ精密板金 株式会社 渓水 エアロコンセプト
#019 2006.04 電動工具の修理のことならなんでも 宮本電池株式会社
#018 2006.03 石材のことならなんでも 丸太石陶材株式会社
#017 2006.02 パイプ等の曲げ加工のことならなんでも アール産業 牧
#016 2006.01 RECENT WORKS
#015 2005.12 テーパーパイプのことなら 千葉テーパー製作所
#014 2005.11 コンクリートプロダクトならなんでも 立基建材工業株式会社
#013 2005.10 アルミ鋳造のデザインエンジニア オーシャンビートル(有)
#012 2005.09 ハンガーのことならなんでも 株式会社タヤ
#011 2005.08 木材のことならなんでも 岡崎製材株式会社
#010 2005.07 ステンレスデパート 株式会社 大誠工材
#009 2005.06 金属のリサイクルのことならなんでも ツチヤ産業株式会社
#008 2005.05 鉄鋼材料と加工品のことならなんでも 井口産業株式会社
#007 2005.04 HIZUKI
#006 2005.03 家具の物流から施工まで 株式会社オカムラ物流
#005 2005.02 プラスチックのことならなんでも 新興プラスチックス株式会社
#004 2005.01 GLASSとMIRRORの総合カンパニー 株式会社ティー・エイ・エヌ
#003 2004.12 ネジのことならなんでも 島崎鋼業株式会社
#002 2004.11 近藤康夫デザイン事務所代表 近藤康夫さん
#002 2004.11 TIME&STYLE代表 吉田龍太郎さん
#002 2004.11 STANDARD TRADE. 渡邊謙一郎
#001 2004.10 展示会