モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > モノ作りの現場から > EXIT METAL WORK SUPPLY 清水薫 #025



株式会社フロントは、内外装、サッシ、門扉や手すりなどの建築用金属内外装製品の設計・製作などをしながら、
鉄の素地をそのまま見せる表面コーティングの研究と開発をしている会社です。
僕も鉄の素地をそのまま見せる表面仕上げが好きだし、そうやって物を作ってきました。
ただ表面処理といえば、つや消しクリアで終わらせていました。

錆びた鉄の風合いをお客様から希望された時は、
鉄に薬品をかけて錆を発生させた後にやっぱりツヤ消しクリアでした。
そうすると、触らない分にはいいんですけど、触るとやっぱり錆が手についたりするんです。
あと時間がたつと、金属表面とクリアの被膜の間で錆が進行するので
錆の被膜が浮いてきて、日焼けした皮膚のように剥がれてくる感じが出てしまうのです。
それってしょうがないんだろうな、って思ってました。
強い表面コーティングとしてはメッキとか粉体塗装とかはあるのは知っているし、
用途に応じてはそれらも使ってきましたが、
やっぱり鉄の素地をそのまま見せる透明のコーティングというのはそんなに強いものはないと
今まで言われてきたので半ばあきらめていたところです。

そんな中、鉄の素地をそのまま見せる透明の強いコーティングがあると聞き、
しかもそのコーティングの強さは建築の外壁にまで使用可能というので「本当ですか?」という気持ちの中、
株式会社フロントの市場開発部 エコパネル担当課長 志賀啓助さんに
「ニューラスティ仕上」と「スーパーC.F.C仕上」についてお話をうかがってきました。


「ニューラスティ仕上(左)」と
「スーパーC.F.C仕上(右)」のエコパネル


株式会社フロントの
市場開発部 エコパネル担当課長
志賀啓助さん


40年間外壁に使用されていた耐候性鋼のサンプル


エコパネル(ニューラスティ仕上)を説明してくれる志賀さん


エコパネルの施工方法のひとつ「マグネット・ファスナー併用工法」


このように壁面にマグネットテープと特殊なマジックテープを貼って、エコパネルを固定する方法


この工法は内装壁にしか使えませんがエコパネルを何度でも付けたり外したりできます。


ですので、店内の分電盤や消防灯などの目隠しや、壁面を使ったサインやグラフィックの変更が簡単にできます。


「スーパーC.F.C仕上」にバイブレーションをかけた「スーパーC.F.C-N仕上」によるテーブル。


エコパネルは、木と違って薄板の状態でいろいろと加工ができます。
例えばプラズマテレビ内臓壁とか、、、


「エコパネルハンガー工法」を説明してくれている志賀さん。


「エコパネル化粧ボルト工法」にて作られたR壁。

清水 鉄が好きなお客様から頼まれて、
お店の棚などを鉄の素地を見せる感じで
作ることがあるのですが、
本体のフレームはそうするにしても、
棚板の部分に関しては鉄を使うのを避けてきました。
というのは鉄板の上に商品を乗っけると、
商品が汚れるからです。
「ニューラスティ仕上」と「スーパーC.F.C仕上」なら
大丈夫だって本当ですか?

志賀さん ええ、大丈夫です。
私共はですね、耐候性鋼というものを使っているんですが、
普通のスチールだと錆が中へ侵食しますよね。
けど耐候性鋼の場合は銅、燐(リン)、クロム
などが若干入っているんですが、
銅の影響で錆が中に侵食しないんですよ。
40年前に建築の外壁で使用した耐候性鋼の
サンプルがあちらにあるんですが、
錆が全く中に侵食しておりません。
40年間外壁に使用しても
なんら損傷が無かったんですよ。

清水

本当ですか?

(サンプルを見に行く)

志賀さん これ40年、外で使用されていた耐候性鋼です。
ええ、しかも裸体で。

清水 (上からサンプルの小口を見ながら)
うわぁー。侵食してないですね。へぇー、すげぇ。

志賀さん もともとこの耐候性鋼というのは
メンテナンスの難しい山間部の橋梁などを
作るために開発された特殊鋼なんですね。
だから今でもそのほとんどは
そういう用途に使われている鋼材なんです。
で、橋で使いますよね、
自然に風化するその磨耗率っていうんですかね、
基準としては100年で0.5mmだそうです。
ですからそういう点でも
いかにこの耐候性鋼というのが優れた素材かと
お分かりいただけると思うんですが。
で、もうひとつは耐候性鋼に出る錆について
なんですが、普通の鉄に出る錆に比べて
固着率が高いんですね。
くっついてるんですよ、ぴったり。
錆っていうのは基本的にのっかってるだけなので、
普通鋼に出た錆なんかは浮いてしまって
大きな面積で剥がれるなんて話を聞きますけど、
耐候性鋼の場合はそんなことはないですね。

清水 へぇー、そうなんですか。
いいですね、耐候性鋼。

志賀さん で、その耐候性鋼の特性を生かして、
人為的に錆を作り、
表面をコーティングする「ニューラスティ仕上」を
建築材に施しているわけです。

清水 で、それが建築の外壁にまで使用可能なほど
強いわけですね。
それならニューラスティ仕上をした錆びた鉄板の上に
白いシャツを畳んで置いても大丈夫ですね。

志賀さん えぇ、大丈夫です。
たまにこの「ニューラスティ仕上」で
レジカウンターとか、テーブルトップなどに使用したい
という要望もいただいているんですが、
そのためにはさらなる表面硬度が必要で
今研究開発中です。

詳しいことは言えませんが、セラミックを使った
クリアコーティングをすることにより
約4倍の硬度が出そうで、
そうした加工をした場合、
カウンタートップにも使えますし、床面にも、
まぁ人がいっぱい歩く所は無理だとしても、
端のほうの意匠としてなら使えそうです。

清水 その強いコーティングはいつ頃
商品化される予定なんですか?

志賀さん まぁ来年の春頃ですかね。

清水 この表面コーティングのクリアの
ツヤがないところがいいですよねぇ。
こっちの鋼鉄色の方は「スーパーC.F.C仕上」ですね?

志賀さん こっちの「スーパーC.F.C仕上」の方も、
同じ耐候性鋼を使用しています。
加工法としては、クリアの前に
リン酸塩被膜処理をしています。

清水 それで外壁に使用しても
錆が出ないくらい強いんですよね。

志賀さん ええ。

清水 例えばなんですけど、僕がその耐候性鋼を使って、
例えばハンガースタンドとかシェルフとかを作って
御社に預けたら、「ニューラスティ仕上」とか、
「スーパーC.F.C仕上」とかしてくれるんですか?

志賀さん 基本的には建材として売っているので、
製作の方から私達にさせていただければなぁ
と思っておりますが、
まぁ作られる物は特殊なんでしょうから、、、
そうですね。

清水 大きさの上限ってありますか?
メッキ処理の場合、
メッキ槽の大きさによって作るものの大きさや、
分解・組立が必要になってくるときもありますので、、、

志賀さん 「ニューラスティ仕上」にしても
「スーパーC.F.C仕上」にしても、
事前に酸洗いをするんですね。
その酸洗いとリン酸塩の槽の大きさが、
長さ6m×幅3m×深さ3mで、
カゴに入れて沈めるので、
まぁそれよりも50cmずつ小さめの寸法であれば
できますよ。

清水 随分大きい槽ですねぇ。
ちなみに納期なんていうのは
どれくらいかかると思っていればいいんでしょうか?

志賀さん 工場のスケジュールにもよりますが、
カットパネル仕上なら1週間から2週間
見ておいていただければ出来ますが、
構造物なら図面承認から最長45日
見ていただいています。

清水 今度、絵を描いてファックスを送りますので、
ぜひお見積のほうよろしくお願いします。
今日はよいお話が聞けてとても勉強になりました。
ありがとうございました。
今後お付き合いの方よろしくお願いします。


株式会社 フロント
所在地 東京都新宿区高田馬場3-13-1 ノークビル
業務内容 (1)建築用金属内外装製品の開発・設計・製作・取付
(2)建設工事・リフォーム工事・設計施工
TEL 03-5386-0945(市場開発部)
FAX 03-5386-6116(市場開発部)
MAIL eco.panel@arc-front.co.jp
URL http://www.arc-front.co.jp

清水薫 (1970生)
金属工房を経て、株式会社IDEE入社、IDEE WORKSHOPにて商品開発と製作を行う。
96年、EXIT METAL WORK SUPPLYを設立。
金属で物を作りながら考える事を中心に、家具・什器のデザイン、自社工房での製造、及び企業に対してのプロダクトデザインやマテリアルの開発等を行う。
2007年より既製品什器の製造・販売を開始。
メーカーを目指してみる。メーカーカタログサイト



#069 2010.09 モノ作り 今昔
#068 2010.08 上海見聞録
#067 2010.07 香港見聞録
#066 2010.06 現代手工業展2010
#065 2010.05 展示会の準備 その2
#064 2010.04 展示会の準備 その1
#063 2010.03 展示会について
#062 2010.02 NPOについて
#061 2010.01 新年のご挨拶
#060 2009.12 星のや京都
#059 2009.11 先人達に学ぶ
#058 2009.10 ビルの壁面のアート
#057 2009.09 rooms 19
#056 2009.08 日本のモノ作りについて思うことを少々
#055 2009.07 ハイテクなモノ作り
#054 2009.06 部屋を彩るもの ホームアクセサリー展
#053 2009.03 ホームアクセサリーを作る その1
#052 2009.02 EXIT この春の開発
#051 2009.01 両テは強えのか!2009
#050 2008.12 EXIT 今年の開発
#049 2008.11 井口産業の井口君
#048 2008.10 やさしいコンクリート KITSUJI
#047 2008.08 誰かの為のギフト&トロフィー展
#046 2008.07 トロフィーを作る
#045 2008.06 トロフィーをいじる
#044 2008.05 iron I(アイアンアイ)
#043 2008.04 現場で使える英会話
#042 2008.03 ロートアイアンのパーツのことならレッキーメタル オーナメント ジャパン
#041 2008.02 浦安
#040 2008.01 「溶接します。」
#039 2007.12 「ガス切りをやります。」
#038 2007.11 「パイプを曲げます。」
#037 2007.10 「鍛造やります。」
#036 2007.09 読書の秋
#035 2007.08 トラスボックス/EXIT 今月の開発
#034 2007.07 百合の義星/EXIT 今月の開発
#033 2007.06 協同して開発しています/EXIT今月の開発/平松工業 仕事展
#032 2007.05 什器のメーカーになってみよう
#031 2007.04 「モノ作り」白書
#030 2007.03 studioMIRA 太田彩子さん
#029 2007.02 工業用ネジからアートネジまで特殊ネジのことならなんでも 川端ネジ製作所
#028 2007.01 hitin metals 佐藤江利子さん
#027 2006.12 切れなくなったドリルの刃を研ぐ
#026 2006.11 チタンのことならなんでも 株式会社ティグ
#025 2006.10 建築金物全般と鉄の素地をそのまま見せる表面コーティングの研究と開発
株式会社 フロント
#024 2006.09 サンドブラストのことなら何でも 株式会社 仁木鍍研工業所
#023 2006.08 人の暮らしとすまいのために 株式会社マキタ
#022 2006.07 中古機械のことなら 北区 尾久 中古機械屋通り
#021 2006.06 作りながら考えてます
#020 2006.05 世界最高レベルのアルミ精密板金 株式会社 渓水 エアロコンセプト
#019 2006.04 電動工具の修理のことならなんでも 宮本電池株式会社
#018 2006.03 石材のことならなんでも 丸太石陶材株式会社
#017 2006.02 パイプ等の曲げ加工のことならなんでも アール産業 牧
#016 2006.01 RECENT WORKS
#015 2005.12 テーパーパイプのことなら 千葉テーパー製作所
#014 2005.11 コンクリートプロダクトならなんでも 立基建材工業株式会社
#013 2005.10 アルミ鋳造のデザインエンジニア オーシャンビートル(有)
#012 2005.09 ハンガーのことならなんでも 株式会社タヤ
#011 2005.08 木材のことならなんでも 岡崎製材株式会社
#010 2005.07 ステンレスデパート 株式会社 大誠工材
#009 2005.06 金属のリサイクルのことならなんでも ツチヤ産業株式会社
#008 2005.05 鉄鋼材料と加工品のことならなんでも 井口産業株式会社
#007 2005.04 HIZUKI
#006 2005.03 家具の物流から施工まで 株式会社オカムラ物流
#005 2005.02 プラスチックのことならなんでも 新興プラスチックス株式会社
#004 2005.01 GLASSとMIRRORの総合カンパニー 株式会社ティー・エイ・エヌ
#003 2004.12 ネジのことならなんでも 島崎鋼業株式会社
#002 2004.11 近藤康夫デザイン事務所代表 近藤康夫さん
#002 2004.11 TIME&STYLE代表 吉田龍太郎さん
#002 2004.11 STANDARD TRADE. 渡邊謙一郎
#001 2004.10 展示会