モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > モノ作りの現場から > EXIT METAL WORK SUPPLY 清水薫 #036



皆さん9月になりました。
残暑バリバリですけど日が短くなってきてます。
確実に秋に近づいてるんですね。
今回はそんな読書の秋にオススメのモノ作りやデザインに関する本を紹介します。



世界一の職人 岡野雅行 俺が、つくる!
岡野雅行 著 中経出版

痛快です!スゴすぎて気持がいいです(笑)。
刺しても痛くない超極細の注射針を開発した方
と言えばお分かりでしょうか。
ニッポンが誇る職人業界のスーパースター
岡野雅行さんのお話です。
「金型屋の二代目を継いだ時、
今までいた従業員を全員クビにした」
「安すぎてみんなが敬遠する仕事か、
難しくて誰にもできない仕事しかやらない」
その生き様というか哲学というかもうハンパじゃありません。
昭和の時代を生きた職人さんの
ノスタルジックな昔話もなんかジーンときました。




「モノの作り方」がズバリ!わかる本
素朴な疑問研究会 編 河出書房新社

「こんなに巧い作り方わしていたなんて、、、
最初に考えついた人は、本当にエライ!」
とサブタイトルがついてますが読み終わった後
ボクも本当にそう思ってしまいました。
ミカンの缶詰のあのミカンは
だれがどうやって皮を剥いたんだろうとか
砂時計ってあれどうやって中に砂を入れたんだろうとか、
そんな疑問に「実はこのようにして作っています」と
分かりやすいイラスト付きで説明されています。
ボクはコーンフレークって
もっといろいろ手を加えてるモノだと勝手に想像してたのですが
その作り方があんまりにもそのままだったので
「おーーーっ」と唸ってしましました。
サランラップの作り方とかもおもしろかったですよ。




我らクレイジー・エンジニア主義
Tech総研 編 講談社

なんて素敵な人々なんでしょう!
人間そっくりなアンドロイドを作って人間とは?と研究してる人
空気中にリアルな3次元の映像を映し出す装置を開発した人
100%自然エネルギーなのにリニアモーターカー並みの
時速500キロで走る未来列車を作ってる人
そんな素晴らしいエンジニアが15人も紹介されています。
世界は広いし、世の中にはズイブン色々な人がいるもんだなぁー
と本気で感心してしまったし
好きで好きでもう好きな事だけ作ったり研究してるんだ
っていう人の凄まじい輝きが
世の中の古い壁みたいなもんを
ブレイクスルーさせるんだなぁって、、、感動してしまいました。




世界でもっとも美しい10の科学実験
ロバート・P・クリース 著 青木薫 訳 日経BP社

紀元前三世紀に地球は丸いと信じて
その円周を計算した人とか
とても大きな振り子を揺らして
地球が自転しているのを気づかせた人とか
プリズムをつかって光は様々な色の混合物だって
見つけた人とか
その過程と他人に分かってもらうための実験が
単純で明快でありとても説得力があって
惚れ惚れしてしまうほどに美しいんです
で、実験するのも、その実験装置を作るのも
大事なのは熟練した職人技なんですね。
科学者から実験装置の製作の依頼があって、
実験してみて、さらに精度のいい実験装置を
作る様に依頼があってって、、、
そんな理由で作り手の技術も上がっていったふしもあるんだなと
読みながら勝手に想像してました(笑)。




イサム・ノグチ 宿命の越境者 上・下巻
ドウス昌代 著  講談社

みなさんイサム・ノグチは好きですか?
ボクはすごく好きで彫刻家として家具デザイナーとしても
尊敬していたし展示会はよく見に行っていたのですが
このドキュメンタリーを読んだらもぅ自己中心的だし
幼いしズルイしスッゲー嫌なヤツで(笑)もうサイテーなの!
イサム・ノグチの薄幸な人生を彼の両親の在り方から
著者がまるで刑事か探偵のように追いつめて行く
キレイ事ナシのエグイ本です。
この本を読んだ後で
彼の作品の見方が変わってしまったのですが
それでも彼の作品の強さや繊細さ、潔さは
今でもリスペクトしています。




水源 The Fountainhead
アイン・ランド 著 藤森かよこ 訳 ビジネス社

ハワード・ロークという若い建築家の小説なんですが
1943年にアメリカで発表された古い小説だとは全く思えない
鋭くモダンな内容でとても、とても良く出来た本です。
(ちなみにアイン・ランドさんはロシア人で1926年にアメリカに亡命)
孤高の天才建築家が
世の中からボコボコに吊るし上げられながらも
自分の中の美という信念を貫いて生きる様は圧巻です。
マスコミ、金持ち、世論、流行、無能、学会、権力、見栄、
嫉妬、無知な善良性、悪意、傲慢、策略が
スゴイ勢いで渦巻く中訴えられて法廷で
「クリエイターとは、、、」と語る時はもう鳥肌です。
1030ページもある長い話なんですが、まったく飽きなかった、、、
ちなみにボクは読むのに二週間かかりましたが、、、(笑)




アイコン スチーブ・ジョブズ 偶像復活
ジェフリー・S・ヤング + ウィリアム・L・サイモン 著 井口耕二 訳 東洋経済新報社

あなたはマックユーザーですか?
ipod使ってますか?
これはアップルコンピューターの創立者スチーブ・ジョブズの
「これマジで実話っすか?」と聞きたくなってしまうほどの話です。
面白いというか、自分が関係者でなくて良かった(笑)
と思ってしまう程、強く激しくデタラメな人生、
めちゃくちゃにも程があるって、、、っていう商品開発、
だからあんなプロダクトが生まれるのかって、
思って良いのかどうか分かりませんが
当時の企画部の方々の苦労はそうとうなものだったでしょう
と涙が出ます。
クリエイティブの次元がDNAから違うとショックを受けた本です。
子供の頃のやんちゃな話から、
最初にコンピューターの原型を友達と作ってサバいて
会社を作って大きくなってドロドロの内輪もめがあって
(スゲー幼稚なのそれが!)
ピクサーでアニメ作ってディズニーと駆け引きして、
ipod作って全米の音楽業界をまとめちゃうというスゴイ話でした。

ちなみに一応ボクもマックユーザーです
(全然使いこなせてませんが、、、)




技術立国 日本の中小企業
中沢孝夫 著 角川選書

現在の日本における小規模のモノ作り
に関する取材が載ってます。
中国を始めとする東南アジアの脅威論などの実情など
とても勉強になりました。
モノづくりとは様々なパーツの提供会社があって、
様々な加工の会社があって
それらを組み立てる会社があって
始めて成立するという地域的な総合力の賜物で
それらが集まって国力になっていくこと、
それらは10年や20年では新しい地域には
そう簡単には根付かないこと、、、
日本の製造業と職人のスバラシさ、
たくましさを感じる一冊でした。



EXITが撮影で使わせていただいている32階の天空のスタジオより
今年の夏は暑かったですね。

夏の間だけ避暑地で合宿みたいにモノづくりなんていいなぁ。
朝は自然の中を散歩して
昼は涼しく鍛造して溶接して
夜はみんなでバーベキューとビールなんて幸せだよなぁ。
なんて妄想をしていた2007年の夏でした。


清水薫 (1970生)
金属工房を経て、株式会社IDEE入社、IDEE WORKSHOPにて商品開発と製作を行う。
96年、EXIT METAL WORK SUPPLYを設立。
金属で物を作りながら考える事を中心に、家具・什器のデザイン、自社工房での製造、及び企業に対してのプロダクトデザインやマテリアルの開発等を行う。
2007年より既製品什器の製造・販売を開始。
メーカーを目指してみる。メーカーカタログサイト



#069 2010.09 モノ作り 今昔
#068 2010.08 上海見聞録
#067 2010.07 香港見聞録
#066 2010.06 現代手工業展2010
#065 2010.05 展示会の準備 その2
#064 2010.04 展示会の準備 その1
#063 2010.03 展示会について
#062 2010.02 NPOについて
#061 2010.01 新年のご挨拶
#060 2009.12 星のや京都
#059 2009.11 先人達に学ぶ
#058 2009.10 ビルの壁面のアート
#057 2009.09 rooms 19
#056 2009.08 日本のモノ作りについて思うことを少々
#055 2009.07 ハイテクなモノ作り
#054 2009.06 部屋を彩るもの ホームアクセサリー展
#053 2009.03 ホームアクセサリーを作る その1
#052 2009.02 EXIT この春の開発
#051 2009.01 両テは強えのか!2009
#050 2008.12 EXIT 今年の開発
#049 2008.11 井口産業の井口君
#048 2008.10 やさしいコンクリート KITSUJI
#047 2008.08 誰かの為のギフト&トロフィー展
#046 2008.07 トロフィーを作る
#045 2008.06 トロフィーをいじる
#044 2008.05 iron I(アイアンアイ)
#043 2008.04 現場で使える英会話
#042 2008.03 ロートアイアンのパーツのことならレッキーメタル オーナメント ジャパン
#041 2008.02 浦安
#040 2008.01 「溶接します。」
#039 2007.12 「ガス切りをやります。」
#038 2007.11 「パイプを曲げます。」
#037 2007.10 「鍛造やります。」
#036 2007.09 読書の秋
#035 2007.08 トラスボックス/EXIT 今月の開発
#034 2007.07 百合の義星/EXIT 今月の開発
#033 2007.06 協同して開発しています/EXIT今月の開発/平松工業 仕事展
#032 2007.05 什器のメーカーになってみよう
#031 2007.04 「モノ作り」白書
#030 2007.03 studioMIRA 太田彩子さん
#029 2007.02 工業用ネジからアートネジまで特殊ネジのことならなんでも 川端ネジ製作所
#028 2007.01 hitin metals 佐藤江利子さん
#027 2006.12 切れなくなったドリルの刃を研ぐ
#026 2006.11 チタンのことならなんでも 株式会社ティグ
#025 2006.10 建築金物全般と鉄の素地をそのまま見せる表面コーティングの研究と開発
株式会社 フロント
#024 2006.09 サンドブラストのことなら何でも 株式会社 仁木鍍研工業所
#023 2006.08 人の暮らしとすまいのために 株式会社マキタ
#022 2006.07 中古機械のことなら 北区 尾久 中古機械屋通り
#021 2006.06 作りながら考えてます
#020 2006.05 世界最高レベルのアルミ精密板金 株式会社 渓水 エアロコンセプト
#019 2006.04 電動工具の修理のことならなんでも 宮本電池株式会社
#018 2006.03 石材のことならなんでも 丸太石陶材株式会社
#017 2006.02 パイプ等の曲げ加工のことならなんでも アール産業 牧
#016 2006.01 RECENT WORKS
#015 2005.12 テーパーパイプのことなら 千葉テーパー製作所
#014 2005.11 コンクリートプロダクトならなんでも 立基建材工業株式会社
#013 2005.10 アルミ鋳造のデザインエンジニア オーシャンビートル(有)
#012 2005.09 ハンガーのことならなんでも 株式会社タヤ
#011 2005.08 木材のことならなんでも 岡崎製材株式会社
#010 2005.07 ステンレスデパート 株式会社 大誠工材
#009 2005.06 金属のリサイクルのことならなんでも ツチヤ産業株式会社
#008 2005.05 鉄鋼材料と加工品のことならなんでも 井口産業株式会社
#007 2005.04 HIZUKI
#006 2005.03 家具の物流から施工まで 株式会社オカムラ物流
#005 2005.02 プラスチックのことならなんでも 新興プラスチックス株式会社
#004 2005.01 GLASSとMIRRORの総合カンパニー 株式会社ティー・エイ・エヌ
#003 2004.12 ネジのことならなんでも 島崎鋼業株式会社
#002 2004.11 近藤康夫デザイン事務所代表 近藤康夫さん
#002 2004.11 TIME&STYLE代表 吉田龍太郎さん
#002 2004.11 STANDARD TRADE. 渡邊謙一郎
#001 2004.10 展示会