モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > モノ作りの現場から > hitin metals 佐藤江利子 #019



夏真っ盛りです。
お天気は晴れたり曇ったりで、湿度が高いムシムシした夏が続きますね。
大雨のせいで、裏の川は勢い良く流れています。


インテリアショップ「INTERLUDE」





先日、名古屋市千種区に、インテリアショップ
INTERLUDE(インタールード)」がオープンしました。

このお店は、私が以前勤めていたインテリア会社の先輩、
半谷与美さんが新しく立ち上げた店で、
一級建築士である旦那さんの事務所、
半谷彰英設計事務所」と併設しています。

お店は、シンプルで上質な雰囲気。
すっきりと美しい家具に、窓から差し込む光が暖かい空間です。

オリジナルでデザインした家具を置いており、
受注を受けてから職人が一点一点制作しているそう。
時代に左右されない、美しさやデザイン、
ライフステージに対応していく住空間をイメージしている
とのことです。

お店を作るときには、是非小物を置いてほしいと、
前から誘ってもらっていました。
以前とは違った形でまた一緒に仕事が出来ることを、
本当にうれしく思います。

家具もオリジナルを扱っていますし、小物も作家モノなど、
こだわったセレクトをしたいというお話だったので、
尚更嬉しいです。


銅製の器


箸置き制作中


真鍮製縞模様の箸置き


真鍮製荒らし模様の箸置き


銅製、ステンレス製の箸置き

Openingまでに、額や器や箸置き、
ベビースプーンなどを送らせてもらったのですが、
さらに小物を増やしてほしいという依頼を受けて、
追加制作することになりました。

新しいお店に置くものなので、
何か新しいシリーズを作りたいなと思っていたら、
「カフェで使えるお盆があるといいなと思って」とお話が。

INTERLUDEには、CAFFEが併設されています。
のんびりと落ちついた空間で、
ゆっくりとコーヒーや紅茶を飲むことが出来ます。
そこで、お茶の時に使う小物を提案してみることにしました。


まずは箸置きの制作。
真鍮、銅、ステンレスの角棒材に、
金槌で模様を付けていきます。
金槌の細長い面で付けた縞模様、
丸い金槌で打ったドット模様、
荒し鎚で打った荒し模様の三種類を、
それぞれの素材で作ります。
銅は硫化仕上げをして蜜蝋を塗ります。
真鍮は磨いて蜜蝋、ステンレスは磨き仕上げです。


銀製スプーン、材料を切った所


木台をくり抜いた小さな臼で皿を作る


キャディスプーンの裏側


タガネでシュガースプーンに模様を入れる


コーヒー&ティースプーン


シュガースプーン


キャディスプーン



次に、コーヒーやティータイムに使う銀さじシリーズ。
砂糖やミルクをかき回す為のマドラー
の役割をするコーヒー&ティースプーン、
砂糖壷に合わせるシュガースプーン、
コーヒーやお茶の葉をすくうキャディスプーン
の三種類を作ります。

まず、地金を切ります。
以前、「ベビースプーンを作る」でもご紹介したような手順で、
スプーンの形を作っていきます。

コーヒー&ティースプーンは、シンプルな形に、
ちょっとした削りや曲げを施して表情を出しました。
仕上げは磨きで光らせました。

シュガースプーンは柄の先に彫りを入れ、
皿の部分は、砂糖がしっかりすくえるように大きめにしました。
仕上げはヘアラインにし、鈍く光らせました。

キャディスプーンは、コーヒーの粉で大体10グラムぐらい
がすくえる大きさで作りました。
皿の部分は丸く作り、裏は鎚目を付け、
持ち手の表は荒し目を付けて、
丸いタガネを使い裏から突き出してドット模様を付けました。


お盆製作中


お盆


お盆の荒し模様

最後に盆。
コーヒーカップが2脚乗るぐらいと思い作りました。
盆の平な部分は横270ミリ、縦190ミリぐらい。
全体に細かい荒しを付けています。
銅製で、硫化仕上げの後、蜜蝋をかけています。

同じ金属でも、材料によって見え方や質感、
重さに違いがあります。
さらに、叩き方や仕上げを変えることによって、
様々な表情を見せてくれます。
今回のシリーズは、新作ばかりなので、
「インタールード」にお立ち寄りの際は是非ご覧ください。
実際に手に取ってみると、違いが良くわかると思います。




猿山さんデザインのフォーク


また、今年の2月に展示させて頂いた、
骨董店「さる山」の店主猿山さんのデザインする
テーブルウエアの制作に、以前から携わっています。

お盆やさじ、茶托などを制作していますが、
新たにフォークの制作をしています。
猿山さんのデザインは、シンプルな中に見せ場があり、
制作時にあれこれ考えながら形にしていくことも多いです。
さすが、古くからのものを良く見ている方のデザインで、
とても勉強になることが沢山つまっています。

こちらのフォークは「さる山」に置いてありますので、
お立ち寄りの際には是非ご覧ください。

佐藤江利子 (1978生)
2002 武蔵野美術大学 工芸工業デザイン学科 卒業
2002 株式会社プレステージジャパン 入社
オリジナル家具の販売、インテリア小物の仕入れ・開発に携わる
退社後、金工職人の元で仕事を勉強
2006 hitin metals設立

金属を使ったテーブルウェア、インテリア雑貨、照明器具、ジュエリーのデザイン・製作。
家具や什器における装飾部分のデザイン・製作などを行います。



#030 2010.08.05 KIKURA -器と暮らす。-
#029 2010.07.05 やっぱり涼しい、八ケ岳
#028 2010.06.05 2010年 展示会
#027 2010.05.01 SEA
#026 2010.04.01 ウィズの森にて
#025 2010.03.02 トトテン
#024 2010.02.09 金属仕事、あれこれ
#023 2010.01.06 あけましておめでとうざいます
#022 2009.12.18 「トトスク」にて展示会をしています。
#021 2009.11.03 しょうひんかいはつ3 −お祝い小物−
#020 2009.09.04 株式会社 渓水 エアロコンセプト
#019 2009.08.01 しょうひんかいはつ2 -INTERLUDE-
#018 2009.07.03 (有)マイクロキャスト
#017 2009.06.08 2009年 展示会 ありがとうございました
#016 2009.05.12 グリーンのある部屋
#015 2009.04.01 楽しいものをつくる人
#014 2009.03.01 復元のしごと
#013 2009.02.01 「うつすことから」 その1
#012 2009.01.01 時をかける器
#011 2008.12.01 11月のある日
#010 2008.11.01 ベビースプーンをつくる
#009 2008.10.01 地球にやさしい人
#008 2008.09.01 あて金を作る
#007 2008.08.01 おつかれさまを形にする
#006 2008.07.01 スーパーサブのつくりかた
#005 2008.06.01 最近、気になるもの
#004 2008.05.01 鍛鉄(たんてつ)、はじめませんか?
#003 2008.04.01 季節はロウ付け
#002 2008.03.01 しょうひんかいはつ1
#001 2008.02.01 うわさのアトリエ

ファクトリーガール
#12 2008.01.01 竹影堂 鎚舞
#11 2007.12.01 ザビエル現る!
#10 2007.11.01 光りモノには弱いです。
#09 2007.10.01 秋に思うこと
#08 2007.09.01 ホットな毎日です。
#07 2007.08.01 海辺に暮らしたい
#06 2007.07.01 金属とガラスと・・・
#05 2007.06.01 つゆ・梅雨・露
#04 2007.05.01 糸ノコの話
#03 2007.04.01 あらためて おもうこと
#02 2007.03.01 テーブルセッティング
#01 2007.02.01 はじめまして。