モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > モノ作りの現場から > 井口産業 井口隆一郎 #010




ここからイメージを広げます。

『第一次通過作品 10月ですが製作お願いすることになります。』
8月のある暑い日、こんなメールが来ました。
送信元は、はなぜんフローリスト。
旧友の働く大掛かりな活け込みも得意とする花の創作集団。
第一次通過作品?今度は何をするのか?と、
添付されていた左の写真を見るとこっこれは!
明らかに3Dパイプベンダーを意識したイメージではありませんか。
昨年に3Dパイプベンダーで製作したものを
展示させて頂いたこともあって実にうまく構成されています。
さっそく打ち合わせをしてみると
一昨年ぐらい前にも参加していた
丸の内仲通りガーデニングショーのコンテスト作品との事。
その時も、他作品がよくあるウッドデッキに合うような
ガーデニングのイメージとは違いましたが
今回はその上を行ってます。
すでにガーデニングという概念を超越している模様です。



1/6の模型

兎にも角にも、こういった創り物は
平面で話していても進まないので模型を作ります。
実寸は4Mx1Mの物を
スチロール球が100φしか無かったので1/6の縮尺です。
パーツを渡しどのようにするか相談すると、
その場でアルミ針金を活け込んでくれました。
流石です。あっという間にイメージが形になっていきます。

模型が出来たら後は創るだけです。



リングの組み合わせで出来た球体の骨組み。

球体とフラットな面に苔を張っていくということなので
面はコンパネを使うことにして、
まず曲げパイプで球体の骨組みを作ります。
骨組みの上に金網とサイザルマットのような物で
苔を張る土壌を作るとの事。




やはりワイドが4Mもあるとダレが出ます。

次にベースを作ります。
模型と同じ順番で作っていき、
ベースと球体を基準にする事で
意匠となる曲げパイプの形状検討できる段階になりました。

こんな感じになりました。

模型を元に雰囲気を守りながら曲げていきます。
今回の場合、球体の高さがポイントになるので
先にポジションを決めてしまって
材料の長さと具合を見ながら全体をまとめます。
パイプ曲げに関しては一任していただいたので
ちょっとキツイRも入れて絞まりを出してみました。
ベースにコンパネを置いた後に
同形状を保てるように印籠にします。


ダレ取りも付いて見た目のバランスも良いです。
高さを出して正解でした。

当初、ベースを地面から400mmほどの高さにする予定だったのが
急遽腰上の高さを出すことになり架台の上に載せました。
後は仕上げて終了です。



このような仕事は時間もかかり大変なのですが、
かなりテンションが上がります。
あまり頼まれることが少ないので残念です。



これからの展示の為、完成写真を載せられませんが
下記期間中に近くへお越しの際はぜひお立ち寄りください。

丸の内仲通りガーデニングショー 2009
10月23日(金)〜11月1日(日)

丸の内ブリックスクエア対面の
明治安田生命ビル1Fティファニー前にて展示しています。


様子見横ばい 
先月の上げ攻勢も需要低迷により横ばいとなった。
在庫がタイトになっている事で値崩れを抑制している状況だが安値受注も散見されている模様。
先行き不透明感がさらに強くなっている事から買い気の出てくる気配もないが強気の姿勢は見え隠れしている。

井口隆一郎(1973生)
1996  東京造形大学 比較造形学科 卒業
1998  E&Yにて製作担当
2001  井口産業入社

現在 鋼材販売営業及び鋼管曲げ加工担当。
年に何回か発作的にモノ作りを始める二児の父。



#020 2010.08 ステンレスの箸
#019 2010.07 鋼材その11 鋼材の曲げ加工
#018 2010.06 現代手工業展 2010
#017 2010.05 パイプベンダーを使ってみよう その2
#016 2010.04 パイプベンダーを使ってみよう その1
#015 2010.03 鋼材その10 鋼板の切断
#014 2010.02 鋼材その9 プレーナ加工
#013 2010.01 鋼材その8 形鋼の加工
#012 2009.12 鋼材その7 材質
#011 2009.11 鋼材その6 棒鋼 と 完成した浮遊する庭
#010 2009.10 浮遊する庭
#009 2009.09 鋼材その5 鋼管
#008 2009.08 鎌倉の大仏
#007 2009.07 鋼材その4 続・形鋼
#006 2009.06 鋼材その3 形鋼
#005 2009.05 ハートランドビール
#004 2009.04 あるスツールの試作 その1
#003 2009.03 鋼材その2 続・鋼板
#002 2009.02 鋼材その1 鋼板
#001 2009.01 井口産業