モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > モノ作りの現場から > Notcho's workshop 木下悟(Notcho) #001




こんにちは、“Notcho”です。
この写真は、まさにこのコメントを
私のMacで打ち込んでいるときに
この工房(Notcho's workshop)に遊びに来た
友達のデザイナーに撮ってもらいました、、
ここNotcho's workshopは、
世田谷ものづくり学校の1階にあります。



これが世田谷ものづくり学校(通称 IID アイ アイ ディー)の入口、、
IIDは、廃校になった校舎を様々なクリエイターたちが
シェアオフィス?みたいにつかってます。
ほんとに色んなクリエイターがいます。



これは、まさに学校の廊下です。
もと学校なのであたりまえなのですが、
床のPタイルをはがしたり、天井を解体したりして、
良い感じになってます。



教室のプレート(なん年なん組ってかいてある)を、
はずしてNotcho's workshopのプレートをつけてます。
私のいるこの教室は、もと美術室でした。



これが、もと美術室、現在Notcho's workshop!!です。
木工機械と100を超える手道具、
製作中のプロトで埋め尽くされています。
基本的に、毎日ここへ来て
デザイナーから依頼されたプロダクトのプロトタイプや
直接クライアントから依頼されたオリジナル家具を
完全手作業で製作してます、、



Notcho's workshopのうらにある庭。
インドネシアのガゼボです。
この庭は、IIDの共有スペース、みんなで使っています。

、、、と、ここまで
私の工房Notcho's workshopを見てもらいました。


『ビー玉パチンコ台づくり』
2007年2月


『モビールワークショップ』
2007年3月


『もっきんをつくろう!』
2007年4月


『リマインドボックスをつくろう!』
2007年5月


『Oki Kake Tokei』
2007年6月

木工で出来る事を中心に、
国内、国外を問わずプロダクトデザイナー達と
アイデアを形にしてきてはや10年がたちました。
一人一人、ほんとに違うアイデアを持ってやってきます。
はじめの思いつきからモノ(プロト1号機)になるまで
無理難題と試行錯誤の繰り返しがつづき、
ときには、デザイナーと喧嘩しそうになるときも、、
でも、共通することは、どんなコラボレーションにも
最後には喜びを共有できる事です。

そんなこんなで、最近は、私のまわりにいるデザイナー達と
何処にもない、今までなかったかたちの
『ワークショップ』を思いつき、今年にはいってからはじめました。
月に一回、デザイナーをゲストに招き
木工のワークショップをコンセプトにデザインを起してもらい
来た生徒さん達は、これを作って、
好きな色に塗って、持って帰る。
子供から大人まで、参加してくれた方達
それはもう大満足で帰ってくれています。。

毎月第3日曜日にやっていますので、是非ご参加ください。。
バランスゲームは8月19日に、けんだまは9月16日です。
まだまだ参加者募集中です!


『バランスゲームをつくろう!』
2007年8月


『けんだまをつくろう!』
2007年9月



Notcho(木下悟) (丙午 牡羊座 B型)
(株)イデー企画開発部にて11年製作を担当。
2006退社後、独立し木工を中心に日々製作し続けています。




#019 2010.08 赤坂 花楽 Chair
#018 2010.01 Akasaka Chair
#017 2009.09 いこいProject 第2回 Dutch Green
#016 2009.05 いこいProject(アムステルダム) 第1回(連載)
#015 2009.03 ハンモックを作る
#014 2008.11 宇宙エレベーター
#013 2008.10 オフィスを作りました
#012 2008.08 初めての展示会
#011 2008.06 祐天寺 Roof Resort Project
#010 2008.05 speaker brackets
#009 2008.04 滝野川の歯医者さん
#008 2008.03 3月
#007 2008.02 欠落と発明
#006 2008.01 水引 -文七元結-
#005 2007.12 LOVE BUTTON
#004 2007.11 Pythagoras Lamp
#003 2007.10 Sextoy chandelier とφ3mのラブボタン
#002 2007.09 月に一度のworkshop「バランスゲーム」
#001 2007.08 Notcho's workshop