モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > モノ作りの現場から > Notcho's workshop 木下悟(Notcho) #010



『天井にスピーカーを吊り下げたい』とお客様から連絡が入り、早速、お客様宅に伺って見ると、、、
実は、このスピーカーには、オプションのブラケットが売られていないらしく、
スピーカー自体にもブラケット付ける用のネジ穴等はもちろんありません!!

てっきり、重いスピーカーを吊り下げるのが大変なので
人手と道具と脚立が足りないのか??と思って伺ったので、まさかの事態です。
俄然やる気が出て来ました!!



しばらくスピーカーを見渡し、、、発見しました!ビス穴。
(言い忘れましたが、お客さんのリクエストはスピーカーに傷を
又は、あらたな穴を空けずに、どうにか吊るして欲しいです。)
このビス穴、といっても裏から基盤を固定しているパネルのものです。
まあ、どっちみちこれ以外の穴がないので
とりあえずこの穴の位置を採寸。
あとは工房でゆっくり考えることにしまして



天井から吊るすためのブラケットは
他社のブラケットを使う事にして、
スピーカーの重さに耐えられる頑丈そうな物を
(YAMAHA-SPM-50S)Webで探しました。
これをスピーカーにダメージ無く付けるのです。
そこで、裏のパネルを取付けてあるネジ穴を利用して
ブラケットを付けるためのベースプレートを考え、
スペシャルソースさんにお願いして、作って頂きました。
スペシャルソースさんバッチリです。



ベースプレートとスピーカーの間には
スピーカーの振動を直接受けない様にシリコンを挟み、
既存のビスも5mm長いものに変更。
ブラケットとスペソー製プレートを合体させるネジは
5mmのボタンキャップを使用しました、
プレートの厚みは3mm、ここにネジやまを切って
ボタンキャップスクリューを入れるのです。




しかし、たった3mm厚のネジやまって、
ネジの回転数になおすと、約2〜3回転ほど、、
こんな少しだけの食いつきで、
はたしてこの重たいスピーカーを支える事が出来るのだろうか??と、
プレート製作して頂いたスペシャルソースさんに
電話して訊ねると、、、、
『ぜんぜん大丈夫でしょ!』の一言。
よかったぁ〜〜、、と一安心と同時に
自信をもって取付けられました!!!




色々考えて、取付けたあとのスピーカーからは
満足感たっぷりの音が流れていました。




五月のワークショップは以前ご紹介した事のある
gift_の後藤さんがデザインしました、
バランスゲームを行いました。
バランスゲームはハラハラドキドキのゲームなので、
出来上がってからも大盛り上がりです。
参加しくださいました皆様、ありがとうございました。

6月のワークショップはお休みです。
次の月の7月20日は”もっきんをつくろう”です。
皆さんふるってご参加ください。よろしくお願い致します。



Notcho(木下悟) (丙午 牡羊座 B型)
(株)イデー企画開発部にて11年製作を担当。
2006退社後、独立し木工を中心に日々製作し続けています。




#019 2010.08 赤坂 花楽 Chair
#018 2010.01 Akasaka Chair
#017 2009.09 いこいProject 第2回 Dutch Green
#016 2009.05 いこいProject(アムステルダム) 第1回(連載)
#015 2009.03 ハンモックを作る
#014 2008.11 宇宙エレベーター
#013 2008.10 オフィスを作りました
#012 2008.08 初めての展示会
#011 2008.06 祐天寺 Roof Resort Project
#010 2008.05 speaker brackets
#009 2008.04 滝野川の歯医者さん
#008 2008.03 3月
#007 2008.02 欠落と発明
#006 2008.01 水引 -文七元結-
#005 2007.12 LOVE BUTTON
#004 2007.11 Pythagoras Lamp
#003 2007.10 Sextoy chandelier とφ3mのラブボタン
#002 2007.09 月に一度のworkshop「バランスゲーム」
#001 2007.08 Notcho's workshop