モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > モノ作りの現場から > Notcho's workshop 木下悟(Notcho) #014



先月末から今月の初めに架けてのデザインイベントも私的に無事終わりました。
今年は100%デザインの会場のインフォメーションブースとi-phoneスピーカーを開発するEOpsのブースを
製作しましたのでそれらを紹介するのと、私的に今凄く興味のある、
「スペースエレベーター」をご紹介したいと思います。



メインテントに入ってすぐの所に、自転車のブランドの
GIANTさん協賛で作られたインフォメーションブース、
これはマイケルヤングさんのデザインですが、
この上に乗せてある自転車もマイケルさんデザイン
"GIANT Cityspeed"
この自転車は来春にGIANTさんの店頭に列ぶそうですが、
2008のEurobike Awardsで金メダルを取った自転車です。

これはプロトタイプで金色に塗装されていますが
相当カッコイイです。
今、池尻の私の工房に展示してありますので
是非見に来て下さい。
http://www.michael-young.com/






INFOブースを右手に見ながら少し歩いたところにある
真っ白のブースはi-phone用のスピーカーを開発している
EOps Technologyさんのブースで、
こちらを作りました。
今回展示されている、i24R3を発表する為に
香港からいらしたみなさんです。
こちらもマイケルさんデザインです。

注:真っ白のグラフィックシートを壁に貼る場合、
下地を貼らずにベニヤ直で貼ると継ぎ目が目立つので
白の下地を貼りその上に貼るのをお進めします。

http://www.eopstech.com/eops/main.jsp

毎年この時期、新しく生まれる沢山の作品や製品を見ていると、
『俺も何か作らなきゃ』と思わされます。






スペースエレベーター
このお話を知ったのは7月頃か。
友人の加藤さんは宇宙大好きで、
こんなの知ってる?みたいに教えてくれました。
これには私もかなりクイツキお話しを聞きました所、
これの初めての国際会議がお台場であるとのこと。
そして、11月15日16日の2日間
お台場の日本化学未来館にて行われました、
第一回宇宙エレベーター国際会議に参加させて頂きました。
少し大げさですが、興味があれば誰でも参加出来る会議です。
でも夢の様な話しですが、
20〜30年後には実現可能な事なので、
今このエレベーターが抱えている問題点等を
少しでも解決出来ればと思い参加して来ました(笑)
そして、この間宇宙エレベーターアイデアコンテストも
この会議に合せて行われていたのです。
なんと優勝者には賞金5万円、
加藤さん会社を上げてこのコンテストに参加しました。
朝二人で待ち合わせて行ったのですが、
コンテストの発表は二日目、
一日目の時点で加藤さんの所には何も連絡無し、
なぜか私もドキドキしていました。
現時点の開発結果や様々の問題点が発表され
一日目の会議も終わり
会議終了後は懇親会なんかもあったりして、
各国からいらした科学者の方々と
少し仲良くなったりして、終わりました。
そして2日目
また加藤さんと五反田での待ち合わせの場所に行くと
車に乗り込むなり「聞いてよ!やったよ!」
協会より連絡があったらしく、
加藤さんは優勝してしまったのです。
それを聞いて二人で車の中で大はしゃぎ、
午前中、加藤さんGEOGRAPH TEAMは表彰されました。
記念すべき第一回目のアイデアコンテスト優勝者です。
素晴らしいことです。

http://www.geograph.jp/




中学生に依る レゴクライマー競技会等も行われました。
各参加中学校はレゴを使って条件の同じモーターを使い、
オリジナルのクライマーを作り5メートルのベルトを
いかに早く登るかを競い合う競技です。




1960年に旧ソ連の「ユーリ・アルツターノフ天のケーブルカー」
構想を発表して以来夢の様な話しだと思われていた、
が、1991年 NECの飯島澄男博士が、
CNTカーボンナノチューブを発見により、
2002年NASAの研究機関NIAC Bradley Edward博士の
実現案についてのレポートを発表、
日本ではつい去年2007年に
日本宇宙エレベータ協会幹事会が発足され、
まだまだ問題だらけのこの計画ですが、
ロケットを一回飛ばすのにものすごいお金と
エネルギーが掛かるのにたいして、
この計画はテザーと呼ぶベルトを
クライマーと呼ばれる機械が太陽エネルギーを使い
自家発電して宇宙に登って行く。。。
ゼロエネルギーと言う事は、空気も汚染されない。
お金も掛からない?
話しによるとちょっとした海外旅行に行く様なレベルで
宇宙旅行が実現出来るかもしれない。
もしかしたら、私がおじいさんになった20?30年後には
宇宙遊泳を楽しんでいるかもしれない?
まあ、夢の様なお話ですが、
現実可能な話しなのも確かと言う事で、
いつになるのか解らないですが、
生きて行く中での楽しみが1つ増えました。

http://jsea.jp/




来月12月のワークショップは2つありまして、
1つは12月20日にIIDの建物全体で行われるクリスマスのイベント
WINTER FEST.2008の中でNotcho’s Workshopでは、
誰でもその場で参加出来る、
「クリスマスキャローセルを作ろう」を
私の工房にて開催しております。
参加費は¥500で作業時間は15分〜20分程度、
その場で出来ない方の為にも持ち帰って作れる
キットにして販売もしております。
この日ものづくり学校では、
他にもいろいろなワークショップが行われておりますので、
みなさん参加をお待ちしております。

クリスマス キャローセルをつくろう




そして、毎月第三日曜日に行われております。
ワークショップは前にも一度行いまして、
好評でした山田知洋さんデザインの、
「ちょきんパネルを作ろう」
名付て、“Board Bank” こちらは12月21日に行います。
21組限定まだまだ、募集しております。
みなさん、ふるってご参加ください。
よろしくお願い致します。


ちょきんパネルをつくろう!




Notcho(木下悟) (丙午 牡羊座 B型)
(株)イデー企画開発部にて11年製作を担当。
2006退社後、独立し木工を中心に日々製作し続けています。




#019 2010.08 赤坂 花楽 Chair
#018 2010.01 Akasaka Chair
#017 2009.09 いこいProject 第2回 Dutch Green
#016 2009.05 いこいProject(アムステルダム) 第1回(連載)
#015 2009.03 ハンモックを作る
#014 2008.11 宇宙エレベーター
#013 2008.10 オフィスを作りました
#012 2008.08 初めての展示会
#011 2008.06 祐天寺 Roof Resort Project
#010 2008.05 speaker brackets
#009 2008.04 滝野川の歯医者さん
#008 2008.03 3月
#007 2008.02 欠落と発明
#006 2008.01 水引 -文七元結-
#005 2007.12 LOVE BUTTON
#004 2007.11 Pythagoras Lamp
#003 2007.10 Sextoy chandelier とφ3mのラブボタン
#002 2007.09 月に一度のworkshop「バランスゲーム」
#001 2007.08 Notcho's workshop