モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > モノ作りの現場から > Notcho's workshop 木下悟(Notcho) #017



どうも、ご無沙汰しております。大変長らく、お休みしてしまいまして、すみませんでした。
前回の続きからかかせて頂こうと思います、が、しばらく時間も経ってしまっている為、
思い出しながらですが、よろしくお願い致します。



内装作業は、まず床貼り工事
現地で調達したパインの床材を張り、
床用の塗料で塗り、色はダークグレーにしました。

次に現場造作工事:入って右側の壁、階段奥の収納、
カウンター後ろの吊り戸棚など。

そして、塗装工事:壁面、天井の塗装、
フランクの工房で作ったデスクも真っ白に塗装して、
それと、ファサードの塗装と日本から作って持って行った
ファサードサインの取付け、
電機工事は地元の電気工事屋さんで
"かゆい所に手が届く"という様な人、
マークにおねがいしてバッチリ仕上げて頂きました。
いろいろ大変でしたが、なんとか期日内に納まりました。



階段はもともと張ってあった滑り止めをはがして
現地のスケートボード屋さんでデッキテープ分けてもらい
張りました、
高木さんが階段の型を取り丁寧にカットして貼ってくれました。
これが、ダークグレーで床とバッチリ合いまして、、カッコイイ!



入口を入って右側の壁にはお客様希望の
有孔ボードをこんな感じに着けて。
有孔ボードもオランダではキレイなものが手に入らない
というので、日本から持って行きました。
階段の脇に新しく収納を、デスクや壁にも小さな戸棚を作り
壁と同じに真っ白に塗装しました。
スイッチや壁に着いてるもの全部にも塗料をたっぷり塗り重ねて
真っ白に塗装してしまいました。
この”たっぷり塗り重ね”がいい味を出すんですよ。



ファサード夜になると明かりが点いていい感じです。
製作物のアクリル照明ボックス、ウイングサイン、バナーは
日本で作ったものを手荷物で持って来たんです。
ファサードは最初の計画だと真っ白に塗って欲しい
と言われていましたが、現地に行き
マークやフランクと打合せしていると、
建物の色を替えてしまうのは国に申請をして
廻りの人の許可も必要、
しかも塗っていいのは限られている、
ダッチカラーでという事で
いろいろ面倒な手続きは抜きにして、
もともとのダッチカラーをキレイに塗り直しました。



このダッチカラーの中でも特に私が気に入ったのは、
かなり濃いグリーンで、自転車や運河の落下防止の手すり、
ドアや窓枠、様々な箇所でよく使われていて
オランダのビール、ハイネケンもこのグリーンだったりしますよね。
ギャラリーのドアもやはり、この濃いダッチグリーンで、
古いものだったので色を合わせるのに、
何回も調色し直したりして、苦労しました。

そんな苦労をている内に
このダッチグリーンが妙に気に入ってしまい、
これもかなり前の話ですが、
日本に帰って5月に行われた、現代手工業の展示会で
私の作ったフレームもこのダッチグリーンにしました。
このフレームに使った材料は私の家のバルコニーで
9年前に作ったデッキテーブルだった、
天板部分の材料が9年間、雨ざらしの時を経て、

良い感じに朽ちて来ている表情が渋く、
それを材料に作ったフレームにこの濃い緑を塗リ重ねて、
新しいものに生まれ変わりました。
フレームの中に飾ってある、コラージュは
画家、吉田真一郎さんにお願いして
吉田さんがこのフレームが引き立つ様にと。
江戸時代の麻の生地なんかを使ってコラージュして頂いたんです。

最後に、アムステルダム、素晴らしい所でした。
到着して、最初に聞いたのが
「この街はたくさん柱立てて出来てるんだよ」って、
えうぇーそうなの!?
そんな大昔にそんな事してたのこの国の人達はなんて、、
江戸時代なんかより遥か昔に出来上がった街が
そのまま残っていて、その景観を崩さない様に
決まりがあったりして、どこを見ても絵になる、素敵な街です。
特に運河が町中にあるのが、何とも良かったです。
その運河を、週末になると地元の人が、
自慢のボートに家族でピクニックしながら、
ゆっくりクルージングしていたのは、かなり魅力的でした。

東京も関東大震災や戦争の空襲なんかがもしなかったら、
昔のまま残っていたのだろうか?とか考えてしまいました。
もしそうだったら、キレイな町並みで日本らしさみたいのも
沢山残っていたりして、今の東京とはちょっと違っていて、
良かっただろうに。
なーんて、仕方ないですかね、過ぎてしまった事は。


アムステルダムにお越しの際は、” ikoi”
是非、覗いて見てください。
日本のアーティストの展示会を常に行われているギャラリーです。
どうぞよろしくお願い致します。

ikoi http://www.ikoishop.com
Tweede Egelantiersdwarsstraat 28
1015 SC Amsterdam The Netherlands
Tel +31.(0)20.3379901



Notcho(木下悟) (丙午 牡羊座 B型)
(株)イデー企画開発部にて11年製作を担当。
2006退社後、独立し木工を中心に日々製作し続けています。




#019 2010.08 赤坂 花楽 Chair
#018 2010.01 Akasaka Chair
#017 2009.09 いこいProject 第2回 Dutch Green
#016 2009.05 いこいProject(アムステルダム) 第1回(連載)
#015 2009.03 ハンモックを作る
#014 2008.11 宇宙エレベーター
#013 2008.10 オフィスを作りました
#012 2008.08 初めての展示会
#011 2008.06 祐天寺 Roof Resort Project
#010 2008.05 speaker brackets
#009 2008.04 滝野川の歯医者さん
#008 2008.03 3月
#007 2008.02 欠落と発明
#006 2008.01 水引 -文七元結-
#005 2007.12 LOVE BUTTON
#004 2007.11 Pythagoras Lamp
#003 2007.10 Sextoy chandelier とφ3mのラブボタン
#002 2007.09 月に一度のworkshop「バランスゲーム」
#001 2007.08 Notcho's workshop