モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > モノ作りの現場から > savor 末松貴久 末松佐和美 #013



今回は深田パーカライジング(株)さんを紹介します。
前回の号でアタッチメントさん用の照明のカサをお願いしたメッキ屋さんです。
サボアのアトリエからも近く、加工の際にはちょこちょこ相談に伺います。

メッキにもたくさんの種類がありますが、今回は溶融亜鉛メッキ(ドブ付け、ドブメッキ)と電気亜鉛メッキをサボアなりに簡単に紹介してゆきます。
その作業現場を説明するとドロドロに溶けた釜の中に品物がゆっくり浸かってゆくのです。
残念ながら企業秘密!ということで撮影は出来ませんでした。
映画「ターミネーター」のラストシーンのような・・・!?ん〜、想像してみてください。

(1)溶融亜鉛メッキ
用途は鉄鋼製品の防錆(厚み 50〜100ミクロン)


・電柱についているバンド
・配電ボックス
・建築構造物(ビルの階段など)

屋外で使われ、雨に強く、町中あちこちで確認することが出来ます。
室内インテリアではあまり見られませんが、屋外の門扉、ガーデニングの花受けなどで使用したことがあります。
メッキの温度が450℃と非常に高温なので、薄い板や丸棒、角棒、丸パイプ、角パイプの薄いもの、径の小さいものは熱で変形する恐れがあり、深田パーカさんへ”要相談”。


図1 溶融亜鉛メッキ



工程図:溶融亜鉛メッキ(ドブ付け・ドブメッキ)
FRP製の大きな水槽のような、それぞれの液が入っている中へ浸けていきます。

受け入れ
脱脂(脱脂液)
60℃〜汚れを除去 30分 60℃〜
水洗
塩酸(塩酸洗い)
サビ等除去 10分
水洗
フラックス
塩酸(酸洗い)後の最後の汚れを除去
溶融亜鉛メッキ
450℃ 5分 ※図1
水冷
製品も高温のため水冷
クロム酸処理
白サビ防止 3分
出荷検査
出荷

(2)電気亜鉛メッキ
一般にユニクロメッキと言われているのは後処理の名称でふつうは電気亜鉛メッキと言うそうです。
勉強になりました・・・。
サボアでお願いしたのは下記の「亜鉛メッキ」という工程でSTOPしたものです。


図2 電気亜鉛メッキ



工程図:電気亜鉛メッキ
FRP製の水槽の中にそれぞれの液が入っていて、そこへ浸けてゆきます。

受け入れ
脱脂(脱脂液)
60℃〜汚れを除去 30分 60℃〜
水洗
塩酸(塩酸洗い)
サビ等除去 10分
水洗
中和
塩酸(酸洗い)後の最後の汚れを除去
亜鉛メッキ
※図2
水洗
ユニクロ処理
(青)室温 青っぽい液の中へ浸けます
水洗
クロメート処理
(黄)室温 黄色っぽい液の中へ浸けます
水洗
湯洗
80℃
出荷検査
出荷


サンプル


今回初めて作業現場を見学させてもらったのですがFRPで出来ている大きな水槽がたくさんあって金属用の大きな銭湯のように感じました。
入る前は汚れているのに、上がってくると綺麗になっています。

ユニクロメッキや、クロメートメッキは室内の金物、什器などで使用した事があります。今はあまり流行っていないかもしれません。しかし使い方によっては良いアクセントになりそうです。

今回見学の際に担当していただいた斉藤さんには大変お世話になりました。メッキに関する説明を受けているうちに、まるで博士のようでした。

また、宜しくお願いします。



深田パーカライジング株式会社

見学にご協力いただいた斉藤さん
所在地 東京都大田区東糀谷1-6-16
業務内容 メッキ加工(溶融亜鉛・電気亜鉛他)
TEL 03-3743-0216
FAX 03-3745-5271
MAIL fukadaparker@mb.point.ne.jp
URL http://www.fukadaparker.co.jp/
サガシモノ 深田パーカライジング(株)

サボア 末松貴久 (1970生) 末松佐和美 (1974生)
末松貴久
89年(有)ステンレス共同製作所、96年 EXIT設立に参加。
2000年savor結成

末松佐和美
96年 saew 服飾小物作家として。
2000年savor結成。

主に金属を加工して、家具・金属の造形物(オブジェ)・店舗什器・プロダクトのデザイン・製作、プロトタイプ製作、技術協力などをしています。



#034 2007.07 展示会の総括
#033 2007.06 展示会への助走
#032 2007.05 再利用の巻
#031 2007.04 蜜蝋の巻
#030 2007.03 第十一回おおた工業フェア
#029 2007.02 ハンドパワー
#028 2007.01 最近思うこと
#027 2006.12 仕上げ − 黒く色づける
#026 2006.11 職人大集合
#025 2006.10 結び方
#024 2006.09 新作スツールの製作
#023 2006.08 最近の仕事 −イス−
#022 2006.07 展示会を振り返って
#021 2006.06 展示会へのアプローチ
#020 2006.05 削る(仕上げ)
#019 2006.04 作品紹介
#018 2006.03 3次元丸棒の曲げ
#017 2006.02 再生
#016 2006.01 ガンダム展
#015 2005.12 接着剤について
#014 2005.11 イサムノグチ展にて
#013 2005.10 深田パーカライジング(株)
#012 2005.09 メッキの表現
#011 2005.08 仕事内容
#010 2005.07 スチールの薄板について
#009 2005.06 金物について
#008 2005.05 今井健太郎建築設計事務所
#007 2005.04 “教えるということ 教わるということ”
#006 2005.03 株式会社西村コーティング
#005 2005.02 有限会社新成研磨工業所
#004 2005.01 有限会社昭立製作所
#003 2004.12 東京都立王子技術専門校
#002 2004.11 EXIT METAL WORK SUPPLY 清水薫
#001 2004.10 展示会