モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > モノ作りの現場から > savor 末松貴久 末松佐和美 #014



先日、東京都現代美術館で開催されているイサムノグチ展を観に行きました。
憧れの先人です。
作品を見ていると、いろいろな表情が伝わってきて楽しく観ることが出来ました。
なかでも目を引くのが公園の遊具なんか痺れますね。
無駄なものがそがれていて安全でスバラシイ。
それでいて「キレイ」です。
見学に来た子供たちも私も楽しく遊んでいました。

みなさんも是非、足を運ばれてみては。お勧めします。



イサムさんが言っていたと思うのですが、たとえば遊具については、
「子供たちや、他の人が触って・使って・喜んで」などが加わって、それが完成する
といったような考えから作っているとか・・・
使って、使われて、ナンボみたいな感じですかね。
生意気ですが私たちもその考えに強く共感し、嬉しく思います。

生前、モエレ沼公園のマスタープランを手がけ、
死後2005年に完成しました。
実現する前から模型もたくさん作っていたようで、
昔からずっとずっと、
こうゆう物を作りたかったんだろうなと感じました。

私たちも努力して大きな楽しいものを残したいです。
イサムさんも諦めなかったですし、チャンスはやってくると信じています。
それに気付けるように日々勉強して実現したいです。


*末松の一言*
最近思っていたことなんですが、落語家の春風亭小朝さんが
理に適っているもの・言葉・音楽・建物などは「キレイ」なものが多いですよね
なんて、ラジオで話していました。
これもまた、深く頷かずにはいられません。
今も尚残っている遺跡・建築物などは無意識にも「キレイ」でしょう。
無条件にハっと惹きつけられてしまいます。
そういうことです。
ほんのちょっとの時間でも、アンテナを感度良く
ボ〜っと飛ばして見渡してみる。
沢山の教え、勉強になるもの、素材があちこちにあるんだと思いました。




*小橋の一言*
友達の勧めで、ごく最近雅楽を始めました。
「三管絃三鼓」の楽器編成で演奏しまして、
大きく「管」「絃」「鼓」のパートと「舞」があります。
といってもまだ楽器を触れるまでもなく、その歴史や文化、
演奏形態などのお勉強の入り口にいる所です。
古くからお食事の配膳法やお茶のお作法、
様式でもテーブルマナーなど、
すべてのものに対し礼をもって接することにより
生まれるその所作が非常に美しく、
それは雅楽にも息づいています。
また、そこから演奏にあたり、
「それでは皆様、太鼓と、打ち、合わせてみましょうか」や
「能では、両手を大きく左右に広げ、前ではたと打ち合わせる型。」
などから、「打ち合わせ」という言葉が生まれた・・・など。
言葉の生まれもまた美しく、とても勉強になります。
こうした自然から受けた「もの・こと」に礼を尽くした様から
生まれた繊細な美しさ、秩序のある振舞いは
現代の「デザイン」という一言では計り知れない
多くを知らしめてくれます。
それとはなんなのか?
恐れ多くも未消化のまま
このような文章を書き綴ってしまっていますが
いつかの自分たちの肥しへと、日々学んで形へと実現させていきたいと強く思い願っています。
どうぞ、お楽しみに・・・



サボア 末松貴久 (1970生) 末松佐和美 (1974生)
末松貴久
89年(有)ステンレス共同製作所、96年 EXIT設立に参加。
2000年savor結成

末松佐和美
96年 saew 服飾小物作家として。
2000年savor結成。

主に金属を加工して、家具・金属の造形物(オブジェ)・店舗什器・プロダクトのデザイン・製作、プロトタイプ製作、技術協力などをしています。



#034 2007.07 展示会の総括
#033 2007.06 展示会への助走
#032 2007.05 再利用の巻
#031 2007.04 蜜蝋の巻
#030 2007.03 第十一回おおた工業フェア
#029 2007.02 ハンドパワー
#028 2007.01 最近思うこと
#027 2006.12 仕上げ − 黒く色づける
#026 2006.11 職人大集合
#025 2006.10 結び方
#024 2006.09 新作スツールの製作
#023 2006.08 最近の仕事 −イス−
#022 2006.07 展示会を振り返って
#021 2006.06 展示会へのアプローチ
#020 2006.05 削る(仕上げ)
#019 2006.04 作品紹介
#018 2006.03 3次元丸棒の曲げ
#017 2006.02 再生
#016 2006.01 ガンダム展
#015 2005.12 接着剤について
#014 2005.11 イサムノグチ展にて
#013 2005.10 深田パーカライジング(株)
#012 2005.09 メッキの表現
#011 2005.08 仕事内容
#010 2005.07 スチールの薄板について
#009 2005.06 金物について
#008 2005.05 今井健太郎建築設計事務所
#007 2005.04 “教えるということ 教わるということ”
#006 2005.03 株式会社西村コーティング
#005 2005.02 有限会社新成研磨工業所
#004 2005.01 有限会社昭立製作所
#003 2004.12 東京都立王子技術専門校
#002 2004.11 EXIT METAL WORK SUPPLY 清水薫
#001 2004.10 展示会