モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > モノ作りの現場から > savor 末松貴久 末松佐和美 #020



わたし達のような金属溶接を加工して製品を作る人にとって削る(仕上げ)は色々な過程で出てきます。

また「どこを溶接したの?」という質問をされることもあります。
全てではないですが、見せる溶接と、削って平らにして何も無かったように仕上げる方法があります。

今回は後者の方を説明します。





(例)テーブル

写真のように溶接の後、盛り上がっているのがわかります。
それを平らに仕上げます。







グラインダー(サンダー)で盛り上がっているところを荒削りします。
結構力のいる仕事です・・・
グラインダー本体も熱くなるので休み休み削っていきます。





グラインダーで荒く削った面をもう少し番目の細かい刃で削ります。





ここまでがわたし達の仕事で、
これを塗装屋さんにもって行き金属用のパテをしてもらい、
その後また平らに削り塗装してもらうと完成です。

グラインダーを金属の本体にあてるときの角度が重要になります。
これも個人差があるので、一律には言えないのですが
触ればすぐ判ります。
塗装屋さんや、研磨屋さんにみてもらうと一発です!
「あそこは巧い」とか、「下手なところはもっと巧く削らないと仕上がりがよくならないぞ!!」なんて言われたことも・・・
これも長く経験したからといって上手になるものでもないし、
その人の心がけ次第だと思います。

☆溶接した後、グラインダーで削った鉄粉です(一台分)
すごいでしょう。
グラインダー加工時には、耳栓・マスク・帽子・お面をかぶります。
それでも鼻の穴は真っ黒に・・・なります!



鉄分のとり過ぎも、あまり健康によくないですよね。
体内の砂を出すために、食事には蒟蒻を頻繁に
摂取するように心がけています。(迷信かなあ・・・?)
全国の金属加工されてるみなさん、健康管理どうされてます?
朗報ありましたらお知らせください。


サボア 末松貴久 (1970生) 末松佐和美 (1974生)
末松貴久
89年(有)ステンレス共同製作所、96年 EXIT設立に参加。
2000年savor結成

末松佐和美
96年 saew 服飾小物作家として。
2000年savor結成。

主に金属を加工して、家具・金属の造形物(オブジェ)・店舗什器・プロダクトのデザイン・製作、プロトタイプ製作、技術協力などをしています。



#034 2007.07 展示会の総括
#033 2007.06 展示会への助走
#032 2007.05 再利用の巻
#031 2007.04 蜜蝋の巻
#030 2007.03 第十一回おおた工業フェア
#029 2007.02 ハンドパワー
#028 2007.01 最近思うこと
#027 2006.12 仕上げ − 黒く色づける
#026 2006.11 職人大集合
#025 2006.10 結び方
#024 2006.09 新作スツールの製作
#023 2006.08 最近の仕事 −イス−
#022 2006.07 展示会を振り返って
#021 2006.06 展示会へのアプローチ
#020 2006.05 削る(仕上げ)
#019 2006.04 作品紹介
#018 2006.03 3次元丸棒の曲げ
#017 2006.02 再生
#016 2006.01 ガンダム展
#015 2005.12 接着剤について
#014 2005.11 イサムノグチ展にて
#013 2005.10 深田パーカライジング(株)
#012 2005.09 メッキの表現
#011 2005.08 仕事内容
#010 2005.07 スチールの薄板について
#009 2005.06 金物について
#008 2005.05 今井健太郎建築設計事務所
#007 2005.04 “教えるということ 教わるということ”
#006 2005.03 株式会社西村コーティング
#005 2005.02 有限会社新成研磨工業所
#004 2005.01 有限会社昭立製作所
#003 2004.12 東京都立王子技術専門校
#002 2004.11 EXIT METAL WORK SUPPLY 清水薫
#001 2004.10 展示会