モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > モノ作りの現場から > savor 末松貴久 末松佐和美 #028



あけましておめでとうございます。
ことしも宜しくお願いします。

コレを書いているときは12月の後半です。
昨年を振り返ると現代手工業乃党で展示会を6月にOZONEで開催。
いろいろな方に見ていただき、アンケートにも答えていただきました。
また、メールマガジンの配信数も増えつつあり、本当によかったです。
2007年も年一回の展示会を開き現代手工業乃党の活動をみなさんに見てもらえればいいかなと、思います。

最近思うこと。

- ハイテク -
ますます迅速に、便利になっていきますね。
どこまでゆくのかはわかりませんが、何でもあるていどは簡単に出来るようになるでしょう。

- ローテク -
2007年 団塊の世代が大勢退職されます。ご苦労様でした。
大手企業は対策として退職された方を一時的に雇用し、若手の育成を続けるそうです。
末端の工場(中小企業)などは、跡継ぎがいないとその技術はなくなっています。(秘技とか・・・)
いまこそ、手工業の充実を。
コレをなくしてはもったいない。
製造業だけではありません。
農業なども。各分野で・・・
あまりうまく伝えられないけれど、これから大変になるのです。
みなさん、手に職を持つということはいいことだと思います。
これって、人間本来の姿ですよね。

わたしたちもかげながら手工業の面白さをアピールして
わたしもこんな事がしたいという人、子供たちに刺激になればいいと思います。
”ガンバレ日本”

(貴)




毎日料理をつくり、食し、片し、ふと思うことがあります。
日々積み重ねていることの大切さ。
というのもよくわたしたちは食べることが大好きで。
水や土・素材・味覚のはなしをするのです。
物質的に豊かになったかのように見える世の中、
ここにいたるまでの先代の仕事には並々ならぬ
汗が、思いが積み重ねられてきたのでしょう。
丸裸で産まれてきたわたしは与えられた本能から
何を受け取ることが出来ただろう、
丸裸になったとき何を伝えていきたいだろう。
あたえられた感覚、このアンテナをクリアな方向へ向けられるよう
五感を澄ませていくことまっすぐ見抜く。きちんとリセットすること。
そして受け取るsixth sense。
人と物の関係、わたしの理想としてはお互いが活きている状況でしょうか。
うそのないものづくり、環境、当たり前の日々を
コツコツ丁寧に積み重ねてゆくことがわたしの役割でしょうか。
本物ってなんでしょう。
たどり着くまでに、こつこつ・こつこつたくさん積み重ねて行かなければ
なりませんが、いつかそこへ到着できるよう目標にしているところです。

(佐)





後記

前回の「黒く仕上げる」の実物例です。

・ロッカー
黒皮鉄板 t=1.6
オービタル+ガンブルー液+メラミンクリアーつや消し


サボア 末松貴久 (1970生) 末松佐和美 (1974生)
末松貴久
89年(有)ステンレス共同製作所、96年 EXIT設立に参加。
2000年savor結成

末松佐和美
96年 saew 服飾小物作家として。
2000年savor結成。

主に金属を加工して、家具・金属の造形物(オブジェ)・店舗什器・プロダクトのデザイン・製作、プロトタイプ製作、技術協力などをしています。



#034 2007.07 展示会の総括
#033 2007.06 展示会への助走
#032 2007.05 再利用の巻
#031 2007.04 蜜蝋の巻
#030 2007.03 第十一回おおた工業フェア
#029 2007.02 ハンドパワー
#028 2007.01 最近思うこと
#027 2006.12 仕上げ − 黒く色づける
#026 2006.11 職人大集合
#025 2006.10 結び方
#024 2006.09 新作スツールの製作
#023 2006.08 最近の仕事 −イス−
#022 2006.07 展示会を振り返って
#021 2006.06 展示会へのアプローチ
#020 2006.05 削る(仕上げ)
#019 2006.04 作品紹介
#018 2006.03 3次元丸棒の曲げ
#017 2006.02 再生
#016 2006.01 ガンダム展
#015 2005.12 接着剤について
#014 2005.11 イサムノグチ展にて
#013 2005.10 深田パーカライジング(株)
#012 2005.09 メッキの表現
#011 2005.08 仕事内容
#010 2005.07 スチールの薄板について
#009 2005.06 金物について
#008 2005.05 今井健太郎建築設計事務所
#007 2005.04 “教えるということ 教わるということ”
#006 2005.03 株式会社西村コーティング
#005 2005.02 有限会社新成研磨工業所
#004 2005.01 有限会社昭立製作所
#003 2004.12 東京都立王子技術専門校
#002 2004.11 EXIT METAL WORK SUPPLY 清水薫
#001 2004.10 展示会