モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > モノ作りの現場から > STANDARD TRADE. 渡邊謙一郎 #008





少し前のお話ですが、昨年の秋に自分にとって
とても意味のあったお仕事のお話です。


それは、松江にある小泉八雲記念館の依頼による
「怪談」などで有名な小泉八雲
(ラフカディオ・ハーン 1850〜1904)の遺品の1つである
文机と椅子の複製製作の依頼でした。
「没後100年記念 小泉八雲展」の為に
日本全国をまわっていく為のものである。

僕は松江出身でもないし、親戚含めても知り合いなんて
程遠いというか全くいない。
なんで僕に声がかかったのかが初めは吃驚したけど、
よくよく聞いてみると僕の作っているものをだれかが見て、
紹介、紹介また紹介とくり返してそのお話はやってきたようだ。

だけれどもどうしても僕には「こんな若僧になぜ?」
という気持ちでいっぱいだった。
腕のたつ職人さん達が山程いるのに・・・?



半信半疑のまま、言われたとおりに待ち合わせの羽田空港へ。
すると紺色のスーツをビシッと着た方と
わりとラフな服装でリュックを背負っている方の二人が待っていた。
渡辺様ですか?なんて声をかけられて、取り急ぎ名刺交換。

それではいきますか?と、足早にチェックインそしてフライト。
機内での差し障りのない談笑もそこそこに、あっというまに島根県。
僕らのバスしか走っていない閑散とした6車線道路を走りながら、
さすがは竹下元総理のお膝元だな、
なんて政治力を感じているうちにあっという間に小泉八雲記念館に。
「はじめまして渡邊です。」
「わざわざありがとうございます、小泉凡と申します。」
ん!?曾孫さんだ。

そしてここからが本題。
八雲愛用の遺品であり、身体的特徴の1つ片目が不自由で
目がわるい事を示す背の高い文机と椅子の複製のお話。



今までに何回も複製には手をかけていたのだが、
一度もうまくいかなかったそうです。
その理由はハッキリとは答えていただけなかったのだが、
お話をしていくうちにそれはハッキリとわかった。
そして、僕が呼ばれて、期待されている内容の事も
同時にハッキリとわかったのである。

今まではただ、同じものを作ろうとしていたのであって、
汚れや手あか、キズまでも再現しようとしていたようだ。
当然、表面的なものばかり追っていたので
見た目にはそれで良かったのかもしれないが、何かが違う。
その精巧に作られたコピーでは何かが足りないのである。
ただつくるのは誰でもできるのだが、
そのものの背景も探って欲しいという依頼のようにも感じられた。

プレッシャーをチャンスと捉えてしまう僕は
生意気にもこんな事を提案させて頂きました。
「レプリカやコピーを作るのではなくて、
当時八雲が手に入れた時の文机と椅子を作りましょう。」
「汚れとかキズとかつけて似せて作るのはやめて、
当時の八雲の気持ちを想像しましょうよ。」



その後納めさせて頂いた展覧会は無事におわり、
その文机と椅子は松江市に寄贈されました。
僕はこの「複製」と呼べるかはわからないが、
このことで2つの事を感じました。
貴重な遺品をじっと見る事によってその背景が想像できる事。
そしてそれを確実に記録として残さなければならないという責任。

材料や寸法等は当然なのだが、机は何度も手直しをして
使用していた事、椅子の座面が左右非対称な事やその座面は
なぜか製作時の切り損じがそのまま残っている事などなど。
技術者でしかわからない事も今回わかったのである。
図面や記録をまとめる責任があるように思え、
ゆっくりとまとめている。

製作時の失敗を容認する、職人想いな人だったのであろうか、
それとも仲の良い職人さんがそばにいたのであろうか。
想像は膨らむ。

複製を作る事は歴史のひもを解く事でもあるようにも思える。
学者だけではないぼくら技術者も歴史のひも解きに関れる
という事実を手にいれることができた。



渡邊謙一郎 (1972生)
神奈川大学工学部建築学科を卒業後、品川職業技術訓練校木工技術科へ。
(株)ユナイテッドパシフィックス、(株)日進装備にて特注家具製作を学ぶ。
1998年春、千駄ヶ谷に特注家具製作所として STANDARD TRADE. を創立。
2000年冬、横浜に自社工場を設立。
2002年夏、東京都目黒区に事務所移転と共に有限会社スタンダードトレード設立。
2003年秋、目黒区五本木にオリジナルショップをオープンさせる。以後、個人住宅用の家具を中心にオフィス、店鋪等のデザイン設計施工、住宅のリフォームと、デザインと製作の両方の立場からスタッフと共に幅広く手掛けている。



#034 2007.08 結論
#033 2007.06 自分の使用する材料
#032 2007.05 椅子の修理・張り替え
#031 2007.04 建築パーツ
#030 2007.03 飯田水引
#029 2007.02 神戸の現場
#028 2007.01 床塗り
#027 2006.12 定番商品
#026 2006.11 小物製作
#025 2006.10 どうなっていくか
#024 2006.09 Bayon(バイヨン)
#023 2006.08 細部に手を入れる
#022 2006.07 継ぎ手と見た目とその工夫
#021 2006.06 細くなる材料
#020 2006.05 繰り返し繰り返し
#019 2006.04 家具はメンテナンスフリーではない
#018 2006.03 経験の幅
#017 2006.02 訓練校
#016 2006.01 シンプルに。
#015 2005.12 ビンテージオーディオの修復
#014 2005.11 修理から学ぶ
#013 2005.10 刃物から
#012 2005.09 家具へのアプローチ
#011 2005.08 木製フローリングの伸縮
#010 2005.07 なべぶた
#009 2005.06 わからない程度の調色
#008 2005.05 複製によってわかる事
#007 2005.04 家具から内装へ
#006 2005.03 手に入る材料と向き合う
#005 2005.02 正確な板材から
#004 2005.01 ドアノブプレート
#003 2004.12 木材塗装の退色について
#002 2004.11 special source モリソン小林
#001 2004.10 展示会