モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > モノ作りの現場から > STANDARD TRADE. 渡邊謙一郎 #009




壁を白色に塗る。

物件モノをやっているとよくでてくる話だ。
漆喰の場合は、材料そのものに表情があって、大きな面を塗るとすごく豊かな、
なんとも言えないいい表情の壁になるのだが、ペンキでやる時はそうはいかない。









ペンキの材料そのものはあまり表情を持っていなく、
壁一面に塗るとスッキリとした色を出し、色を面で見せてくるので、
あまり豊かな表情は見せてはこない。

僕はそれがあまり好きではない。

だからといってペンキを避けてばかりいられない。
コストも安い方だし、施工性もよいので
時間をあまり長くかけなくてもよいのである。

そのままの白では何だか目が痛かったり、
アイボリーなんてのは何だかあまいので
どちらもそのままではうまくない。
そんな時に僕はいつも現場で調色をする。
とは言っても、白い壁をつくりたいので大袈裟な調色はしない。
塗装屋さんも首をかしげる程の調色しかしない。
豊かな白をつくりたいだけなのだ。

一斗缶の白に顔料を数滴ずつたらす。
赤、黄、黒。割合は経験やと現場の日の入り具合、
照明の度合いなどで決める。

まぜるとマーブル模様のようになり、やがてそれらが消える。
しっかりとまざったらその塗料をよく見て、判断する。
まだ黒が足りないな!
なんて何度か調整しながら材料は完成である。

あとから色が登ってくるし、落ち着きもでてくるので、
塗ってすぐにはわからないし、乾いたってわからない人も多いだろう。

だけど、僕はこんな考えもあわせて頭に入れてやっている。

僕の家具の特徴のひとつでもある、ナラ材を使った茶色の家具。
この家具を仕上げる染料も、赤、黄、黒が混ざっている。

ほんの少しでも共通項を持っていれば
家具と壁の相性がよくなるであろう。
こんなつもりで調色をしている。


渡邊謙一郎 (1972生)
神奈川大学工学部建築学科を卒業後、品川職業技術訓練校木工技術科へ。
(株)ユナイテッドパシフィックス、(株)日進装備にて特注家具製作を学ぶ。
1998年春、千駄ヶ谷に特注家具製作所として STANDARD TRADE. を創立。
2000年冬、横浜に自社工場を設立。
2002年夏、東京都目黒区に事務所移転と共に有限会社スタンダードトレード設立。
2003年秋、目黒区五本木にオリジナルショップをオープンさせる。以後、個人住宅用の家具を中心にオフィス、店鋪等のデザイン設計施工、住宅のリフォームと、デザインと製作の両方の立場からスタッフと共に幅広く手掛けている。



#034 2007.08 結論
#033 2007.06 自分の使用する材料
#032 2007.05 椅子の修理・張り替え
#031 2007.04 建築パーツ
#030 2007.03 飯田水引
#029 2007.02 神戸の現場
#028 2007.01 床塗り
#027 2006.12 定番商品
#026 2006.11 小物製作
#025 2006.10 どうなっていくか
#024 2006.09 Bayon(バイヨン)
#023 2006.08 細部に手を入れる
#022 2006.07 継ぎ手と見た目とその工夫
#021 2006.06 細くなる材料
#020 2006.05 繰り返し繰り返し
#019 2006.04 家具はメンテナンスフリーではない
#018 2006.03 経験の幅
#017 2006.02 訓練校
#016 2006.01 シンプルに。
#015 2005.12 ビンテージオーディオの修復
#014 2005.11 修理から学ぶ
#013 2005.10 刃物から
#012 2005.09 家具へのアプローチ
#011 2005.08 木製フローリングの伸縮
#010 2005.07 なべぶた
#009 2005.06 わからない程度の調色
#008 2005.05 複製によってわかる事
#007 2005.04 家具から内装へ
#006 2005.03 手に入る材料と向き合う
#005 2005.02 正確な板材から
#004 2005.01 ドアノブプレート
#003 2004.12 木材塗装の退色について
#002 2004.11 special source モリソン小林
#001 2004.10 展示会