モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > モノ作りの現場から > STANDARD TRADE. 渡邊謙一郎 #010



今回は商品開発のお話。









ずいぶんと前になるのだけれども、
鍋蓋(おとし蓋)の商品開発のお仕事をさせていただきました。

これは松田美智子さん(料理家)の鍋料理の本の出版を
記念した鍋開発の一環で、友達の西村千寿さん(スタイリスト)
から話があって始まった事でした。
鉄、アルミ、陶器と様々な鍋にあう気にいった鍋蓋がない!
という話から、鍋蓋(おとし蓋)も開発しよう!
ということになり、木蓋の商品開発をして欲しいと
僕に話がきました。

正直なところ鍋蓋(おとし蓋)なんてつくった事ないし、
考えた事もない。勘弁してほしいなぁんて思いながら、
多少の興味もあったのでついつい安請け合い。
『イイッスヨ。ヤリマス。ヤラセテクダサイ。』

その後、鍋蓋(おとし蓋)について色々と考察と検証を
重ねていくと様々な事を知る事になりました。
鍋蓋のサイズはきっちりしたものでなくてもいいことや、
蒸気の逃げる場所があった方がよい事、
そして一番大切にしなくてはいけないことは、
ひっくり返すとまな板になること。
鍋料理に入れて煮る肉や魚に添える野菜のことを
俗に「ざく」というのだが、その「ざく」を切るまな板に
ならなければならないのである。

たいていの物は木が狂うのを押さえる意味と、
取手を兼ねて一本下駄を履かせているのだが、
なにぶん安定が悪い。
また、2本下駄を履かせているものもあるのだが、
それをぼくが新たにつくるのもなんだ。

という訳で試行錯誤の上、ひのきの木蓋が出来上がりました。

真ん中には蒸気を逃がすための丸い穴が空いており、
その穴に丸棒さしてふたを取り、
それを抜いてひっくり返せばざく切り用のまな板になります。
取手がとれるので安定してざくをきれるし、
使い終って洗った後、しっかりと乾燥させてからも、
しまうのに取手がじゃまにならないので場所とらないという利点がある。

今回の物は企画商品の為30枚くらいしかつくらなかったけれども、
嬉しくも即日完売、追加発注ありでした。
製作サイドの考え、ものつくりの現場から商品開発もできる
ことを確信できたことと、つくりやすいという製作サイドの考えも、
デザインに反映されるんだなぁと実感できたお仕事でもありました。
ものつくりの現場からやれることはたくさんある、
これからもどんどんこういったことに参加していきたい。


写真は丸タイプと四角タイプ。



渡邊謙一郎 (1972生)
神奈川大学工学部建築学科を卒業後、品川職業技術訓練校木工技術科へ。
(株)ユナイテッドパシフィックス、(株)日進装備にて特注家具製作を学ぶ。
1998年春、千駄ヶ谷に特注家具製作所として STANDARD TRADE. を創立。
2000年冬、横浜に自社工場を設立。
2002年夏、東京都目黒区に事務所移転と共に有限会社スタンダードトレード設立。
2003年秋、目黒区五本木にオリジナルショップをオープンさせる。以後、個人住宅用の家具を中心にオフィス、店鋪等のデザイン設計施工、住宅のリフォームと、デザインと製作の両方の立場からスタッフと共に幅広く手掛けている。



#034 2007.08 結論
#033 2007.06 自分の使用する材料
#032 2007.05 椅子の修理・張り替え
#031 2007.04 建築パーツ
#030 2007.03 飯田水引
#029 2007.02 神戸の現場
#028 2007.01 床塗り
#027 2006.12 定番商品
#026 2006.11 小物製作
#025 2006.10 どうなっていくか
#024 2006.09 Bayon(バイヨン)
#023 2006.08 細部に手を入れる
#022 2006.07 継ぎ手と見た目とその工夫
#021 2006.06 細くなる材料
#020 2006.05 繰り返し繰り返し
#019 2006.04 家具はメンテナンスフリーではない
#018 2006.03 経験の幅
#017 2006.02 訓練校
#016 2006.01 シンプルに。
#015 2005.12 ビンテージオーディオの修復
#014 2005.11 修理から学ぶ
#013 2005.10 刃物から
#012 2005.09 家具へのアプローチ
#011 2005.08 木製フローリングの伸縮
#010 2005.07 なべぶた
#009 2005.06 わからない程度の調色
#008 2005.05 複製によってわかる事
#007 2005.04 家具から内装へ
#006 2005.03 手に入る材料と向き合う
#005 2005.02 正確な板材から
#004 2005.01 ドアノブプレート
#003 2004.12 木材塗装の退色について
#002 2004.11 special source モリソン小林
#001 2004.10 展示会