モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > モノ作りの現場から > STANDARD TRADE. 渡邊謙一郎 #029



僕は家具を中心にした内装もやっていて、今回はその少しを紹介します。

場所は神戸トアロード、打ち合わせに2ヶ月工事に1ヶ月。飛行機でざっと一時間、、、、。
日帰り可能でした。この3ヶ月、神戸に何回行ったのかなぁ。



1.「現場調査」
この物件は俗に言うスケルトン渡しで、
以前は宝石屋さんだったそうです。
前のお店の状態から適当にスケルトンにしたようで
何もかもが中途半端でした。
当然、壁の水平垂直やなり、床の段差もガタガタ。
きちんと工事したいのでお客様に説明して、
ほとんどやり直させてもらいました。



2.「壁張り直して、補強して、きれいな箱に」
現場はガタガタだったのできちんと調整して
壁、床の下地調整をしました。
写真は壁の仕上げ材の下準備で、パテを何回もしています。
仕上がりに影響がでるので、下地調整に時間をかけよう!
この後、仕上げ。



3.「石屋さん」
現場のエントランスは雨がよく当たる場所なので
石を張ることにしました。
仕入れた天然のスレートをさらに現場で
細かく3分の1位に砕いて、はってもらいました。
大阪から来た職人さんは、
お兄ちゃん細かいねぇってな顔してましたが、
熱意が伝わったので現場は和やかに。



4.「家具登場」
ここまできてやっと、家具の設置。
僕は現場でのこぎりとか、のみとかをふりまわすのが
好きじゃないので(腕も下がるし)、
準備万端で、家具の取り付けをします。
スタンダードトレード、僕含め3人で取り付け。
なれた3人組なので半日作業で修了。
せっかくだから、お昼は美味しい食事を堪能。



5.「梱包材」
梱包材ははきれいにまとめるのが現場の基本。
じゃまにならないように、他の職人さんがまねするように。
汚い現場は仕上がりもそれなりと、言われたくないので。



6.「テント」
外部のテントも取り替え。
カッティングシートで、店名をはります。



7.「サイン」
サインもスタトレ壁にとりついて見栄えよく。



8.「美装」
半日のクリーニングで終了。
現場をきちんとやっていくと
キズや汚れが最小限にくい止められます。


この他にも、電気屋さん、エアコン屋さん、クロス屋さん、塗装屋さん、NTTさん、
光ケーブル屋さん、カーペット屋さん、椅子張り屋さん、大工さん、シャッター屋さん、床屋さん、、、、、。
一件の小さなお店でも、かなりの職種の職人さんが手伝ってくれます。
他の職人さんたちと仕事をすることによって、いつもとは違う勉強ができるし、
技術の根本はどの職種も同じだということを、再認識させられる。
現場は良い勉強になるし、教えてくれる人がたくさんいます。学ぶ良いチャンスだと捕らえたほうが勝ちだね。


渡邊謙一郎 (1972生)
神奈川大学工学部建築学科を卒業後、品川職業技術訓練校木工技術科へ。
(株)ユナイテッドパシフィックス、(株)日進装備にて特注家具製作を学ぶ。
1998年春、千駄ヶ谷に特注家具製作所として STANDARD TRADE. を創立。
2000年冬、横浜に自社工場を設立。
2002年夏、東京都目黒区に事務所移転と共に有限会社スタンダードトレード設立。
2003年秋、目黒区五本木にオリジナルショップをオープンさせる。以後、個人住宅用の家具を中心にオフィス、店鋪等のデザイン設計施工、住宅のリフォームと、デザインと製作の両方の立場からスタッフと共に幅広く手掛けている。



#034 2007.08 結論
#033 2007.06 自分の使用する材料
#032 2007.05 椅子の修理・張り替え
#031 2007.04 建築パーツ
#030 2007.03 飯田水引
#029 2007.02 神戸の現場
#028 2007.01 床塗り
#027 2006.12 定番商品
#026 2006.11 小物製作
#025 2006.10 どうなっていくか
#024 2006.09 Bayon(バイヨン)
#023 2006.08 細部に手を入れる
#022 2006.07 継ぎ手と見た目とその工夫
#021 2006.06 細くなる材料
#020 2006.05 繰り返し繰り返し
#019 2006.04 家具はメンテナンスフリーではない
#018 2006.03 経験の幅
#017 2006.02 訓練校
#016 2006.01 シンプルに。
#015 2005.12 ビンテージオーディオの修復
#014 2005.11 修理から学ぶ
#013 2005.10 刃物から
#012 2005.09 家具へのアプローチ
#011 2005.08 木製フローリングの伸縮
#010 2005.07 なべぶた
#009 2005.06 わからない程度の調色
#008 2005.05 複製によってわかる事
#007 2005.04 家具から内装へ
#006 2005.03 手に入る材料と向き合う
#005 2005.02 正確な板材から
#004 2005.01 ドアノブプレート
#003 2004.12 木材塗装の退色について
#002 2004.11 special source モリソン小林
#001 2004.10 展示会