モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > モノ作りの現場から > tower 室愛彦 #009





日曜日、ソフトボールの試合をしたので
筋肉痛で苦しんでいます。
我らが風早カープは松山のお洒落なレストラン、
ラピュタガーデンチームと戦いましたが、
2試合とも負けてしまいました。
そんな次の日に小林くんは朝からサーフィンをすると言って
高知に出かけていきました。
この元気さは脱帽するしかありません。
towerのホームページをやってくれている新吾くんから
towerで撮影したいとの連絡があり、オッケーしましたが、
モデルさんの着替えをどうしようかという話になりました。
ちょうど小林くんの部屋が空いているので
そこを使えばいいという結論になったのですが、
後で小林部屋を見たらワカメを干していて
すごい臭いが充満しています。
ヤバイと思いましたが、撮影を延期してほしいと
新吾くんから連絡が入りホッとしました。
そういえば三月はtowerの前の海でも
ワカメや天草を採っている人を見かけるので
海藻の旬なのでしょうか?



小林くんとソファの納品に今治に行きました。
お客さんとの約束が1時半だったので早めに出て、
今治でランチをすることにしました。
どこで食べようかとJR今治駅の前の大通りを
ハイエースでゆっくり走っていると、
小林くんが市役所の食堂に行ってみようと言い出しました。
そんな発想がなぜ出てくるのかわかりませんが、
旅の達人である彼の言うとおりに
市役所のパーキングに入ろうとすると、
守衛のおじさんが居て「何課へ行くのか?」と
強い口調で聞かれてしまい、
思わず「住民票を取りに来ました。」と言ってしまいました。
守衛のおじさんにハンコをもらって来るようにと
紙を渡され困っているのに
助手席の小林くんは人事のように笑っています。
一応食堂を偵察しましたが、
小林くんにグッとくるものがなかったので、ハンコももらわず、
守衛のおじさんに訳を話して出してもらいました。
すぐ近くに古びた洋食屋さんがあり、
看板には「ハイジライス600円」と書かれています。
これにグッときた小林くんはここに入りました。
ハヤシライスの間違いだろうと薄々感じてはいましたが
何と言って注文していいかわからないので
「あれ2つください。」と言うとハヤシライスが出てきました。
かなり昔からここで洋食を作ってきたであろう
おじさんとおばさんの心のこもった美味しいハヤシライスでした。



道後のあるホテルの女将さんから
椅子の張り替えの依頼がありました。
引き取りに行くと、白いヨーロピアンな椅子が2脚あり、
それに黒と茶色のヴィトンのスカーフを
それぞれに張って欲しいとの事でした。
とても薄い布なので大変かもと思いつつ、運ぼうとすると、
「木の枠もスカーフと同じ黒と茶色で塗っておいて。」と言われ、
「はい。」と答えました。
何気なく指示通りに張り替えを進めていたのですが、
完成が近づいてきた時、
僕と弟子の白方はびっくりしてしまいました。
恐ろしくカッコイイのです。
白方は「こ、こ、これは!あ、あ、あ、アールヌーボーっすねー。」
といつものどもり口調で興奮しています。
引き取りに行った時の椅子と布からは
こんなにカッコイイ椅子になるとは想像もしませんでした。
軽い感じで僕らに張り替えの指示をした女将さんは
こうなる事を最初からわかっていたのでしょうか?



ソファに座る時、どんな座り方をするのがいいのでしょうか?
一般に売られているソファには座面がたっぷりあって、
座るとフカフカで気持ちのいい物が多いような気がします。
しかしこれらのソファに身体を預けるとお尻が沈んで、
背中は猫背になった状態て止まってしまいます。
この状態で気持ち良くいられる事に問題はないのかな
と疑問に思います。
座面の奥行きがありすぎて
座った時に腰の所に隙間ができてしまうのも
腰に悪い気がします。
towerではそれらに気をつけて
ソファを設計するようにしています。
クッションが柔らかすぎてお尻が沈むと
それだけで猫背になってしまうので固めに。
そして背にもたれた時に背骨は真っすぐに
腰の所はサポートが必ず着くように考えています。
ただウレタンを固めにしていて、
フカフカの背中のクッションではないので、
座面の奥行きが決まってしまい、
人の体型や座り方によって
万人にフィットするという事は出来ないし、
うちのソファはフカフカではないので
好みではないという人がいても当然の事です。
きちんとした姿勢で座れて
心地のいいものを目指してソファをデザインしています。


室愛彦 (1970生)
愛媛県松山市出身
1996年株式会社イデー入社。
退社後、松山に戻り2004年tower設立。
木工職人の今村 則之、椅子張り職人の白方 伸定とともに、家具の受注生産を行っている。



#037 2010.08 7月のtower
#036 2010.07 6月のtower
#035 2010.06 5月のtower
#034 2010.05 4月のtower
#033 2010.04 3月のtower
#032 2010.03 2月のtower
#031 2010.02 1月のtower
#030 2010.01 12月のtower
#029 2009.12 11月のtower
#028 2009.11 10月のtower
#027 2009.10 9月のtower
#026 2009.09 8月のtower
#025 2009.08 7月のtower
#024 2009.07 6月のtower
#023 2009.06 5月のtower
#022 2009.05 4月のtower
#021 2009.04 3月のtower
#020 2009.03 2月のtower
#019 2009.02 1月のtower
#018 2009.01 12月のtower
#017 2008.12 11月のtower
#016 2008.11 10月のtower
#015 2008.10 9月のtower
#014 2008.09 8月のtower
#013 2008.08 7月のtower
#012 2008.07 6月のtower
#011 2008.06 5月のtower
#010 2008.05 4月のtower
#009 2008.04 3月のtower
#008 2008.03 2月のtower
#007 2008.02 1月のtower
#006 2008.01 12月のtower
#005 2007.12 11月のtower
#004 2007.11 10月のtower
#003 2007.10 9月のtower
#002 2007.09 オーシャンズ13
#001 2007.08 tower