モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > モノ作りの現場から > TRUSS BOX 伊藤洋介 #003




エイジング塗装の現場からの予定でしたがただいま現場真っ最中な為来月に変更致します。

今回は中華バイキング料理屋さんの壁面に飾るディスプレイ用サーベルを作ります。
依頼としては、リアルにカッコ良く!
それだけ。
もちろん図面無しのお任せ制作
一番楽しいお仕事です。





刃を作る

本来、刃の形をデザインし、レーザーカット屋さんに
データ発注するのが良いのですが、
時間が無い為
黒皮のFB 6×38をプラズマカットします。





そして黒皮を鋭い刃をイメージしながらサンダーで剥がす。
すでに切れ味良さそうに見えますが、切れてはいけません
あくまでもFAKE!
コレだけでは日本刀のイメージに近い為
根元部分にRのエグリカットしてみます
この1カットだけで何故か海賊っぽくなりました。
この段階で珍しく満足感があり、
両手に持ってポージングしたりします。
38歳とはいえまだまだ男の子です。





次にハンドカバー(手甲部分)

レーザー屋さんに発注してありましたが、
思った以上ノリノリで早く進んでしまった為
待ちきれず1.6ミリの鉄板を自分でプラズマカット!
研磨もいれるとずいぶん手間が掛かります。




そしてイメージしながらひたすら叩く。





それらしくなってきたところでレーザーカット到着!
やっぱりきれいですが時既に遅し。





いよいよ組んでみます

柄の部分は現場の方で皮を巻いたりするそうなので
アイアンの規制品を使用。



ここでも思わずポーズを決めてみる
金属ならではの重量感がたまらない。



仕上げに古美塗装して
さりげなく武勇伝の数だけキズを刻み完成です。




今回の様に考えながら作る事ができるのが
この仕事の醍醐味ですね!


今回協力して頂いたのは
もちろんこのお二人

有り難うございました。



そして最近のアイアン表札。
ガーデンデザインのオフィスTAKEIオリジナル
『表札家』とのコラボ商品。
かなり良い出来です。
アイアン以外の素材も沢山あり
デザイン性はどれも良いです。
特に設計士さんなど
お家に合った表札を探していた方には
超お勧めです。http://www.hyousatsuka.com

今後の展開も報告していきますのでお楽しみに。


伊藤洋介 (1969生)
2000年トラスボックスとして独立

金属を中心とした、家具、オブジェサイン、エクステリア、
などの装飾デザイン制作 店舗デザイン施工等 行う

2004年 国際花博オープニングガーデンショー金賞 最優秀賞受賞
2006年 有限会社GOOD STEEL 設立



#017 2010.04 DEAL DESIGN JOKER 名古屋パルコ店
#016 2010.01 SIGN
#015 2009.05 デザイン手すり
#014 2009.03 らせん階段 後付け手すり
#013 2009.02 建築家とのコラボレーションMACHIKO'S CHAIR
#012 2008.08 ギフト&トロフィー展
#011 2008.07 飾り格子を作る(初級編)
#010 2008.06 New moral standard
#009 2008.05 カウンター宙を舞う
#008 2008.04 てすりラッシュ
#007 2008.03 山田ステンドグラス
#006 2008.02 店舗内装色付け仕事
#005 2008.01 SPACE AGE
#004 2007.12 エイジング塗装
#003 2007.11 ディスプレイ用サーベルを作る
#002 2007.10 野外美術企画展
#001 2007.09 TRUSS BOX