モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > モノ作りの現場から > TRUSS BOX 伊藤洋介 #008








住宅に欠かせないのが手摺。
階段のある家には必ず存在する
一般住宅では唯一個性をアピールできる場所です。

ここのところGW前という事も有り
引き渡しのお家のてすりラッシュ。

まず階段が完成した時点でお声がかかります。

階段が仕上がるのは後半なので、
ここから急がなくてはいけません。

慎重に採寸します。
遠い現場で計り忘れがあるとアウト。

階段の踏み面 D
   蹴上げ H

というのはそれぞれの現場によって異なりますので
当然角度が変わります。

ここを少し間違えると大変な事になります。
下手したら全部作り替えるなんて可能性もあります。

たいてい完了検査の数日前には付けないといけないので
かなり緊張します。





螺旋部分が少しでもある場合は
仮に作って
一度現場で合わせます。

ばっちりですと
俺やっぱ天才じゃんとか一人で言ってます。

違ったとしても原因が解明するまでは
絶対に先へ進みません。



仮に作った基本の直線手摺を
固定してゲージとして
飾り、親バーなど一気に仕上げます。

ここで気を付けないといけないのは
溶接をするとひずんで
角度が変わってしまうので
対角の順で溶接します。



塗装して
いざ現場へ搬入します



ばっちりです!
この緊張感と満足感がたまりません



現在
TRUSS BOXの元トイプーのTOTOも着用している
名古屋STAZZブランドのMODERN PIRATES
が原宿OPENにあたって
盟友スペシャルソースのモリソン小林君と共に
デザイン工事を進行中!

次回ご紹介致します。


伊藤洋介 (1969生)
2000年トラスボックスとして独立

金属を中心とした、家具、オブジェサイン、エクステリア、
などの装飾デザイン制作 店舗デザイン施工等 行う

2004年 国際花博オープニングガーデンショー金賞 最優秀賞受賞
2006年 有限会社GOOD STEEL 設立



#017 2010.04 DEAL DESIGN JOKER 名古屋パルコ店
#016 2010.01 SIGN
#015 2009.05 デザイン手すり
#014 2009.03 らせん階段 後付け手すり
#013 2009.02 建築家とのコラボレーションMACHIKO'S CHAIR
#012 2008.08 ギフト&トロフィー展
#011 2008.07 飾り格子を作る(初級編)
#010 2008.06 New moral standard
#009 2008.05 カウンター宙を舞う
#008 2008.04 てすりラッシュ
#007 2008.03 山田ステンドグラス
#006 2008.02 店舗内装色付け仕事
#005 2008.01 SPACE AGE
#004 2007.12 エイジング塗装
#003 2007.11 ディスプレイ用サーベルを作る
#002 2007.10 野外美術企画展
#001 2007.09 TRUSS BOX