モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > モノ作りの現場から > TRUSS BOX 伊藤洋介 #009




てすりラッシュが続くなか、

MODERN PIRATES TOKYO
原宿デザイン工事を連休前にオープンという訳で

施工を
手工業乃党スペシャルソースのモリソン小林君にお願いする事に、
今回の店舗イメージは基本モノトーンな80sROCK!

オーナーとモリソン氏と僕は同世代。
イメージ伝えるに話早いです。

モリソン氏いきなり分かってます(コラム書くほど音楽好き)
大丈夫よ〜と電話口。



まずは白いコンクリートの壁をエイジング!!
既設の荒々しい雰囲気を引き出して
ガード下の様な雰囲気で
後からチラシ貼ったりステンシル使って
ペイントするからと現場に伝え。




写真で確認しモリソン氏の意見を聞きながら進めてもらい、
雰囲気作りの現場は特に信頼関係が大切です。






ライブハウスイメージなので、
機材等のラックなどを組み合わせて什器を制作。
照明器具もパーライトで揃え、
なんと言ってもモニター全てブラウン管。





サインも004で登場して頂いた
seyイラストレーションのセイさんに
昔の映画看板風にと依頼!
(元絵は友人のGLAYテル君とクローズでおなじみ
漫画家の高橋ヒロシさん作)凄すぎ!!

アクリルパイプも今期手工業党首
デリバリーワークスの俵藤君に発注







壁にはTOMATO PROJECTバリなタイポグラフィー風ペイント。
モリソン氏それを見るなり
”redioheadみたいでかっこいいじゃん”
って、全く分かってくれている。

オーナーが送ってくれたNIKKI SIXXのPVに 近づいてく、、
いい感じ。









しかし!カウンターを発送したところ
搬入口である階段が狭くて入らない!!
2000×1100と大型の家具

他に入り口は無く
僕は最悪分解する事を考え
制作者側(家具屋さん)と連絡を取り合っている間に

スペソーの連中
隣のマンションから入れ込もうとしちゃってます!

これはコラムのネタになると思い写真を撮ろうとしましたが
あまりの必死さにそんなゆとりはありません。

成功です。すごいプロ根性でした。

デカイカウンター宙を舞ってました。

モリソン氏。作ったものはバラさないよ〜大丈夫よ〜
だって。
ゴモットモです。

そんなこんなで皆さんの協力もあり無事完了

商品全て手作業で作られているギア達も見応えあります。

MODERN PIRATES TOKYO是非。






てすりラッシュ続くなか
某ハウスメーカーユニット式階段手摺
出来ました。

発送したのですが

施工が難しいとの事で
遠方の現場へ、、、

自分で見て収める。

そりゃ簡単。

誰でも付けられる様
そこをなんとかしないと、、
ユニット式の意味がない。

開発レベルです。


伊藤洋介 (1969生)
2000年トラスボックスとして独立

金属を中心とした、家具、オブジェサイン、エクステリア、
などの装飾デザイン制作 店舗デザイン施工等 行う

2004年 国際花博オープニングガーデンショー金賞 最優秀賞受賞
2006年 有限会社GOOD STEEL 設立



#017 2010.04 DEAL DESIGN JOKER 名古屋パルコ店
#016 2010.01 SIGN
#015 2009.05 デザイン手すり
#014 2009.03 らせん階段 後付け手すり
#013 2009.02 建築家とのコラボレーションMACHIKO'S CHAIR
#012 2008.08 ギフト&トロフィー展
#011 2008.07 飾り格子を作る(初級編)
#010 2008.06 New moral standard
#009 2008.05 カウンター宙を舞う
#008 2008.04 てすりラッシュ
#007 2008.03 山田ステンドグラス
#006 2008.02 店舗内装色付け仕事
#005 2008.01 SPACE AGE
#004 2007.12 エイジング塗装
#003 2007.11 ディスプレイ用サーベルを作る
#002 2007.10 野外美術企画展
#001 2007.09 TRUSS BOX