モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > モノ作りの現場から > TRUSS BOX 伊藤洋介 #013




豊橋市で活躍する建築家の(有)エムプロダクツ 富田真知子先生からのご依頼で
スチール製の椅子を作る事になりました。







以前#002コラムで紹介しました
とよはしアートユニットという野外展
町空間への提案No5への出展作品です。

私は今回お見送り。お仕事としての製作参加となります。

先生からのご依頼はかなりのプレッシャー。

まずCADデータをレーザー加工
9ミリの波型がベースとなります。




仕上げにはステンレスのパンチングメタルが座面となります。

最初は鼻歌的な感じで骨組みが完成。
結構いいスピードで形になっちゃった。
しかも二台。

強度も納まりもバッチリす。
ひずまないしゆがまないす。(これが命取り)









次パンチング貼って終わりかなと思い
当ててみるが。。。

途中の補強部分がパンチングの穴から見えてしまう。
そこにきてはネジもとまらない。


完全に見落とし。
でもそのくらいならバラして付け直せばいいだけ。
問題無し。

次パンチング固定。
これからが大変。
ステン板はカネがビシ。伸び縮みもしない。

つまり骨組みも全てカネがビシでないと
ズレてきたりたわんだりしてしまう。
おまけにこの椅子曲線だし!

角から板を押さえながら骨に沿ってとめていく予定が
なかなか合わない。
レバーで鉄を対角に引っぱりながらカネをだす。
いいとこで9ミリの小口に穴をあけネジ山を切る。

これが二台!

骨組みを作る時間の倍くらいかかった。

また問題。
これで終わりでなく、バラして塗装してまた付ける。

仕上げ塗装した後にどやってレバーをつけんの!?




なんとか慎重にまた引っぱりながら完成。
座り心地はかなりいい感じです。

先生これ商品化しようだって。
。。むりす。

一台は記念に頂いちゃいました。
ありがとうございました。


伊藤洋介 (1969生)
2000年トラスボックスとして独立

金属を中心とした、家具、オブジェサイン、エクステリア、
などの装飾デザイン制作 店舗デザイン施工等 行う

2004年 国際花博オープニングガーデンショー金賞 最優秀賞受賞
2006年 有限会社GOOD STEEL 設立



#017 2010.04 DEAL DESIGN JOKER 名古屋パルコ店
#016 2010.01 SIGN
#015 2009.05 デザイン手すり
#014 2009.03 らせん階段 後付け手すり
#013 2009.02 建築家とのコラボレーションMACHIKO'S CHAIR
#012 2008.08 ギフト&トロフィー展
#011 2008.07 飾り格子を作る(初級編)
#010 2008.06 New moral standard
#009 2008.05 カウンター宙を舞う
#008 2008.04 てすりラッシュ
#007 2008.03 山田ステンドグラス
#006 2008.02 店舗内装色付け仕事
#005 2008.01 SPACE AGE
#004 2007.12 エイジング塗装
#003 2007.11 ディスプレイ用サーベルを作る
#002 2007.10 野外美術企画展
#001 2007.09 TRUSS BOX