モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > 読みモノ > R師弟




さて。
ん?
今回のアイテムは何かな?
(進行するなよ。)
今日の作業は順調だから必要ないかなぁ〜。
じゃあ今回のアイテムは、、、
材料を固定するのにかかせない、頼りになるヤツ!
(だから、進行するなよ。)
クランプ、、、C型。
、、、たしかにCのカタチをしていますね。
ほぼ同型でG型クランプと呼ばれているものもあるよ。
CであれGであれ、この手の形状のものは「シャコ万力(まんりき)」とも呼ばれてるね。
シャコ、、、あのエビみたいな?
いやいや。英語の「shackle」からきているんだよ。シャッコゥ、ってね。
なんかカッコイイような、マヌケのような、微妙な語源ですね。
ガッチリ押さえてますね。全然動かないや。
これなら電動工具を使っても、材料はびくともしないだろ。
材料の固定。作業の基本ですね、マイスター師匠。
そのとおり。
CとかGとかの他にはないんですか?
材料の大きさによって、2個、3個使ったり、違う種類のクランプと併用したり。
なるほど。
作業の邪魔にならないように適切に配置するのがポイントかな。
でも、どのクランプもネジを締めて固定するんですね。
ちょっと手間がかかりますね。
これは手軽に扱えますね。でもバネの力が、、、強い。
そうだな。バネが強すぎると扱いづらい。
でも逆に、バネが柔らかいと、当然材料を押さえる力が弱い。
状況に応じて使いわけるクランプだね。
クランプにもいろいろ種類があるんですね。
今紹介したのはほんの一部だよ。
材料の種類・寸法・形状・作業内容によって、それぞれに適した様々なクランプがあるよ。
へぇー。
木工、金工あらゆる加工に関わる道具だから正しい知識と使い方を覚えないとな。
はい!
今日は、、、
正確な作業に欠かせない、材料をガッチリ固定するクランプを紹介しました!
締めさせて!(クランプだけに・・・プフッ)



2008.03.01 20 面取り・バリ取り工具
2008.02.01 19 ワイヤーストリッパー
2008.01.01 18 アジャスター
2007.12.01 17 キャスター
2007.11.01 16 水平器
2007.10.01 15 蝶番
2007.09.01 14 サシガネ
2007.08.01 13 接着剤
2007.07.01 12 ねじ
2007.06.01 番外編 現代手工業乃党にインタビュー
2007.05.01 11 レンチ
2007.04.01 10 防じんマスク
2007.03.01 09 バール
2007.02.01 08 ドライバー
2007.01.01 07 ツナギ
2006.12.01 06 アクリルカッター
2006.11.01 05 プライヤ
2006.10.01 04 クランプ
2006.09.01 03 アンビル
2006.08.01 02 コンベックス
2006.07.01 01 ノギス