モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > 読みモノ > R師弟




あー忙しい忙しい。
あ、マイスター師匠おかえりなさい。
あー忙しい忙しい。また留守番頼むよタクミ君。
え、またお出かけですか?
毎年この時期は予定がいろいろあって忙しいんだよ。
師走ですね。師匠は走ってなんぼですね。
(師走の意味違うけどな)
・・・ところでタクミ君は何をやってるんだい?
アクリル板を切るところです。
ほぉ。
(・・・今アクリルの仕事、請けてたっけな?)
カッターナイフやデザインナイフじゃあ、切れそうにないんですよ。
そうだね。
カッターナイフやデザインナイフは、紙やビニールなど
薄くて硬くない素材をカットするものだからね。
そうなんですよ。
このアクリル板は厚さが2mmあるし、紙のように軟らかくないから・・・
タクミ君、実はアクリル専用のカッターがあるんだよ。
アクリル専用?
ストレートな名前ですね。
「アクリル」カッターと呼んでるけど、塩ビ板とか、PP(ポリプロピレン)板とか、
プラスチックの板全般をカットする道具だよ。
某工具メーカーの商品名が通称となって「Pカッター」とも言うね。
へぇー。
それにしても刃の部分が特殊な形をしていますね。
うん。1枚の刃で3通りの用途に使えるんだ。
1枚3役ですか、万能なんですね。
(ちょっとジェラシー・・・)
いろいろな使い方があるんですね。
じゃあ、実際にアクリル板をカットしてみようか。
ふんふん。(1mm?なんでだろ?)
そう、「切る」というより、「削る」という方が適切だね。
そうか、だから寸法に余裕を持たせているんですね。
そのとおり。
アクリルカッターはアクリルを「切る」道具じゃないんだ。
???
切る道具じゃない、って・・・
タクミ君が今やったように、アクリルにミゾを掘るのが本来の用途なんだ。
はぁ。
・・・でもこのあとはどうするんですか。
タクミ君、アクリル板の両端を持ってみて。
まっぷたつに折れました。
そう。アクリルカッターで削っていたのは、板を折るためのミゾだったんだよ。
5mm程度の板ならアクリルカッターでカットできるよ。
ミゾの深さの目安は、板厚の1/3〜1/2だね。
そうだったのか〜、すげ〜。
コグチにヤスリをかけて・・・面を取って・・・。
おぉ〜。アクリル板のカット完了です!
どうだい。アクリルカッターの使い方は分かったかな。
はいっ。完璧です!
うむ。
よーし。あとはこのアクリル板にカッティングシートを貼って・・・
ん・・・?
・・・できた!
アクリルだけに見通しの明るい年に、、って上手いこと言いますね僕!
(仕事してたんじゃなかったのか・・・)
ところでマイスター師匠、どこかへお出かけの予定だったんじゃないですか?
・・・・・・あーっ!!!
?!
打ち合わせに行かないと!
じゃあな、タクミ君!
あーっ、マイスター師匠、待ってください!
どうした?!時間がないんだよ!
ついでに年賀状、投函してきてもらえませんか?
師走だけにひとっ走り・・・
・・・
タクミ君、お正月休みお預けな。



2008.03.01 20 面取り・バリ取り工具
2008.02.01 19 ワイヤーストリッパー
2008.01.01 18 アジャスター
2007.12.01 17 キャスター
2007.11.01 16 水平器
2007.10.01 15 蝶番
2007.09.01 14 サシガネ
2007.08.01 13 接着剤
2007.07.01 12 ねじ
2007.06.01 番外編 現代手工業乃党にインタビュー
2007.05.01 11 レンチ
2007.04.01 10 防じんマスク
2007.03.01 09 バール
2007.02.01 08 ドライバー
2007.01.01 07 ツナギ
2006.12.01 06 アクリルカッター
2006.11.01 05 プライヤ
2006.10.01 04 クランプ
2006.09.01 03 アンビル
2006.08.01 02 コンベックス
2006.07.01 01 ノギス