モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > 読みモノ > R師弟




大変だよ!タクミ君。
あ、マイスター師匠、おはようございます。
どうしたんですか?そんなに取り乱して。
近所の鋼材屋さんに鋼材ドロボーが入ったらしいよ。
えぇっ!それは物騒な話ですね。
しかもタイムレスなR師弟にしては、めずらしくタイムリーな話題。。。
で、どうだったんですか?
なんでも倉庫のドアをバールのようなものでこじ開けられたらしい。
幸い、中にはほとんど鋼材を置いてなかったから、実質の被害は少ないそうだ。
それは不幸中の幸いですね。
まったくそのとおりだね。
・・・・・・・・・
ん?何?
「バールのようなもの」って何ですか?
よく窃盗事件のニュースで聞くフレーズだよね。
はい。
へー、これがバールかぁ。
うむ。
で、窃盗以外には何に使うんですか?
コラーッ!
ところで「てこの原理」っておっしゃいましたけど。
それってたしか小学生のとき理科の授業で習ったような。。。
うん。
小さな力でも、「てこの原理」を使うと大きな力になるんですよね。
うん。そしてその原理を利用したのがこのバールなんだよ。
ん〜。「てこの原理」は分かったんですけど、イメージがわかないですね。
具体的にはどうやって使うんですか?
角度がついているけど、ちゃんと「力点」「支点」「作用点」がありますね。
そのとおり。
「作用点」と「支点」の距離が短くて、「力点」と「支点」の距離が十分にあるから、
本来であれば人間の力では抜けるはずのない釘も簡単に抜けるんだ。

これと似たような使い方で、消防士やレスキュー隊員も専用のバールを持っているね。
災害救助用バール、ってことですか?
うん。
重い物の下敷きになってしまった人を助けたり、
硬く閉ざされてしまったドアをこじ開けたり、ね。
人の役にも立ってるんですね、バールって。
そのとおり。

いやー、「てこの原理」ってすごいですね。
うむ。
人間の力を何倍にも引き上げてくれるなんて、素晴らしい!
「〜のようなもの」扱いしちゃあ失礼ですね。

よーし。
今日もひとつ工具の使い方を覚えたし、さっそく仕事にかかりますね。
あれ?
ところで、昨日仕入れた鋼材は?
昨日は雨が降ってたから、今日にしようと思って。
これから引き取りに行ってきます。
どこに?
近所の鋼材屋さんですよ。
倉庫の中に取り置きしてもらってるんですよ。
ドロボー、、、入ったとこだよね。
・・・・・・
・・・・・・



2008.03.01 20 面取り・バリ取り工具
2008.02.01 19 ワイヤーストリッパー
2008.01.01 18 アジャスター
2007.12.01 17 キャスター
2007.11.01 16 水平器
2007.10.01 15 蝶番
2007.09.01 14 サシガネ
2007.08.01 13 接着剤
2007.07.01 12 ねじ
2007.06.01 番外編 現代手工業乃党にインタビュー
2007.05.01 11 レンチ
2007.04.01 10 防じんマスク
2007.03.01 09 バール
2007.02.01 08 ドライバー
2007.01.01 07 ツナギ
2006.12.01 06 アクリルカッター
2006.11.01 05 プライヤ
2006.10.01 04 クランプ
2006.09.01 03 アンビル
2006.08.01 02 コンベックス
2006.07.01 01 ノギス