モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > 読みモノ > R師弟




春はあけぼの やうやう白くなりゆく山際・・・
春は早起きが気持ちいいよね。
今日はタクミ君より早く出社しちゃった。

(ガラガラ・・・)

あっ、タクミ君、来たかな?

(へっくし!)

(あれ、タクミ君、風邪?)
わっ!わっ!誰っ?!
誰って、、僕ですよ。タクミです。
タクミ君?
どうしたの、それ?
いやぁ、、ついにデビューしちゃいました。
花粉症です。へっくし!
あぁ、そう。花粉症だったのね・・・。
それは大変だね。
そうでもないですよ。
おかげでこんなかっこいい装備を身に付けられて。
(ポジティブだな・・・)ところでタクミ君知ってる?
そのマスクは職人の健康を守る大事なアイテムなんだよ。
えっ、そうなんですか?
でもこれ「花粉症対策コーナー」で買ったんですよ。
うん。
ボウジン、、、って、どういう意味ですか?
防塵、、、つまり塵(ちり)やホコリなどの細かい物体が体に侵入するのを防ぐんだ。
なるほど。
あ、だから花粉症にも有効なんですね。
そのとおり。
ちなみにタクミ君がしているマスクは、「取替え式」だね。
取替え式・・・




防じんマスクは、サンダーやグラインダー作業、
コンクリートのハツリ作業(=切ったり削ったり穴を開けたりする作業全般)など、
粉じんの中で作業をする際にはぜひ装備しておきたいね。
細かい塵がいっぱい舞ってますもんね。
他にマスクをつけた方がいい時ってあります?
溶接する時だね。
溶接ヒューム対策としても防じんマスクは有効だよ。
溶接ひゅーむ、、、って何ですか?

へぇー、溶接している時にもそんな危険な物質が舞っているんですね。
気をつけないと。
また、近年問題になっているアスベストの除去作業のときにも
やはり防じんマスクが、しかもこの場合かなり高性能なマスクが必要だね。
粉じん、溶接ヒュームに、アスベスト、、、
モノ作りの現場には危険がいっぱいなんですね。
うん。
でも正しい用具を身に付けて作業すればそういった危険は防げるものなんだ。
はい。
僕、今日から作業中はマスクします。
うむ。
タクミ君、今日はこのへんにしようか。
ふー。
今日も一日、鉄を削りまくったなぁ。
おつかれさん。
粉じんをたくさんキャッチして、マスクのフィルタも真っ黒だね。
はい。
でも、今気付いたんですけど、フィルタより髪の毛の方が粉じんをキャッチしてますね。



2008.03.01 20 面取り・バリ取り工具
2008.02.01 19 ワイヤーストリッパー
2008.01.01 18 アジャスター
2007.12.01 17 キャスター
2007.11.01 16 水平器
2007.10.01 15 蝶番
2007.09.01 14 サシガネ
2007.08.01 13 接着剤
2007.07.01 12 ねじ
2007.06.01 番外編 現代手工業乃党にインタビュー
2007.05.01 11 レンチ
2007.04.01 10 防じんマスク
2007.03.01 09 バール
2007.02.01 08 ドライバー
2007.01.01 07 ツナギ
2006.12.01 06 アクリルカッター
2006.11.01 05 プライヤ
2006.10.01 04 クランプ
2006.09.01 03 アンビル
2006.08.01 02 コンベックス
2006.07.01 01 ノギス