モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > 読みモノ > R師弟




このボルト、絶対にゆるまないようにグッと締めたいなぁ。
どんな工具を使えばいいんだろ?
おや、タクミ君、ボルトを締めるのかい?
そんなときはこれを使うんだ、、、
はい、俺んちのレンチ。
・・・・・・
(はっ・・・まさかダジャレ、、、そんなはずは、、、空耳?、、、)
おれんちの、、、
(2回言った!)
ボルト・ナットを締める道具の総称だね。
レンチもスパナも聞いたことあるけど、同じものを指しているんですね。
うん基本的にね。
でも、レンチにもいくつか種類があるんですね。
どう使い分けるんですか?
うむ。
可動式ですか。
どんなサイズのボルトにもフィットして使いやすそうですね。
うん。
でも、ボルトのホールド感に多少難があって、
ちょっとでもアゴとボルトのサイズに誤差があるとボルトをナメやすい。
ボルトをナメると始末が悪そうですね。
うん。だからモンキーレンチは、仮締めとか、補助的な使用をすることが多いよ。
モンキーレンチとメガネレンチ、
たいていの場合この2種類があればガッチリとボルトやナットを締められるよ。
なるほど、ありがとうございます。
でももうひとつ、万能なレンチがあるんだよ。
メガネレンチのように複数本備える必要も無く一本で事足りる、
そんなレンチがあるんだ。
現場に出るときなんか、携帯する工具はなるべく減らしたいですもんね。
うん。そうだね。工具箱の省スペース化に役立つね。
でもソケットレンチの利点はそれだけじゃないよ。
まだ何かあるんですか?
たいていのソケットレンチには、ラチェット機構が付いているんだ。
らちぇっと、、、?

ん〜。
何だか難しい話ですね。
まぁ、構造のことはともかく、「一方向にしか回らない」というのがポイントだね。
それが何のメリットになるんですか?
無駄な動きが混じってしまいますね。
うん。でもこれがラチェット機構を備えていたら、どうなる?
「一方向は回らないけど、もう一方向は回る」んだよ。
そうか!
ラチェットだったら「一方向は回る」から、
レンチをセットしなおさなくてもいいんですね!
そのとおり。
往復運動を繰り返すだけで、締められるんだ。
すばらしいですね!
ソケットレンチ!
うん。
まさに我々職人にとって、助っ人レンチだね。
・・・・・・
っ!!
すぉけっと、、、



2008.03.01 20 面取り・バリ取り工具
2008.02.01 19 ワイヤーストリッパー
2008.01.01 18 アジャスター
2007.12.01 17 キャスター
2007.11.01 16 水平器
2007.10.01 15 蝶番
2007.09.01 14 サシガネ
2007.08.01 13 接着剤
2007.07.01 12 ねじ
2007.06.01 番外編 現代手工業乃党にインタビュー
2007.05.01 11 レンチ
2007.04.01 10 防じんマスク
2007.03.01 09 バール
2007.02.01 08 ドライバー
2007.01.01 07 ツナギ
2006.12.01 06 アクリルカッター
2006.11.01 05 プライヤ
2006.10.01 04 クランプ
2006.09.01 03 アンビル
2006.08.01 02 コンベックス
2006.07.01 01 ノギス