モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > 読みモノ > R師弟




タクミ君、今回はねじについて勉強しようか。
わっ、今日はいきなり本題に入るんですね、マイスター師匠。
水不足の話題とかしましょうよ〜。
いやいや。
今回のテーマは長くなりそうなので・・・
ねじですか。いつもお世話になっていますね。
うん。
タクミ君、「ねじ」と聞いてどんなものを連想するかな?
はぁ、、、
普通「ねじ」と言えば、棒状のものにギザギザのミゾが彫ってあって、
ドライバーなどで回して締めるもの、、、ですよね。
うん、そうだね。
それはそれで間違ってはいないんだが・・・。
今タクミ君が説明してくれたものは
規格上の分類で言うと「ねじ部品」にあたるものなんだ。
厳密には「ねじ」は、もっと広い意味を持っていてね。
・・・どういうことですか?
タクミ君、これを見て。
クランプですね。
そのとおり。
以前このコーナーでやりましたね。
あの頃は、こんなに長く続くとは・・・
タクミ君。
はい?
話が長くなるからそのへんで。
はい。
ここにミゾが彫ってあるよね。
はい。ハンドル部分を回して締め付ける時に必要ですね。
うん。
じゃあ今度はこれを見て。
電球ですね。
そう。
しかも蛍光灯型。
白熱球よりも省電力で経済的・・・
タクミ君。。
はい。
話が長くなりますね。
電球のおしりの部分、ここにもミゾが彫ってあるよね。
はい。ソケットに取り付ける時にくるくる回しますね。
実はクランプにしても、電球にしても、
これらのミゾが彫ってある部分を、広い意味で「ねじ」と呼ぶんだよ。
あーなるほど、そういうことですかぁ。
そうなんですか。
「ねじ」って随分幅広い意味を持っているんですね。
また「ねじ」の中でも、
ねじ山が円筒(円すい)の外側にあるのが「おねじ(雄ねじ)」、
逆にねじ山が円筒(円すい)の内側にあるのを「めねじ(雌ねじ)」というんだ。
おねじと、めねじ、ですか、、、内側とか外側とか、なんかイメージがわかないですね。
具体例を見れば簡単だよ。
「ねじ部品」のひとつである、ボルトとナットなんだが、、、
はい。
あ、なるほど、そういうことですね。
ボルトとナットのように、おねじとめねじは、通常セットになって使われることが多いね。
他にも、ペットボトルのフタと口の部分だって、「めねじ」と「おねじ」だし、
水道の蛇口にも「ねじ」の機能が作用しているね。
なるほど、そのとおりですね。
しかも、さりげなく水不足に関連したキーワードを盛り込んでくるあたりがさすが師匠。
・・・まぁ、このように「ねじ」はモノ作りの世界に限らず、
いろいろな場面で使われているよね。
はい、そのとおりですね。
今日はありがとうございました。勉強になりました。
、、、じゃあ水不足の話題を、、、
いやいや、まだ終わってないよ。
「ねじ」が幅広い意味と役割を持っているのが分かったとして、
でも実際わたしたちが日常使っているのは「ねじ部品」が主流だよね。
そうですね。
特におねじが多いですね。
「ねじ部品」にも様々な種類があって、これを覚えておくことは重要なんだよ。
いたってシンプルですね。
うん、そうだね。
では、ねじの分類を「ねじ頭」をポイントに説明しようかな。
頭の部分は締め付けたあとも表面に残って人目に触れる部分だから、
意匠的な役割を持っているものもあるよね。
なるほど。
形だけじゃなくて、機能面でも「おねじ」は分類されているよ。
機能面ですか?
基本的に「めねじ」に締め込むのが「おねじ」ですよね?
うん。基本的にはそうだね。
でも締め込む対象が「めねじ」だけとは限らないんだ。
それが次に紹介する「タッピングねじ」と「ドリリングねじ」だよ。
ドリリング、、、おどろおどろしい名前ですね。
タッピング(tapping)、、、[tap]には「めねじ切り」という意味があるんだ。
ドリリングねじもタッピングねじの一種だよ。
ドリリングねじは、先端がドリルになっていますね。
具体的にはどうやって機能するんですか?
うん。
ちょっとこれを見てみて。
タッピングねじは、下穴さえ掘ってあれば、めねじのねじ山を自ら掘るんだ。
ドリリングねじは、ねじ穴の切削とねじ切りを両方同時に行うんだよ。
すげー!
ちなみに、タッピングねじを使う際は、
下穴の径をどれくらいの大きさにしたらよいか、注意が必要だね。
「ねじ」って単にドライバーなどで回して締めるだけじゃないんですね。
うん。
こうなると、ねじといっても単なる部品ではなくて、立派な「工具」の一部だね。
意匠面だったり、機能面だったり、「ねじ」って奥が深くて面白いですね!
うん。金物屋さんや、専門のねじ屋さんに行ってみると、
もっといろんな種類のねじがあるから見ていて楽しめるだろうし、
ねじをきっかけに新しい作品作りのヒントが見つかるかもしれないね。
はいっ!
じゃあそろそろ水不足の話を、、、
ちょっとねじ屋さんに行って来ます!
・・・水、、、



現代手工業乃党の展示会にお越しくださった皆様、
どうもありがとうございました。
盛況だったね。よかったね。
はい。
僕もこっそり展示会デビューできましたし。
えっ、、、
実は展示会開催の直前に、special sourceのモリソンさんからオファーが来ました。
えっ、、、タクミ君、何作ったの?
展示会の顔ともいうべき、サインスタンド。
・・・
鮮烈なデビューでした。
・・・
ちなみに98%はspecial sourceのアイハーさんにお願いしました。
邪魔しに行っただけね。



2008.03.01 20 面取り・バリ取り工具
2008.02.01 19 ワイヤーストリッパー
2008.01.01 18 アジャスター
2007.12.01 17 キャスター
2007.11.01 16 水平器
2007.10.01 15 蝶番
2007.09.01 14 サシガネ
2007.08.01 13 接着剤
2007.07.01 12 ねじ
2007.06.01 番外編 現代手工業乃党にインタビュー
2007.05.01 11 レンチ
2007.04.01 10 防じんマスク
2007.03.01 09 バール
2007.02.01 08 ドライバー
2007.01.01 07 ツナギ
2006.12.01 06 アクリルカッター
2006.11.01 05 プライヤ
2006.10.01 04 クランプ
2006.09.01 03 アンビル
2006.08.01 02 コンベックス
2006.07.01 01 ノギス