モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > 読みモノ > R師弟




あーーーー!!!
どうしたの!?タクミ君。
やばいっす、やばいです!
何が?
工場のトイレのドアが開きません!もう限界です!
えぇ?ドアが開かない?
限界って、、、
は、はい、、、マイスター師匠、ボクもうダメかもしれません。
今までお世話になりました。
いかん!いかんよ、タクミ君。
ここであきらめたら今日一日の労働意欲に大きく関わるぞ!
はい、、うぅ、、、それにしても何でドアが開かないんでしょう、、、
変な汗をかいてきました。
どれどれ、、、、、これは、、、、、、原因は蝶番だな。
チョウバン?、、、ですか。
うぅ、、、今回は説明いらないです・・・。
は、はやくドアを開けてください。
応急処置をしたよ。
ほら、開いた。
ありがとうございまぁーす!
・・・・・・やれやれ。
さて、今回はタクミ君抜きで進めようね。

でも、建築業界やモノ作りの現場では慣用的に「ちょうばん」と呼ぶのが主流になってるね。
蝶の字も「丁」に簡略化されて「丁番」とね。


扉の開閉に用いる蝶番の場合、「スムーズに開閉する」という機能以外に
「扉の荷重を支える」という要素も求められてくるね。
だからサイズや材質など様々なタイプの蝶番があるんだよ。


もちろん用途などによって、様々な形状の蝶番があるよ。


「抜き蝶番」を使うと扉が容易に取り外しできるんだ。
舞台のセットなど仮設の場合、組立&解体作業にとても便利な蝶番だね。


こんなところだね。
蝶番は扉に限らずいろいろな場所で使われている部品だから
身の回りを見渡してみるとたくさん見つかるよ。



ふーーーーー。
おっ、タクミ君、戻ってきたね。
助かりました。
あやうくハプニングで連載打ち切りにしてしまうところでした。
どんなハプニングだよ。
ところで今回のテーマ、
チョウ、、、何でしたっけ?
蝶番ね。もう説明終わっちゃったよ。
えーっ!
だってタクミ君が説明いらない、って言うから・・・
このまま終わったら、ボク今回トイレ入ってただけじゃないですか!
まぁまぁ、タクミ君、ここはひとつ水に流して・・・
・・・上手いこと言っちゃった。
(お食事中の方、すみませんでした。)



2008.03.01 20 面取り・バリ取り工具
2008.02.01 19 ワイヤーストリッパー
2008.01.01 18 アジャスター
2007.12.01 17 キャスター
2007.11.01 16 水平器
2007.10.01 15 蝶番
2007.09.01 14 サシガネ
2007.08.01 13 接着剤
2007.07.01 12 ねじ
2007.06.01 番外編 現代手工業乃党にインタビュー
2007.05.01 11 レンチ
2007.04.01 10 防じんマスク
2007.03.01 09 バール
2007.02.01 08 ドライバー
2007.01.01 07 ツナギ
2006.12.01 06 アクリルカッター
2006.11.01 05 プライヤ
2006.10.01 04 クランプ
2006.09.01 03 アンビル
2006.08.01 02 コンベックス
2006.07.01 01 ノギス