モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > 読みモノ > R師弟




寒いよ〜。
そうだね、うちの工房、暖房ないんだよね。
えぇ!そういう設定だったんですか?
まあ、後付けだけどね。
おっ!あれは、、!?
ん?
近所のゴミ捨て場に電気ストーブを発見しました!
お、すばらしい!
でかしたよ、タクミ君!
まだ動きそうだなぁ・・・
タクミ君、はやくはやく!
はやくストーブつけようよ。
マイスター師匠あせらないでくださいよぉ。
じきに常夏ですよ!ワイハーですよ!
ワクワク・・・
ん?
キャー!
どうしたのタクミ君?
これじゃあ電源を入れられない・・・寒い、いろんな意味で寒い・・・
まぁゴミ捨て場にあったものだからね、どこかしら壊れてても不思議じゃないよね。
・・・
どうしたのタクミ君?
・・・疲れたろ
え、何?
・・・僕も疲れたんだ・・・なんだかとても眠いんだ・・・
え?えっ?
・・・パトラッシュ
誰がパトラッシュだよ。
タクミ君、目を覚ませ。これくらい簡単に直せるよ。
マイスター師匠、道具の説明は必要ないですから、はやく・・・暖を・・・
ちょっとは我慢しなよ・・・
道具の使い方の前にまずは電気コードの説明をするね。
は、はい。
つまり、、、銅線をどのように覆っているかの違いがあるんですね。
うん、そしてその銅線(ワイヤー)を覆っているものをはがす道具が、
ワイヤーストリッパー、というわけなんだね。
ワイヤーを裸にする、、っていう意味ですね。
うん。
じゃあさっそく修理にとりかかろうか。
はい。
この電気ストーブのコードはキャブタイヤの小判コードですね。
うん。ビニールが2重になっているタイプだね。
すげー!
でしょ?
切った後はどうなってるんですか?
えー、でも何で外側のビニールだけがカットできるんですか?
いや、別に複雑な話ではないんだけどね。
刃でビニールに切り込みを入れてから引っこ抜く、って感じですかね。
そうだね。
ビニールを完全に切らない、ってことが中身を傷つけないためのポイントだね。
早いですね!
うん。
もちろん普通のニッパーでもビニールをはがすことはできるんだけど、
ワイヤーストリッパーだと、「切ってはがす」作業が一連の動作で出来るんだ。
なるほど。
いつの間にか、コードが「平行ビニールコード」に代わってるけど、
よい子のみんなはツッコんじゃ駄目だよ。
気づかれる前にカミングアウト・・・新しい偽装スタイルですね。
あっという間ですね!
ワイヤーストリッパー、ナイスです!
よし!タクミ君!
さっそくストーブをつけるのじゃ!
はい!
コンセントへIN!
スイッチをON!
ワクワク・・・
常夏・・・ワイハー・・・
・・・
・・・
他にも故障箇所があるみたい・・・
・・・
・・・
あ、天井から天使が降りてきた・・・



2008.03.01 20 面取り・バリ取り工具
2008.02.01 19 ワイヤーストリッパー
2008.01.01 18 アジャスター
2007.12.01 17 キャスター
2007.11.01 16 水平器
2007.10.01 15 蝶番
2007.09.01 14 サシガネ
2007.08.01 13 接着剤
2007.07.01 12 ねじ
2007.06.01 番外編 現代手工業乃党にインタビュー
2007.05.01 11 レンチ
2007.04.01 10 防じんマスク
2007.03.01 09 バール
2007.02.01 08 ドライバー
2007.01.01 07 ツナギ
2006.12.01 06 アクリルカッター
2006.11.01 05 プライヤ
2006.10.01 04 クランプ
2006.09.01 03 アンビル
2006.08.01 02 コンベックス
2006.07.01 01 ノギス