モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > 読みモノ > FACTORY GIRL ファクトリーガール > 佐藤江利子






展示会の時、パーツを作らせてもらった照明。

先月の展示会には、沢山の方にお越しいただき、
ありがとうございました。


みなさんに反響を頂き、250枚、
頑張って叩いてよかったと心から思いました。

展示会に出したお皿、スプーン、カトラリーレスト、フラワーベース。

お皿の方も、おかげさまで好評でした。
あのお皿とスプーンは今回のコンセプトに
合わせて作りましたが、
サイズの違うものや別の形のものなどもお受けできます。
少ロットから作りますので、
お気軽にお問い合わせください☆



ガラスのコンポート。質感がよく、涼しい印象。


コンポートに合わせた皿。側面と底面に槌目を入れ、細かいヘアラインのような磨きを入れました。


二つを合わせて完成。


横から見ると、金属が透けたかんじがとても綺麗でした。


おまけ(1)
飲み屋さんでのテーブル風景。金属と木とガラスと焼き物が良いバランスです。


おまけ(2)
レストランで食べたデザート。見た目の楽しさは人を幸せにしますね。

と、営業トークはこの辺にして、今月のお話を。。

今月の仕事で印象的だったのは、
ガラスのコンポートに合わせた銅の皿を作る、というもの。
他の素材との組み合わせの仕事は
あまりやったことがなかったので新鮮でした。
実際、作ったものがディスプレーされる時などは、
木製のテーブルや陶磁器などと一緒に
並んだりしているのでしょうが、それぞれは個。
今回の依頼品は、ガラスと金属が
一体となったものになりました。

作りながら思ったのですが、金属とガラスは相性が良いですね。
お互いに共通するところがあります。

ひとつには、「派手さ」。
両素材共に、光を反射するので、キラキラします。
そのキラキラの仕方に違いはありますが、
お互いに華やかな印象があります。
そして、そのキラキラの影響もあり、
どちらも「涼しげ」な印象を持っています。
どこかスッキリとしていて、夏に持ってこいな雰囲気。

もちろん、違いもあります。
色々あると思いますが、最も大きな違いだと感じることは、
やっぱり「透過性」です。
ガラスは光を通す。これは大きい!
それに、色も沢山のバリエーションを持っています。
でも力に弱く、落としたりぶつけたりすると割れてしまう。
一方、金属は色という観点では地味ですし、
光もシャットアウト。
でも強度は何にも勝るものがあります。
落としたって、へこめども割れません。

海外の骨董品で、ガラスの壺や器などに
金属のふく輪を巻いているものがありますが
(上口の部分に帯状の金属を巻き、補強している)、
なるほど、と改めて思いました。
理にかなっているし、相性も良いものだったのですね。

今回のコンポートは、
シンプルな色味ですが質感のあるガラスに、
銅の色を生かした仕上げの皿を組み合わせ、
独特の存在感のものになりました。
きっと良い空気感を出してくれるんじゃないかな、、
なんて思っています。


hitin metals (ヒティン メタルズ) 佐藤江利子

所在地 埼玉県さいたま市緑区
業務内容 金属を使ったテーブルウェア、
及びインテリアのデザイン・製作
MAIL es@hitin-metals.com
URL http://www.hitin-metals.com
略歴
佐藤江利子(1978生)
2002 武蔵野美術大学造形学部
工芸工業デザイン学科 卒業
2002 株式会社プレステージジャパン 入社
TIME&STYLEにてオリジナル家具の販売、
インテリア小物の仕入れ・開発に携わる
2006 hitin metals設立



#12 2008.01.01 竹影堂 鎚舞
#11 2007.12.01 ザビエル現る!
#10 2007.11.01 光りモノには弱いです。
#09 2007.10.01 秋に思うこと
#08 2007.09.01 ホットな毎日です。
#07 2007.08.01 海辺に暮らしたい
#06 2007.07.01 金属とガラスと・・・
#05 2007.06.01 つゆ・梅雨・露
#04 2007.05.01 糸ノコの話
#03 2007.04.01 あらためて おもうこと
#02 2007.03.01 テーブルセッティング
#01 2007.02.01 はじめまして。