モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > 読みモノ > モノ語リ




とある晴れた昼下がりのひょうどう工芸。
清水薫(EXIT METAL WORK SUPPLY)と俵藤ひでと(Delivery Works)が語る日本のモノ作り。

※映像をご覧いただくには最新版のFLASH PLAYER(無料)が必要です。

清水薫 (1970生)
金属工房を経て、株式会社IDEE入社、IDEE WORKSHOPにて商品開発と製作を行う。
96年、EXIT METAL WORK SUPPLYを設立。
金属で物を作りながら考える事を中心に、家具・什器のデザイン、自社工房での製造、及び企業に対してのプロダクトデザインやマテリアルの開発等を行う。
2007年より既製品什器の製造・販売を開始。
メーカーを目指してみる。メーカーカタログサイト

俵藤ひでと (1972生)
ICSカレッジオブアーツ卒
1995年 ひょうどう工芸入社
2002年 デリバリーワークス設立
アクリル加工を中心とする特注家具・照明器具・立体物のデザイン製作
オリジナル家具・照明の企画デザイン・製作・販売



2007.10.15 #06 モノ作りと現代手工業乃党 vol.6 最終回 (清水薫×俵藤ひでと)
2007.09.15 #05 モノ作りと現代手工業乃党 vol.5 (清水薫×俵藤ひでと)
2007.09.01 #04 モノ作りと現代手工業乃党 vol.4 (清水薫×俵藤ひでと)
2007.08.15 #03 モノ作りと現代手工業乃党 vol.3 (清水薫×俵藤ひでと)
2007.08.01 #02 モノ作りと現代手工業乃党 vol.2 (清水薫×俵藤ひでと)
2007.07.15 #01 モノ作りと現代手工業乃党 vol.1 (清水薫×俵藤ひでと)