モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > 読みモノ > ナガマサの「石材ってヤツはよう!」




もうすぐ展示会と言うことで少しずつ準備を始めようと思い、
いろいろイラストなんかを書いているとふと一つの疑問にぶち当たりました。
「そもそも、トロフィーって何??」
単純に先っちょにカップと人形が付いた長細いのっていう漠然としたイメージはあるのですが
なんであの形なんだろうと思いました。
結局の所、何かで優勝したり表彰したときに形として表して、今後に残せる物という解釈ですよね?
じゃあ、形なんて全然関係ないじゃーんって事で1からイラストを描き直しました。


自分のデスク
汚いですがここで通常業務からいろいろ考えを練るところまでこなしています。


型板
普段はパソコンを使ってキャド上で寸法を拾いますがまだまだ昔ながらの手法で、このような型から作ってくれという依頼があります。
今回の展示会ではイメージ図から物を作り出すため、こちらの手法がベースになるかもしれません。


石材ブロック
普段見慣れている石材のブロックですが、それを前にしてイメージをふくらませてみます。
ここから何が出来るのだろうか?最近の僕の頭の中には常にこのテーマが存在しています。

まず最初に当たり前ではありますが、
僕の分野である石材で製作できる物であること。

もらってインパクトのある物。

石材ということで重たすぎず、それでいて重厚感の出る物。


このあたりを念頭に置いて検討していきました。

自分がもらって嬉しい物でなおかつ
その辺に置いてあっても外観を損なわない物。
今回のアプローチはそこから始めました。
ディスプレイを考える要領でデザインをして。

しかし僕は悲しいかな専門が
完全オーダー加工の建築石材で頂いた図面より
忠実にその物を作り出す事のため、
自分でデザインをするという作業をほとんどしたこともなく、
ましてやデザインに関しての勉強や
作業経験もないためここが一番の問題でした。

かっちりとした案さえ決まってしまえば
そこからは普段の作業の延長なので早いとは思うのです、
改めて物を1から生み出す事の難しさを痛感しました。
逆にいざ作り出し始めると全くの新しい物を作り出す
楽しみと期待がこみ上げてきます。

話が急に飛びますが
最近の僕のマイブームがビデオ鑑賞と小説を読むことで、
特に活字の本なんていっさい読まなかった僕が
あることをきっかけに読むようになりました。
(とは言ってもまだまだ数冊ですが…)

ここでは今までにない刺激が数多く存在して
僕自身いろいろと考えさせられます。
その刺激が仕事に生かせればと思います。

これを機会に自分のキャパシティーの巾が広がればな
と思いました。
今後とも皆様のお力添えを頂いて、
より良い物を生み出していければと思います。



丸太石陶材株式会社 大岩永政
所在地 岐阜県多治見市笠原町744-4
業務内容 内装外装の石材全般
TEL 0572-43-3303
FAX 0572-43-4851
URL http://www.marutasekitouzai.co.jp/



2010.07.12 #22 試行錯誤の新開発 & 現代手工業展2010
2010.05.24 #21 展示会に向けて
2010.02.15 #20 石材アート
2009.09.15 #19 形を作り上げる 〜加工〜
2009.06.15 #18 展示会を終えて
2009.05.15 #17 展示会直前!!
2009.03.15 #16 石材の値段
2009.02.15 #15 石材の天板
2008.12.15 #14 家の顔 表札
2008.10.15 #13 パズルピース
2008.08.15 #12 石材とトロフィー
2008.07.15 #11 展示会に向けて その2
2008.06.15 #10 展示会に向けて
2008.05.15 #09 アメリカ展示会 coverings2008
2008.03.15 #08 石材の扱い方
2008.02.15 #07 手間暇をかけて出来る石材製品
2008.01.15 #06 新年を迎えて
2007.12.15 #05 身の回りの石材
2007.11.15 #04 石を磨く
2007.10.15 #03 石の形を作る
2007.09.15 #02 切断機あれこれ
2007.08.15 #01 石ってなによ?