モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > 読みモノ > ナガマサの「石材ってヤツはよう!」





2009年も年が明けて早1ヶ月が過ぎてしまいました。
本当に月日がたつのは早いなと実感する毎日です。

テーブル、カウンター 一例

「一般的なタイプのローテーブル」
実際に事務所内の応接セットとして使用しています。
足は既製品のテーブルの足に天板だけ自社工場で作ってカスタマイズしてあります。



「丸テーブル」
昨年の展示会に来て頂いた方はピンときたかもしれません。
そうです。あのときに展示用の台座として使用しました丸テーブルです。
足までオール御影石製のテーブルです。



「天使のテーブル」
足の先までオール大理石製でなおかつ天使や周りの星まですべて大理石を使用しています。
もちろん天板なので表面はツライチです。

また後日の回でコラムを書く予定ですがこういった石に石で絵を入れることが出来るんです!!!
こうご期待!!!



「キッチンカウンター」
カウンターといえばキッチンカウンターや洗面カウンターのような天板に穴の開いた物もあります。
もちろん穴が開けば強度が落ちますので、これは真ん中で2つ割になっています。
それでもやばい場合は裏に鉄筋を入れたりしながら補強します。
※これは出荷前の仮並べの写真です。
先日、仕事でEXITの清水さんに
メールをさせて頂きましたところ、
「石材について
アバウトなイメージを持たれている人がほとんどだから
具体的なイメージのわくような情報を教えて下さい」
というお願いがありました。

というわけで今回より複数回に分けて
石材製天板についてお話していこうと思います。


やはり石材となるとテーブルやカウンターの天板が
主になってくるのではないでしょうか?
正方形の物、長方形の物、Rに湾曲したもの様々です。
ましてや同じ形でも選ぶ石種によって色や柄が違うので、
受ける印象が大きく変わると思います。

昨年の展示会ではディスプレイ台の代わりに
天板から足の先まで石材を使ったテーブルを展示しましたが、
石材は鉄や木材とのイメージマッチングの相性が良い
と思います。
はたまた党首である俵藤さんが扱うような
アクリルと組み合わせても面白いかもしれません。

一つは自然の力で生み出された天然素材、
かたやもう1つは人間の力で生み出された人工素材

そんな相反する物同士が
1つの物として形に出来るのって面白くないですか?
ここがこれからのキーワードになるかもしれません。


次回より詳しく石種や値段なんかについて載せていきます。
宜しくお願い致します。


丸太石陶材株式会社 大岩永政
所在地 岐阜県多治見市笠原町744-4
業務内容 内装外装の石材全般
TEL 0572-43-3303
FAX 0572-43-4851
URL http://www.marutasekitouzai.co.jp/



2010.07.12 #22 試行錯誤の新開発 & 現代手工業展2010
2010.05.24 #21 展示会に向けて
2010.02.15 #20 石材アート
2009.09.15 #19 形を作り上げる 〜加工〜
2009.06.15 #18 展示会を終えて
2009.05.15 #17 展示会直前!!
2009.03.15 #16 石材の値段
2009.02.15 #15 石材の天板
2008.12.15 #14 家の顔 表札
2008.10.15 #13 パズルピース
2008.08.15 #12 石材とトロフィー
2008.07.15 #11 展示会に向けて その2
2008.06.15 #10 展示会に向けて
2008.05.15 #09 アメリカ展示会 coverings2008
2008.03.15 #08 石材の扱い方
2008.02.15 #07 手間暇をかけて出来る石材製品
2008.01.15 #06 新年を迎えて
2007.12.15 #05 身の回りの石材
2007.11.15 #04 石を磨く
2007.10.15 #03 石の形を作る
2007.09.15 #02 切断機あれこれ
2007.08.15 #01 石ってなによ?