モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > 読みモノ > めざせ!ロッキンオン 08. U2




「写真家」 僕がこれまでもこれからも憧れる響き。

思えば80年代前半。僕はある写真家に憧れて、初めて貯めた小遣いで一眼レフカメラを買った。
『PENTAXのsuper A』というやつ。
当時はまだCDもわずかで、アナログの晩年。ジャケットのアートワークには今以上のメッセージを伝えられた時代。

3つ年上の兄が聴いていたU2の「BOY」を気に入っていた僕は83年、
彼らの3枚目「WAR」で「写真家」アントンコービンに夢中になった。
「BOY」のジャケットの少年が「WAR」ではポーズは同じでも表情が一変。
少年というフィルターを通してコービンはU2の音、バンドとしての現在を生々しく伝えていた。
ブライアンイーノをプロデューサーに迎えた続く「焔」のジャケットも
廃墟を背に世界へと向かうU2の音と現在を見事に捉えていた。
そして86年。彼らの最高傑作「The joshua tree」ではまさに、
タイトルのヨシュアという旧約聖書でモーゼの後継者としてイスラエル軍を導き、
約束の地を取り戻した人物のもつ「静かなる気迫」に満ちたアルバムの音を見事に表現していた。
そのモノトーンの光と影のコントラストはまさに、彼らのメッセージそのものだった。

僕が本格的に「写真家」を夢見ていたその時、
3つ年上の兄は僕をぐうの音も出ないようにしてからPENTAXを自分のモノにした。
ほどなく僕は「写真家」の夢をあきらめ、
もう少し巾を広げて芸術というものを理解するために、美術大学を目指すことになった。
モノクロームだった世界に色を加えていくように。

89年僕が美大に入ったと時を同じくして、U2もコービンも表情が多彩になってカラーを持ち始めた。
僕にとって3つ年上の兄は、良く言えばヨシュアのような存在だったのかもしれない。

U2
1980年「BOY」でデビュー。
87年の「The joshua tree」がシングル2曲をNo.1に送り込み世界的に大ヒット。
アイルランドのカルトバンドがわずか数年で世界を制し、
2005年現在に至ってはロック界No.1セレブバンドとして君臨。
ジ・エッジの滝のようにほとばしるギター。
ミューレン、クレイトンはピンと張ったピアノ線のようで、決して消えることのない炎のようなボノのヴォーカル。
母国のねじ曲がった宗教/政治観にめげず常に「自由」を歌い、
荒削りなエモーションが溢れるサウンドは聖歌のように僕らの心に響き続ける。

(文&イラスト: special source モリソン小林)



2009.10.09 01 THE BLUE HEARTS
めざせ!ロッキンオン シーズン2
2009.06.15 号外 『めざせ!ロッキンオンNIGHT』開催!!
2009.02.01 37 MANIC STREET PREACHERS
めざせ!ロッキンオン アンコール
2008.06.01 最終回 36 ロックヴォーカリストベストテン
2008.04.15 35 BOB DYLAN
2008.03.15 34 VANESSA PARADIS
2008.02.15 33 忌野清志郎
2008.01.15 32 80年代一発屋ベストテン 洋楽編
2007.12.15 31 WHAM!
2007.11.15 30 矢追純一
2007.10.15 29 LOU REED
2007.09.15 28 T-REX
2007.08.15 27 <拡大号>遥かなる古代からの魂(マブヤ)
2007.07.15 26 JONI MITCHELL
2007.05.15 25 hide
2007.04.15 24 小泉今日子
2007.03.15 23 RED HOT CHILI PEPPERS
2007.02.15 22 JAMES BROWN
2007.01.15 21 ロックギタリストベストテン
2006.12.15 別冊 現代手工業乃党メンバーが選ぶ「この一枚」
2006.11.15 20 荒木飛呂彦
2006.10.15 19 BEGIN
2006.09.15 18 Robert Johnson
2006.08.15 17 Radiohead
2006.07.15 16 NIRVANA
2006.06.15 15 THE STONE ROSES
2006.05.15 14 michael jackson
2006.04.15 13 prince
2006.03.01 12 madonna
2006.02.01 11 the blankey jet city
2006.01.01 10 勝新太郎
2005.12.01 09 RAGE AGAINST THE MACHINE
2005.11.01 08 U2
2005.10.01 07 DAVID BOWIE
2005.09.01 06 PRIMAL SCREAM
2005.08.01 05 椎名林檎
2005.07.01 04 BEASTIE BOYS
2005.06.01 03 OASIS
2005.05.01 02 QUEEN
2005.04.01 01 DOORS
めざせ!ロッキンオン