モノ作りの現場から(アーカイブ) | 読みモノ(アーカイブ) | 最新のコンテンツはこちらです
ホーム > 読みモノ > めざせ!ロッキンオン 13. prince




なんちゃって推理小説 森村小林サスペンス
『広島行のぞみ13号 修学旅行喫煙事件 狙われたマドンナを救え!』第2話

新幹線は静かに、しかし想像以上に速く、名古屋に到着しようとしていた。
楽しいはずの修学旅行に向かうこの列車の中は、相変わらずの重い空気がたちこめていた。

イソッフは16号車のトイレの中で赤シャツに見つかった。
どうやらイソッフはハレンチなDVDを持って来ていたのが原因で、
荷物検査でバレるのを恐れて逃亡していたのだった。
「キャー!何これ、超エロい!」
「信じられない!サイテー!」
イソッフに対する女子からの罵声の中、赤シャツがついに強行策に出た。
「こんなものを持って来てる奴までいる以上荷物検査を実施する。まず最初の被疑者のお前からだ!」

イソッフには驚いたけれど、見つかってもDVD捨てちゃえば良かったのに。
と考えながら、僕は思った。
赤シャツは最初から荷物検査をするつもりだった。
どんな理由があるかはわからないが、
誰かのカバンの中に、赤シャツがどうしても確認したい「何か」があるに違いない。
そんな時この喫煙事件が起こったことで、絶好の機会を与えてしまったわけだ。

絶好のタイミング.....

僕はふと立ち止まり、考えてみた。
しかし僕がイメージする間もなく、マドンナのカバンを赤シャツが取り上げてしまった。
「このライターは何に使うんだ?」
驚くみんなの顔を見渡さず、赤シャツは持っていて当然の結果だと言わんばかりにマドンナを追いつめた。
「私はライターなんて持って来てません!」
無実を訴えるマドンナ。しかしタバコは不思議なことに出てこない。
赤シャツはそれでも執拗にマドンナのカバンを漁り、
小さな封筒のようなものを取り出すと、躊躇なく中をのぞいたその時、

「先生、ちょっと待って下さい。そのライターは僕のものです。
班の行動表を渡す時に、紛れて入ってしまったんです」

赤シャツは一瞬驚いた表情を見せたが、すぐに厳しい顔つきをして
「西山、お前何でライターなんて持って来たんだ?」
「先生いいですよ、俺が犯人で」

西山風。サッカー部キャプテン。全女子生徒の憧れの的で、「学園のプリンス」と呼ばれている。
夏のインターハイでの活躍で、Jリーグ入りが内定している。練習の虫で、たゆまぬ努力でつかんだものだ。
そんな西山が喫煙?自分の将来が輝いているこの男がそんなことをするはずがない、と誰もが耳を疑った。
「荷物検査をしたからって、誰がやったかなんてわかりますか?
せっかくみんなの最後の旅行なんだから。停学になったっていいですよ。俺が犯人ということで」
「何だとキサマ!お前Jリーグだめになってもいいのか?
ちょっと有名だからって大丈夫だろうとか思ってるのか?調子に乗ってるな、お前」
赤シャツは半分キレながらプリンスの襟をつかんだ。
「先生、乱暴はいけませんよ」
十津川先生が割って入るが、なかなか収まらない赤シャツ。
僕はこの時、赤シャツが何かをスラックスのポケットの中に入れた気がした。
何だったのかはわからない。

「やめて下さい!私です先生!私がやったんです。西山君は関係ありません!」
マドンナは泣きじゃくって赤シャツの袖を掴んだ。
明らかに赤シャツは何かがおかしい。どうしてそこまでしてカバンの中に固執するのか。
すると、今まで他人事だった加藤が赤シャツの肩を引き寄せて
「何のために荷物検査なんてするんスか?タバコ見つけるだけなんでスか?」

加藤とプリンスは幼なじみで、まるで双子か恋人同士みたいな関係で仲がいい。
さすがの加藤もプリンスに手を出す赤シャツを許せないようだ。
僕は加藤が赤シャツに殴られると思った。しかし赤シャツは、
「それなら新大阪に着くまでに、本当にやった奴が名乗り出て来い。それを過ぎたら文句は言わさんぞ」
そう言うと急に落ち着いて席に着いた。
列車はすでに名古屋を出て、新大阪に向かっていた。

車内で悶々とした空気が漂う中、それぞれが疑心暗鬼になりかけている。

「こうなったら森村、何とかならんか。お前の得意の推理でな」
十津川先生もさすがに今回はベタな推理も出てこないらしい。
僕もマドンナの隣の建前と、加藤とプリンスと3年間同じクラスということもあって、
何とかしようと冷静に、プリンスともう一度事件について考えてみた。

喫煙事件が発覚したのは7時40分頃。新横浜を出て10分程度しか経っていなかった。
マドンナが犯人じゃあないとすると、
マドンナから赤シャツの間に入ったかどうか目撃されてるのは、グリーン車から来ていた子供が2人だけ。
他にだれかが入ったのか、それとも入っていないのか、
赤シャツのカバンやスーツの中には何も入っていなかった。
もちろんプリンスはマドンナをかばっているだけだろうけれど、
ニコチンが我慢できずに一服、っていうのもありえないし、
イソッフの逃亡中は誰も知らないから怪しいけど。
加藤は朝吸ってたけど...

僕はいくつかのキーポイントを書き出し、一つずつ解決していく方法を選んだ。
まずプリンスに子供を探しに行ってもらい、僕はもう一度トイレに行った。
トイレの前には末松が入れさせないように見張っていた。まるでケイサツの鑑識みたいな気分だ。
「森村、お前こーいうの得意だろ。早く解決してしてくれよな」
僕は軽くうなずくと、トイレの中を見渡した。

タバコの匂いはすっかり消えていた。
が、一つ疑問なことがある。犯人はタバコをどこに捨てたのか?
捨てるとしたらやっぱり便器の中に落とすだろう。
でも便器の底の方には紙がつまっていて、吸い殻のようがものはない。
赤シャツが入った時すぐに、走って来たわけで用は足していない。
その後誰も使っていないとすると、マドンナしか流していないことになる。

僕の頭の中に一つの推理が頭をよぎった。そしてゴミ箱の中にあるだろうそれを見つけると、
「森村、子供連れて来たぜ。リョーザブローくんにカズヒロくんだ。
名古屋で降りるのを乗り過ごして泣いていたよ」
プリンスがグリーン車の子供を連れて来ると、僕の推理は一つにつながった。

「犯人がわかりましたよ先生」

一瞬静まり返る車内。
僕は犯人と、犯人がどうやって喫煙事件を起こしたかは分かったけど、もう一つの理由がわからないままだった。
みんなが固唾を飲んで見つめる中、僕は一つため息をついて窓の外を眺めた。

列車の外には紫色の雨が降っていた。


80's三部作いよいよ次号解決編につづく

prince
1980年デビュー。
「1999」「purple rain」「around the world in a day」が立て続けに大ヒット。
様々な音楽要素のコラージュの巧みさや、計算し尽くされた自己演出力は、天才だからではなく、たゆまぬ努力が生み出したものに違いない。
彼の抱える孤立感や喪失感のねじれた表現が、彼の存在感をひときわ濃厚なものにしている。
紫色の雨の降るときはいつも「purple rain」のギターソロが聞こえて来る。
決して上手くはないけれど、心に響く殿下のフレーズ。
そして今もどこかで紫色の雨は降り、「purple rain」が誰かの耳元で鳴り響いているだろう。

(文&イラスト: special source モリソン小林)



2009.10.09 01 THE BLUE HEARTS
めざせ!ロッキンオン シーズン2
2009.06.15 号外 『めざせ!ロッキンオンNIGHT』開催!!
2009.02.01 37 MANIC STREET PREACHERS
めざせ!ロッキンオン アンコール
2008.06.01 最終回 36 ロックヴォーカリストベストテン
2008.04.15 35 BOB DYLAN
2008.03.15 34 VANESSA PARADIS
2008.02.15 33 忌野清志郎
2008.01.15 32 80年代一発屋ベストテン 洋楽編
2007.12.15 31 WHAM!
2007.11.15 30 矢追純一
2007.10.15 29 LOU REED
2007.09.15 28 T-REX
2007.08.15 27 <拡大号>遥かなる古代からの魂(マブヤ)
2007.07.15 26 JONI MITCHELL
2007.05.15 25 hide
2007.04.15 24 小泉今日子
2007.03.15 23 RED HOT CHILI PEPPERS
2007.02.15 22 JAMES BROWN
2007.01.15 21 ロックギタリストベストテン
2006.12.15 別冊 現代手工業乃党メンバーが選ぶ「この一枚」
2006.11.15 20 荒木飛呂彦
2006.10.15 19 BEGIN
2006.09.15 18 Robert Johnson
2006.08.15 17 Radiohead
2006.07.15 16 NIRVANA
2006.06.15 15 THE STONE ROSES
2006.05.15 14 michael jackson
2006.04.15 13 prince
2006.03.01 12 madonna
2006.02.01 11 the blankey jet city
2006.01.01 10 勝新太郎
2005.12.01 09 RAGE AGAINST THE MACHINE
2005.11.01 08 U2
2005.10.01 07 DAVID BOWIE
2005.09.01 06 PRIMAL SCREAM
2005.08.01 05 椎名林檎
2005.07.01 04 BEASTIE BOYS
2005.06.01 03 OASIS
2005.05.01 02 QUEEN
2005.04.01 01 DOORS
めざせ!ロッキンオン